同性愛カップルのCM放送を取り下げて炎上 ケーブルTV局が謝罪

同性愛カップルのCM放送を取り下げて炎上 ケーブルTV局が謝罪

アメリカのウェディングギフト業界で急成長している「Zola」が、同性愛カップルを起用したTVコマーシャル。これを良しとしない保守系団体の圧力を受け、米大手ケーブルTV局で放映を中止したことに抗議が殺到し、有名人も巻き込んでSNSが炎上している。


女性同士の誓いのキスを保守系団体が批判

 米グリーティングカード会社大手、ホールマーク・カーズが所有するケーブルTV局が、同性カップルを主役にした「Zola」(ゾラ)のコマーシャルの放送を取り止めたことで、謝罪に追い込まれた。

 このコマーシャルを作った「Zola」は、2017年のフォーブス誌「次世代スタートアップ社」にも選ばれた結婚関連サイトを運営している。女性同士のカップルの結婚式という設定で、同サイトがあったおかげで結婚式の準備がスムースに行ったという話をして最後に2人が誓いのキスをする。そのCM映像(30秒)はこちら。

 ホールマーク・チャンネルは米国内に8,500万人以上の会員数を誇り、主に家族向けや女性向けの番組が多く、保守層にも人気が高いチャンネルだ。このCMの放送を開始後、同性愛に反対する保守的な団体「ワン・ミリオン・マムズ」から「価値観に合わない」という批判を受けて、今月14日にCMの放送を中止した。

 しかし、この決定に対し、性的マイノリティの啓発団体グラード(Glaad)などのLGBTQ団体や有名人がSNSで同社を激しく非難。クリスマス商戦真っただ中に「ホールマーク商品のボイコット」の呼びかけるハッシュタグ#BoycottHallmarkも飛び交う騒ぎに発展した。

今は何年? 時代錯誤にもほどがあるという声

 この問題が浮上するやいなや、アメリカで有名な人気司会者エレン・デジェネレスは、「もうすぐ2020年なのでは? 何を考えているのか? 説明を願う。みんな答えを待っている」とツイートした。

 次期大統領選の民主党候補のひとり、ピート・ブダジェッジ氏や、カリフォルニア州のギャヴィン・ニューソム知事、米ネットフリックス社なども、ツイッターでホールマークを批判。前述のハッシュタグ以外にもホールマークを非難するものが現れている。

保守を立てれば、リベラルが立たない

 ホールマークは「私たちのブランド全体でLGBTQ(性的マイノリティー)をより反映させるため、グラードとともに活動していく」という謝罪のコメントを出した。以前から、同チャンネルの番組には同性愛カップルは取り上げられないという批判の声があがっていたこともあり、今回の炎上のトピックに挙げられやすかったこともあると見られている。

 一方で、コマーシャルの取り下げを働きかけた団体「ワン・ミリオン・マムズ」は、同性愛者の権利に反対している保守系団体「全米家族協会(American Family Association)」の傘下にある。こちらの団体も批判を取り下げるつもりはないようだ。大勢の視聴者がいれば、その分、考え方も多様。今後の同社の対応が注目される。

この記事の寄稿者

関連する投稿


渦中の米下着ブランド、トランスジェンダーの起用で挽回できるか?

渦中の米下着ブランド、トランスジェンダーの起用で挽回できるか?

セクシーでゴージャスな下着で知られる米ブランド、「ヴィクトリアズ・シークレット」のファン離れが著しい。年々、「セクシー女性の崇拝は時代にはそぐわない」という風潮が強くなる中、昨秋の同社による「トランスセクシャルは採用しない」発言が炎上し、恒例のランウェイショーの中止にまで追い込まれた。同社が考えた挽回策は……?


時代錯誤な同性愛死刑 米俳優ジョージ・クルーニーらが反発

時代錯誤な同性愛死刑 米俳優ジョージ・クルーニーらが反発

欧米諸国では当然の権利として社会で認められている同性愛カップルだが、この風潮などものともせず、「同性愛を一切認めない国」がイスラム教国だ。そのイスラム教国家のひとつである東南アジアのブルネイが、今月3日から同性愛者を死刑にする法案を通したことで世界が揺れている。


同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は「男性同士のカップルに対してウエディング・ケーキを販売することを拒否したベーカリー」の側を支持する判決を“米最高裁判所”が出したことに対して、憤るリベラル派の意見を伝える


【Red vs. Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

【Red vs. Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、先月半ばに現政権が米CDCに対して「多様性」などの用語の使用禁止を通達したことについて、両者が意見を戦わせる。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング