アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

日本でも各都道府県の名物があるように、アメリカにも50州すべてに名物がある。今回はその中から変わり種のご当地フードをいくつかご紹介しよう。


アイダホ州ボイジーの「アイスクリーム・ポテト」

 大きなジャガイモを丸ごとオーブンで焼いたベイクド・ポテトの上に、生クリームやチョコレート? 誰もが驚くこの不気味な食べ物は、アイダホ州のボイジーにあるウエストサイド・ドライブインで食べられる。実はベイクド・ポテトの正体は、ココアパウダーがかかったバニラアイスクリーム。その上にホイップクリームとオレオクッキー、砕いたピーナッツがトッピングされている人気のご当地デザートだ。この「アイスクリーム・ポテト」には、なんと40年もの歴史があるという。

ニューヨーク州ロチェスターの「ゴミの皿」?

 いくらなんでも……というネーミングの「ガーベージ・プレート/Garbage Plate」(ゴミが乗った皿)。しかし、ロチェスター観光局によると、この料理は街のどのレストランやバーにもあるらしい。どんな料理かというと、通常まずハンバーガーやホットドッグ、ステーキなどの選択肢の中からひとつを選び、それをポテトフライとベイクド豆もしくはマカロニサラダの上に乗せて、その上からロチェスター・ホットソースと呼ばれる辛いミートソースをたっぷり掛ける。好みでマスタードと玉ねぎを乗せる人もいて、胸焼け間違いなしの一皿といえそうだ。

ガーベージ・プレート/Garbage Plate(ゴミが乗った皿)

Garbage Plate

ニューオーリンズの「キング・ケーキ」

 ルイジアナ州ニューオーリンズで、年明けからマルディグラ祭りまでの数週間だけ出回る「キング・ケーキ」。紫、緑、黄色(金色)の三色で彩られたリング型の菓子パン風ケーキで、その中にはプラスチックの小さな赤ちゃんの人形がひとつ入っている。ケーキを切り分けたときに、その人形が入っている部分が当たった人はパーティーの王様(もしくは女王様)に選ばれ、おもちゃの王冠やティアラをつけるのだ。

 このケーキの中に入っている赤ちゃんの人形はかなり怖いのだが、その人形はたいていこのような感じ。地元の人でないと、これが当たったら喜ぶよりもギョッとするだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


知らないと怖い! アメリカのハッピー・ファイヤー

知らないと怖い! アメリカのハッピー・ファイヤー

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。2020年の最初のコラムは、アメリカで新年を屋外で迎える際に知っておきたい危険について。


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


日本にあって、アメリカにないものとは

日本にあって、アメリカにないものとは

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。アメリカに長年住んでから日本に帰国すると、日本に住んでいたときにはまったく気づかなかった文化の違いに驚かされる。今回はそのいくつかを紹介しよう。


米大手量販店、車椅子の子供たちのためのハロウィン衣装を販売

米大手量販店、車椅子の子供たちのためのハロウィン衣装を販売

毎年10月31日はハロウィン。アメリカでは、子供たちが思い思いの衣装を身にまとって、「トリック・オア・トリート」と言いながら近所を練り歩いてお菓子をもらう、子供たちのための恒例イベントだ。全米展開する大手量販店ターゲットでは、豊富なハロウィン衣装のラインナップに車椅子の子供たちのための衣装を加え、好評を博している。


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング