『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

恒例の米『TIME』誌が選ぶ「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが選ばれた。同誌史上、最年少の「今年の人」となったグレタさんは、環境危機を世界規模で訴えて特に若者たちから熱烈に支持を受けている。しかし、トランプ大統領はそれがおもしろくないようだ。


名誉ある「今年の人」にふさわしい少女へ

 恒例の米『TIME』誌が選ぶ「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタ・トゥンベリさん(16歳)が選ばれた。グレタさんは昨年、スウェーデン議会前で気候変動対策を訴える単独ストライキを実施。その様子やその後の精力的な活動が世界的に拡散され、特に気候変動の影響を大きく受ける若者たちに熱烈に支持されている。

 同誌は毎年、その1年で最も影響力が大きかった人やグループ、運動などを「今年の人」に選んでおり、グレタさんが選ばれた理由を、「彼女は普通の10代の少女だが、権力に真実を話そうと勇気を奮い起こし、世代を象徴する人。地球が直面する最も重要な問題について最も説得力ある声の持ち主となった」と説明した。

トランプ大統領、再びグレタさんをツイッターで揶揄

 この10代の少女の活躍をおもしろく思っていないのが、トランプ大統領(73歳)だ。

 今年の同賞の受賞者を決める最終選考には、グレタさんの他にトランプ大統領、ペロシ米下院議長、弾劾問題に繋がった内部告発者、香港の抗議運動家が残っていた。トランプ大統領は、米大統領戦に勝利した2016年に「今年の人」に選ばれており、そのときは同誌に感謝の言葉を述べていたが、グレタさんが今年の受賞者であることが発表されると同大統領は自身のツイッターで、グレタさんに対して「まったくバカげている。グレタは自分の怒りをコントロールする問題に取り組むべきだ。友達といい映画を観に行ったほうがいい。頭を冷やせ、グレタ! 落ち着け」と批判した。

 当サイトでも今年9月に関連記事を掲載したが、そもそもトランプ大統領は9月に国連で開催された温暖化対策サミットのあとにも、57歳も年下であるグレタさんに対して、名前を挙げて揶揄するツイートをしている。その大人げないツイートをさらりとかわしたグレタさんの対応が素晴らしいとして、ますます彼女の株が上がったという経緯がある。

 今回のトランプ大統領のツイートを受け、グレタさんは再び自身のツイッターのプロフィールを、「怒りをコントロールする問題に取り組むティーンネイジャー。落ち着いていて、お友達といい映画を観に行っています」に変更。大国の大統領からの揶揄に対するグレタさんの回答の柔軟さに、またもや世論の賞賛の声が寄せられている。

 『TIME』誌の「今年のアスリート」にはサッカーの米女子代表チーム、「今年のエンターテインメント」には米歌手のリゾ、「今年のビジネスパーソン」には米ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者が選ばれた。

この記事の寄稿者

関連する投稿


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は「アメリカには、なぜトランプが必要だったのか?」という米メディア記事について。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

毎年1月、米ラスベガスで開催される電子機器業界最大の見本市、CES。今年も約4,500社が最先端の技術を駆使した新製品を紹介した。そんな中、「もっともバカげた商品」との呼び声が高かった商品を紹介しよう。


ニューヨーク女子大学生殺人事件 〜そこから読み解くアメリカの刑事裁判〜

ニューヨーク女子大学生殺人事件 〜そこから読み解くアメリカの刑事裁判〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回は著者と同じ大学に通っていた女子学生が大学キャンパスのすぐそばで殺害された事件と、それにまつわる周囲の反応を紹介する。


米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

2017年のワールドシリーズの王者、ヒューストン・アストロズ。この強豪球団が、ハイテク機器を使用して相手のサインを盗んでいた疑惑が浮上し、それを調査していた米大リーグ機構が不正があったと断定。それを受けて、わずか4日間で3球団の監督が解任されるという緊急事態に米球界はもちろん、野球ファン以外の人たちも注目している。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング