アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

日本でも各都道府県の名物があるように、アメリカにも50州すべてに名物がある。今回はその中から変わり種のご当地フードをいくつかご紹介しよう。


アイダホ州ボイジーの「アイスクリーム・ポテト」

 大きなジャガイモを丸ごとオーブンで焼いたベイクド・ポテトの上に、生クリームやチョコレート? 誰もが驚くこの不気味な食べ物は、アイダホ州のボイジーにあるウエストサイド・ドライブインで食べられる。実はベイクド・ポテトの正体は、ココアパウダーがかかったバニラアイスクリーム。その上にホイップクリームとオレオクッキー、砕いたピーナッツがトッピングされている人気のご当地デザートだ。この「アイスクリーム・ポテト」には、なんと40年もの歴史があるという。

ニューヨーク州ロチェスターの「ゴミの皿」?

 いくらなんでも……というネーミングの「ガーベージ・プレート/Garbage Plate」(ゴミが乗った皿)。しかし、ロチェスター観光局によると、この料理は街のどのレストランやバーにもあるらしい。どんな料理かというと、通常まずハンバーガーやホットドッグ、ステーキなどの選択肢の中からひとつを選び、それをポテトフライとベイクド豆もしくはマカロニサラダの上に乗せて、その上からロチェスター・ホットソースと呼ばれる辛いミートソースをたっぷり掛ける。好みでマスタードと玉ねぎを乗せる人もいて、胸焼け間違いなしの一皿といえそうだ。

ガーベージ・プレート/Garbage Plate(ゴミが乗った皿)

Garbage Plate

ニューオーリンズの「キング・ケーキ」

 ルイジアナ州ニューオーリンズで、年明けからマルディグラ祭りまでの数週間だけ出回る「キング・ケーキ」。紫、緑、黄色(金色)の三色で彩られたリング型の菓子パン風ケーキで、その中にはプラスチックの小さな赤ちゃんの人形がひとつ入っている。ケーキを切り分けたときに、その人形が入っている部分が当たった人はパーティーの王様(もしくは女王様)に選ばれ、おもちゃの王冠やティアラをつけるのだ。

 このケーキの中に入っている赤ちゃんの人形はかなり怖いのだが、その人形はたいていこのような感じ。地元の人でないと、これが当たったら喜ぶよりもギョッとするだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。クリスマスになると登場する卵色の飲み物「エッグノッグ」。アメリカ人はみんな、これが好きなのだろうか?


それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は先日、米有名紙が掲載した下着に関するアンケート記事を読んで驚愕したというお話。


バナナ・スプリットの哀愁

バナナ・スプリットの哀愁


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング