成功への選択 特別編「2020年 星のおつげ」

成功への選択 特別編「2020年 星のおつげ」

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新年の特別編として、2020年を12星座で占います。今年、あなたがさらなる幸せをつかむために必要なのは何でしょうか?


フィナーレの星の大イベントに向けて、本当の自分に帰る1年

 2020年は、年末の12月22日に起こる、「グレート・コンジャンクション」という「星の大イベント」に向かって、大きな動きを個人の人生に与えていきます。グレート・コンジャンクションは、20年に一度めぐってくる木星と土星の会合で、前回は世紀末、1999年から2000年を迎える際に起こりました。この20年ごとの節目の年には、実にドラマチックな転機が訪れるものなのです。

 2020年のグレート・コンジャンクションの特徴は、水瓶座の0度でそれが起こる点です。これは改革の始まりを意味し、否が応でもでも誰もが「改革」に迫られます。しかし、その変化は「まったく新しい何か」というよりも「本来の自分に戻る」という感覚の方が近いでしょう。長い間、押し殺してきた自分、世間や社会の期待や役割に合わせていた自分……。多かれ少なかれ、誰もがそうした部分を持ち合わせているでしょうが、2020年はそうした役割から解放され、「本当の自分に戻る改革の1年」と言うのが、最もしっくりくると思います。

 人によっては、大きな変化のうねりの中に身を置くことになるかもしれません。次々に変わって行く状況や、ジェットコースターのような速さの変化についていいけないと感じる人もいるでしょう。しかし、そういう時ほど「淡々」と地に足を付けましょう。自分が出来ること、自分が今やるべきことに集中する積み重ねこそが、変化の中であなたを救ってくれます。また自分以外の価値観を認めることも、息切れせずに2020年を乗り切るキーワードになりそうです。

星座ごとの2019年の開運のヒント

牡羊座(3月21日〜4月20日生まれ)

 12星座の中で最も「本来の自分」に戻る必要に迫られる牡羊座。その過程では多少の痛みを伴うかもしれませんが、自分の中にしみ込んでいる価値観や思い込みを手放し、自分の中に存在する「欲」と向かい合うことができた後に、大幸運が訪れます。結婚や独立などが、そのきっかけになるかもしれません。

牡牛座(4月21日〜5月21日生まれ)

 昨年あらゆる意味で、ポジティブな「崩壊」を経験した牡牛座。今年はある意味ゼロに戻った土台の上に、新しい自分を構築していくための「学び」の1年になるかもしれません。孤独と向き合い、内省し、謙虚な気持ちで新しいものを吸収していきましょう。来年の飛躍に向けて、基礎工事に集中したい1年です。

双子座(5月22日〜6月22日生まれ)

 今年のあなたのテーマは「誰かと共に」です。それは新たな愛の訪れを意味するかもしれないし、ビジネスパートナーや仕事で新しいチームを得ることかもしれませんが、今までとは異なる「同志」を見つけられる1年になりそう。分かち合いのために、自分の主張を一歩下げることも学んで吉。

蟹座(6月23日〜7月23日生まれ)

 人間関係で、新たな局面を迎える今年。昨年までとは別の交流から、生涯付き合えるような仲間に出会えるかもしれません。今年は結婚運も大吉。ピンときたら迷わずご縁を信じて。大きな決断を迫られるようなことも増えます。特に、経済的な飛躍のためにはリスクを取って吉となります。

獅子座(7月24日〜8月23日生まれ)

 今年のキーワードは「地道な努力」。自分が信じたことは他人が何と言おうと、コツコツと努力を続けて。その努力は想像以上のものになるでしょう。到底かなわないと思うような、まるで「山」を動かすようなパワーも発揮できそうです。でも一旦ダラけると、とことん何も出来なくなるので、常に自分を奮い立たせて。

乙女座(8月24日〜9月23日生まれ)

 今年は新たな何かを「生み出す」1年。まるで世の中の主役であるかのように、あなたの才能が賞賛される対象になることも。自分を表現する活動は、ちょっと無理かなと思っても引き受けて大吉。プライベートで自分が輝けば輝くほど、ビジネス運も上がるという嬉しい1年です。

天秤座(9月24日〜10月23日生まれ)

 今年は何かが「完成の時」を迎える1年。今まで激動の中で生きてきた自負のある人は、その完成に向けて少し「静」の時間を過ごすことになるかもしれません。孤独を感じる時間こそがあなたの成長の糧に。内省の時間が幸運への助走になります。年末には幸運の木星があなたの元に。人生、本番に入ります!

蠍座(10月24日〜11月22日生まれ)

 今までの努力が、ある意味においてその集大成を迎えます。その流れで「発展的な終わり」を経験する人が多いかもしれません。新しいフェーズであなたを待っているのは、今までとはまったく違う「生き方」。不安にかられることもありますが、怖がらずに一歩を踏み出せれば、想像以上のものが得られるでしょう。

射手座(11月23日〜12月21日生まれ)

 昨年まで射手座に戻っていた幸運の星・木星が去り、運気はかなり高い位置で落ち着きを見せてきます。今年は努力の上に実った果実を、収穫する年でもあります。経済運、愛情運ともに大吉という素晴らしい1年。その幸運を周囲に分かち合うのがあなたの役目です。それを実現する革命を起こしましょう。

山羊座(12月22日〜1月20日生まれ)

 環境の激変が、あなたを待ち受けている2020年。自分が思ってもいなかった方向へ、どんどん人生が変わって行くような経験をするかもしれません。電撃的な転職、結婚、引っ越しなど、予想外のことが突然起こりそう。今年、大切なのは平常心。変化の嵐の中でも心穏やかに自分を保つようにして下さい。

水瓶座(1月21日〜2月19日生まれ)

 今まで先送りしてきたことへの回答を迫られる出来事が起こりそうな1年です。心の中ではずっとわかっていたのに行動に移せなかったことや、言い出すことが出来なかったことを、先に進めるしかなくなる状況に追い込まれます。痛みを伴うかもしれませんが、それは幸運の始まりなのです。

魚座(2月20日〜3月20日生まれ)

 今年のキーワードは、新しい「場所」。とても幸せを感じられる「居場所」が手に入り、穏やかな1年になりそうです。同じ目標を目指せる仲間が出来たり、趣味で始めたことを応援してくれる人が人生に登場したりと、人間関係でも素晴らしい展開が期待できそう。積極的に自分の行動範囲を広げて吉。

この記事の寄稿者

運命鑑定士の家系に生まれ、幼少期より算命学、数秘術、占星術などを学ぶ。米国ロサンゼルス在住。大学を卒業後、両親の顧客であった著名人の運命鑑定を引き継いだことをきっかけに依頼が増え、現在は長期契約の顧客のみを鑑定しながら、シンボル・アートの制作に力を入れている。日本にも住んでいたことがある。

関連するキーワード


占星術 星占い

関連する投稿


12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。星座が織りなす神秘のメッセージが、あなたを幸せへと導きます!


12星座「ハリウッド開運術」2020年2月の運勢

12星座「ハリウッド開運術」2020年2月の運勢

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。星座が織りなす神秘のメッセージが、あなたを幸せへと導きます!


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月10日~16日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月10日~16日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!






最新の投稿


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領による渡航禁止令で混乱するアメリカ、事前警告がなかったと困惑するEUの件などについて。


バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の再選を阻止しようとする民主党代表候補バイデン氏の「失言や物忘れがひどすぎやしないか」という件について。


12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。星座が織りなす神秘のメッセージが、あなたを幸せへと導きます!


スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、アメリカ中が注目する「スーパー・チューズデー」の「何がそんなにスーパーなのか?」について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング