米大リーグ、マリファナを禁止薬物から除外

米大リーグ、マリファナを禁止薬物から除外

大谷翔平選手や田中将大選手など、日本人の野球選手たちも所属する米大リーグ機構、メジャーリーグ・ベースボールが、日本では大麻と呼ばれるマリファナを禁止薬物リストから除外し、酒類と同等の扱いに変更することが決まった。


マリファナは、アルコールと同じ扱いに

 米大リーグ機構(メジャーリーグ・ベースボール)が、日本では大麻と呼ばれるマリファナが、全米の多くの州で合法化された現状を受け、禁止薬物リストから除外し、酒類と同等の扱いに変更することを発表した。同リーグが定める「ドラッグ・ポリシー」(薬物規約)に同機構と選手会の両者が同意し、来たる2020年の春キャンプから施行される。

 現在、大リーグ機構にはロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手、ロサンゼルス・ドジャーズの前田健太投手、シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手、シアトル・マリナーズの菊池雄星投手、シンシナティ・レッズの田沢純一投手、アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手、サンディエゴ・パドレスの牧田和久投手の8選手が在籍し、活躍している。今月14日には、横浜DeNAベイスターズから、筒香嘉智選手がタンパベイ・レイズに移籍し、来年からメジャーリーグでプレーすることが決まっている。

コカインやオピオイドは新たに検査対象入り

 大麻=マリファナは禁止薬物リストから除外されたものの、コカイン及びフェンタニールなどのオピオイドが新たに同リストに加わった。

 禁止薬物リストが変更されるに至った理由は、今年のMLBシーズン中に大谷翔平選手が所属するロサンゼルス・エンジェルスのタイラー・スカッグス投手(27歳)が、オピオイドの過剰摂取で死亡し、先発予定の日の朝に遠征先のホテルの部屋で死体で発見されるという事件があったからだ。

 米大リーグ機構は、今回の禁止薬物リスト修正と共に、選手に対して薬物摂取から受けるダメージの知識強化にも力を入れていくという。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はスポーツの秋にちなんで、アメリカの学生たちがスポーツとどのように向き合っているかを紹介しよう。


マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

昨年、5年間の農業政策などを定めた「2018年改正農業法案」が成立したアメリカでは、全土で産業用大麻(マリファナ草、ヘンプ草)の大規模栽培ができるようになった。こうした動きに押されるように、消費者市場にも様々な動きが出ているようだ。


なぜ? 南部の保守州でも医療マリファナが合法に

なぜ? 南部の保守州でも医療マリファナが合法に

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回はかなり保守的な南部アーカンソー州でも、医療マリファナが合法になったことについて。


スターバックスも大迷惑? シアトルの薬物政策

スターバックスも大迷惑? シアトルの薬物政策

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。薬物依存は、アメリカにおける深刻な社会問題のひとつ。その薬物ユーザーを庇護するかのような政策を行ったシアトルの未来は?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング