『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

恒例の米『TIME』誌が選ぶ「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが選ばれた。同誌史上、最年少の「今年の人」となったグレタさんは、環境危機を世界規模で訴えて特に若者たちから熱烈に支持を受けている。しかし、トランプ大統領はそれがおもしろくないようだ。


名誉ある「今年の人」にふさわしい少女へ

 恒例の米『TIME』誌が選ぶ「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタ・トゥンベリさん(16歳)が選ばれた。グレタさんは昨年、スウェーデン議会前で気候変動対策を訴える単独ストライキを実施。その様子やその後の精力的な活動が世界的に拡散され、特に気候変動の影響を大きく受ける若者たちに熱烈に支持されている。

 同誌は毎年、その1年で最も影響力が大きかった人やグループ、運動などを「今年の人」に選んでおり、グレタさんが選ばれた理由を、「彼女は普通の10代の少女だが、権力に真実を話そうと勇気を奮い起こし、世代を象徴する人。地球が直面する最も重要な問題について最も説得力ある声の持ち主となった」と説明した。

トランプ大統領、再びグレタさんをツイッターで揶揄

 この10代の少女の活躍をおもしろく思っていないのが、トランプ大統領(73歳)だ。

 今年の同賞の受賞者を決める最終選考には、グレタさんの他にトランプ大統領、ペロシ米下院議長、弾劾問題に繋がった内部告発者、香港の抗議運動家が残っていた。トランプ大統領は、米大統領戦に勝利した2016年に「今年の人」に選ばれており、そのときは同誌に感謝の言葉を述べていたが、グレタさんが今年の受賞者であることが発表されると同大統領は自身のツイッターで、グレタさんに対して「まったくバカげている。グレタは自分の怒りをコントロールする問題に取り組むべきだ。友達といい映画を観に行ったほうがいい。頭を冷やせ、グレタ! 落ち着け」と批判した。

 当サイトでも今年9月に関連記事を掲載したが、そもそもトランプ大統領は9月に国連で開催された温暖化対策サミットのあとにも、57歳も年下であるグレタさんに対して、名前を挙げて揶揄するツイートをしている。その大人げないツイートをさらりとかわしたグレタさんの対応が素晴らしいとして、ますます彼女の株が上がったという経緯がある。

 今回のトランプ大統領のツイートを受け、グレタさんは再び自身のツイッターのプロフィールを、「怒りをコントロールする問題に取り組むティーンネイジャー。落ち着いていて、お友達といい映画を観に行っています」に変更。大国の大統領からの揶揄に対するグレタさんの回答の柔軟さに、またもや世論の賞賛の声が寄せられている。

 『TIME』誌の「今年のアスリート」にはサッカーの米女子代表チーム、「今年のエンターテインメント」には米歌手のリゾ、「今年のビジネスパーソン」には米ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者が選ばれた。

この記事の寄稿者

関連する投稿


パープルと呼ばれる人――「中道派」とは誰を指すか?

パープルと呼ばれる人――「中道派」とは誰を指すか?

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。保守でもリベラルでもない立場をとるアメリカ人の考えは、なかなか表に出てこない。中道派とは、どんな人たちなのだろう?


ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


トランプ大統領の大好物は?

トランプ大統領の大好物は?

デイビッド・アンドリューズの「You are what you eat/食は人なり」 自然をこよなく愛し、趣味はハイキング、そして食べることが何よりも好きな「ごく普通の会社員」である筆者が、感じたことや不思議に思ったことなどを書き綴る。一般的なアメリカ人は日々どんなことに目をとめるのだろう?そう、きっかけはいつだって食べ物なのだ。


【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領のお抱え弁護士であるセクロウ氏と彼の家族が慈善団体から約71億円も受け取っていたことについて。


環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はアメリカの若者たちの環境問題への意識の高さや具体的な行動について。






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング