トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


福音派がトランプ大統領を評価する理由

 トランプ大統領の最大の票田は、白人の福音派キリスト教徒だ。

 福音派キリスト教徒の定義は神学者によって異なるが、おおまかに言うと「自ら回心して神を見つけ、イエスを受け容れて新生(ボーン・アゲイン)し、聖書の権威のみを信じ、イエスの教えを実践しようと努力しているキリスト教徒」のことを指す。

 福音派は、アメリカの総人口の4分の1を占め、人種の内訳は白人が76%、黒人が6%、ヒスパニックが11%、アジア系が2%、その他5%となっている。

 2016年の大統領選では、総人口の人口比同様、投票者の4分の1が福音派で、白人福音派の85%がトランプに投票した。

 どう見ても信心深いとは思えないトランプが、これほどまでに福音派から支持されたのは、キャンペーン中に彼が中絶を声高に批判し、キリスト教の教えを重んじる政策を実施するという公約を掲げていたからだ。

 トランプは大統領就任後、中絶反対派の判事を2人も最高裁に送り込み、中絶に反対する医師や看護婦を罰したオバマ政権時代の政策を撤回し、ジョンソン条項(政治的活動をする宗教団体に免税対象権を与えない規則)を大統領命令で廃止し、イスラエル大使館をエルサレムに移す、など、福音派を喜ばせる政策を次々に実行した。

 そのため、福音派の人々は、トランプの個人的な欠点は大目に見て、彼の実績を称え、今年の大統領選でもトランプ再選のために積極的な活動を始めている。

福音派のトランプ支持は、もはや「神がかり」?

 トランプが福音派からどれほど愛されているかは、1月3日にマイアミの巨大教会で開かれたトランプ支持福音派の集会にて、「トランプを囲んで祈る牧師たち」の姿を見れば一目瞭然だろう。特に、ジェンセン牧師の祈りの言葉を聞けば、福音派がなぜトランプを支持しているのかもよく分かるはずだ。その祈りの概要を紹介しておこう。

 「天にまします父よ、1776年に生まれたアメリカが2020年に新生(ボーン・アゲイン)しますように。主よ、ドナルド・トランプ大統領を祝福してください。彼は自由のために戦い、自由を守ってくれる戦士です。彼は胎児を無慈悲に殺すことを阻止するために熱心に戦い、貧困駆除に力を入れ、食品交換券で暮らしていた600万人の人々を自立させ彼らに勤労という尊厳を与えました。神よ、正義をもたらす判事で最高裁を満たしてください。主よ、大統領にあなたの力を与え、あなたの権威を露わにし、あなたの愛と人々の愛を知らしめてください。アメリカで神が再び偉大になり、アメリカも偉大になったのだと、テレビの評論家やニュース・キャスターたちを驚嘆させてください! イエスのみ名において、祈ります。アーメン!」

 この牧師の祈りも神がかりと言えるが、この牧師の言葉に逐一納得して、トランプを取り囲んで彼の身体に触れている他の牧師たちの様子もまた、報道を見る限り、神がかりと感じた。それはまるで、神託を下すために踊る巫女が、あたかもトランス状態に陥っているさまを彷彿させるものだ。

 信者たちも、まるでジェンセン牧師に続けと言わんばかりに、「トランプこそが福音派の望む政策を実行し、キリスト教を敵視している民主党から自分たちを守ってくれる戦士だ」と信じ、トランプ再選のために様々な活動を実施している。

 たとえば私の隣人たちは、2016年の大統領選、さらに2018年の中間選挙で、選挙日の数週間前に自腹を切って激戦州に出向き、教会のネットワークを駆使して「やや保守的な有権者」を家庭訪問して説得活動を行うと共に、選挙当日に老人や車を持っていない人たちを投票所に車で連れて行く、などの選挙活動を行っていた。

性的マイノリティー配慮への懸念で、ムスリムもトランプ支持に?

 今回の選挙では、信教の自由も大きな争点になるだろう。

 たとえば同性愛者やトラスジェンダーの人々の結婚記念写真撮影を、「結婚は男女の間で交わされる神聖な誓いだ」と信じている写真家が、宗教上の理由で拒否できるか否かというようなケースがこれに当たる。

 福音派やカトリックだけではなく、9割方のムスリムも結婚は男女間の神聖な契約であると信じている。そのため、私の隣人の福音派は、激戦州のムスリムの家庭やムスリムのレストラン、小売店などを訪問し、「民主党が政権を取ったら、ムスリムの写真家も同性愛者の結婚記念写真を撮ることを強要され、信教の自由がなくなって、ムスリムのケータリング会社も豚肉料理の注文を拒絶できなくなる」という懸念を訴えている。信教の自由の擁護、という立場からトランプへの投票を呼びかけているのだ。

 特に、前回トランプが約4万4,000票の僅差で負けたミネソタ州には、15万人のムスリムが存在し、その約半数が成人だ。国勢調査では国籍に関する質問はないものの、仮に3万人がアメリカ国籍を保持しており、投票できるとした場合、その1割の3,000票を動かせただけでも、僅差の選挙では大きな得点になる。だからこそ、私の隣人たちは本腰を入れてムスリム説得活動を行っているのだ。

 大手メディアでは、民主党候補への投票を呼びかける映画スターや有名ミュージシャンの選挙活動が必ず大きなニュースとして扱われているが、人目につかないところで地道な活動をしている福音派の底力は、今回の選挙でも侮れないと言ってよいだろう。

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


トランプ大統領の大好物は?

トランプ大統領の大好物は?

デイビッド・アンドリューズの「You are what you eat/食は人なり」 自然をこよなく愛し、趣味はハイキング、そして食べることが何よりも好きな「ごく普通の会社員」である筆者が、感じたことや不思議に思ったことなどを書き綴る。一般的なアメリカ人は日々どんなことに目をとめるのだろう?そう、きっかけはいつだって食べ物なのだ。


【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領による渡航禁止令で混乱するアメリカ、事前警告がなかったと困惑するEUの件などについて。


【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領のお抱え弁護士であるセクロウ氏と彼の家族が慈善団体から約71億円も受け取っていたことについて。


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

恒例の米『TIME』誌が選ぶ「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが選ばれた。同誌史上、最年少の「今年の人」となったグレタさんは、環境危機を世界規模で訴えて特に若者たちから熱烈に支持を受けている。しかし、トランプ大統領はそれがおもしろくないようだ。






最新の投稿


渋谷のハロウィン仮装パーティー、アメリカ南部人の感想は?

渋谷のハロウィン仮装パーティー、アメリカ南部人の感想は?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回はアメリカにおけるハロウィンの解説と、宗教色がとても強い米南部で東京・渋谷のハロウィンの写真を見せた米南部人たちの反応について。


育毛もテックな時代に?!

育毛もテックな時代に?!

米ノースキャロライナ州に拠点を置くPhotonMD社が販売しているテックな育毛医療機器が、密かな話題を呼んでいる。男女問わず、いわゆる若ハゲ(アンドロゲン性脱毛症)やストレス性脱毛などに高い効果があるという。どんな商品なのだろう?


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング