東京オリピックの米テレビCM売上、すでに1,000億円超え

東京オリピックの米テレビCM売上、すでに1,000億円超え

東京オリンピックのアメリカ放送権を持つ米NBC Universalでは、東京オリンピックのテレビ・コマーシャルの広告契約が昨年中に1,000億円を超えたと発表。前回のブラジルでのオリンピック(2016年)を大幅に超えるペースだという。


東京オリンピックの広告収入はリオを上回る見込み

 米NBC Universalは、今夏の東京オリンピックの放送中に流すTVコマーシャルの広告契約が、昨年のうちに1ビリオン・ドル(約1,000億円)を超えたと発表。2016年にブラジルのリオ・デジャネイロで開催された夏季オリンピックにおける広告契約状況に比べ、東京オリンピックの広告契約はかなり速いペースであり、リオ・オリンピック時の広告収入の合計1.2ビリオン・ドル(約1,200億円)を上回ると予想しているという。

オンラインでTV番組を見る視聴者への広告も

 インターパブリック・グループ・オブ・カンパニー社の調べによると、2019年のアメリカのTV広告は前年度に比べて3%減で、2020年も減少傾向だと予想されている。しかし、デジタルメディア広告は2020年には11%増加する見込みで、TVや新聞、雑誌、デジタルなどのすべてのメディア広告のうちの60%を占めると予想されている。

 NBCでも東京オリンピックのTV放送は、NBCの放送自体をオンライン・プラットフォームなどを使用して視聴する人たちの方が多いと見込んでおり、ソーシャルメディアのプラットフォームのひとつとして、ツイッターで一部の映像を配信することを発表。これまでの「TV放送を家族や友人たちと複数で見る」というモデルから、「オンライン・プラットフォームを利用してひとりで見る視聴者(single audience)」への広告拡大へシフトしている。NBCはオリンピックのアメリカ放送権を2032年まで所持しているため、ソーシャルメディアとの様々な新しい試みを進めていく予定だという。

この記事の寄稿者

関連する投稿





トヨタのインスタ広告が秀逸とアメリカの広告業界で話題に

トヨタのインスタ広告が秀逸とアメリカの広告業界で話題に

パラリンピックに出場する視覚障害を持つスキーヤーの視界は、実際にはどのように見えているのだろうか? トヨタがインスタグラムで発信した映像広告が秀逸だとアメリカの広告業界で話題になっている


Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

世界最大規模の広告関連の祭典、「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル2018」。 今月24日まで開催中だが、米Appleが、すでに「Music部門」と「Brand Experience & Activation部門」の2部門でグランプリを受賞し、注目を浴びている。






最新の投稿


イスラム教徒を守った白人男性2名、白人至上主義者に殺される

イスラム教徒を守った白人男性2名、白人至上主義者に殺される

引用元『‘Brave and selfless’ Oregon Stabbing Victims Hailed as Heroes for Standing up to Racist Rants 』:https://goo.gl/wBGshG


アメリカの情報漏えいに英国警察が警告

アメリカの情報漏えいに英国警察が警告

引用元『British police warn of 'damage' to investigation from leaks』:https://goo.gl/LLRZpe



FirstWorldProblemsと「SMART」を活用して目標を達成する方法

FirstWorldProblemsと「SMART」を活用して目標を達成する方法



アクセスランキング


>>総合人気ランキング