ミレニアルズ:経済の鍵を握る世代と彼らを顧客にしたい企業の実態

ミレニアルズ:経済の鍵を握る世代と彼らを顧客にしたい企業の実態

日本でも浸透しつつある言葉、「ミレニアルズ(Millennials)世代」。1980年代から2000年代前半に生まれた世代を指すが、アメリカのミレニアルズ世代の実像とは、どのようなものなのか?


 身の回りにインターネットやスマートフォンなどが当たり前に揃った時代に生まれたミレニアルズ世代の若者たち。日本でも「ミレニアルズ」という言葉はかなり浸透しているので、耳にしたことがある人も多いだろう。

 アメリカの大手調査機関ピュー・リサーチセンターによると、ミレニアルズ世代はソーシャルメディアを他者とのコミュニケーションの中心に置いており、直接的な人間関係の構築には苦手意識が高いとされる。しかし、国境を有しないデジタル空間を活用することで可能になる様々な国の人たちとの交流には積極的だ。その好影響から、多様な文化や価値観を受け入れることに対して、順応性が非常に高い。また、都市部に住むことを好む一方で、環境問題にはとても関心が高いことや、社会問題に対して敏感に反応する(但しネット上で)という点も特徴とされる。

 そんな彼らを表すキーワードは「共有」。ソーシャルメディアを通じて、第三者と情報や感情を共有するのはもちろんのこと、家や車なども第三者と共有し、なるべく不要な所有は避けるという価値観が、ミレニアルズの間ではかなり浸透している。こうした傾向が強まる理由の背景には、彼らが住宅バブルの崩壊や、リーマンショック後の金融危機に強い影響を受けている点がある。「余計なものは持ちたくない。住宅も車は“資産”にも“ステイタス”につながらないから必要ない」といった調子で、今までの“古きアメリカの常識”は彼らには通用しない。

 しかし2020年までには、アメリカ全体の消費の70%以上をミレニアルズが占めるようになるとも言われており、各企業は彼らを顧客として取り込むことに必死だ。例えばニューヨーク州ローチェスター市を拠点とする研修会社「Millennial Coaching」という企業では、「企業がミレニアルズ世代にどんなアプローチをすべきか」、「どんな宣伝がミレニアルズ世代への営業に結びつくか」などを指導するセミナーを展開している。主に顧客企業のニーズに合わせたカスタマイズ式セミナーを提供しているが、個人向けの公開講座などには、小売り店や小規模メーカーのオーナーなどが殺到し、開催するたびにあっという間に満員御礼になると言う。

 一般的に質素と思われがちなアメリカのミレニアルズ世代。しかし彼らにとって興味がないのは固定資産に縛られることであって、決して所有の「欲」がないわけではない。収集はしないが高額な美術品を1点だけ購入したり、旅行だけはとても贅沢に楽しむなど、そういった消費には積極的なのもミレニアルズの特徴だ。アメリカの経済を中心的に担うミレニアルズ世代。その価値観が今後のアメリカの流行や文化の形成にも大きく関わるであろうことは間違いない。

記事関連HP
Millennial Coaching
http://millennial-coaching.com/

この記事の寄稿者

関連する投稿


手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

デジタル化が普及してからは、手書きで手紙やカードを書く機会が明らかに減ってきた。しかし、その「手書きの特別感」に気づいたミレニアル世代たちの間で、いくつかの便利なアプリが人気を博している。


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカを代表する肉料理のひとつ、バーベキュー・リブ。どの街にも我こそが一番だと名乗るバーベキュー自慢の店があり、独自のスパイスや焼き方を追求している。そんな中、ある大手企業が「1万ドルを貰って、アメリカで最も美味しいバーベキュー・リブを探してくれる人」という求人広告を出し、大きな話題を呼んでいる。


他人と会話が続かない人が増えている?

他人と会話が続かない人が増えている?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は、ユーザーの質問に答えるAI 搭載の電子機器がアメリカの日常生活に浸透する一方で、他人と会話のキャッチボールができない人が増えていることについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング