元NBAスター選手コービー・ブライアント氏の追悼、米各地で

元NBAスター選手コービー・ブライアント氏の追悼、米各地で

バスケットボール界を代表するNBAスーパースター選手だったコービー・ブライアント氏が26日(日本時間27日)、乗っていたヘリコプターが墜落し、41歳という若さで亡くなったことを受けて、米各地で追悼集会が開かれている。


娘のチームの指導へ向かう途中に

 元NBAのスーパースター選手、コービー・ブライアント氏(41歳)が乗っていたプライベート・ヘリコプターの墜落事故で死亡したことを受け、バスケットボール界のレジェンドの死を悼む人たちによる追悼集会が開催されている。

 ブライアント氏は、ロサンゼルス・レイカーズに所属し、20年間に渡ってNBAを代表するトップスター選手として活躍。マイケル・ジョーダンに次ぐ歴代最高選手とも言われ、惜しまれながら2016年に引退、その後はマンバ・スポーツ・アカデミーの運営などをしていた。墜落事故にあった日も娘のジアナさん(13歳)と共にニューポート・ビーチの自宅から、ロサンゼルス近郊にある同アカデミーに向かっていた。ヘリコプターにはブライアント氏とジアナさんの他に、ジアナさんのチームメートなど7人が乗っていたが、全員の死亡が確認された。

グラミー授賞式でもコービーを追悼

 ヘリコプターが墜落したロサンゼルス・カラバサスの丘や、ロサンゼルス・レイカーズの本拠地ステイプルズ・センター、マンバ・スポーツ・アカデミーなどに大勢のファンが集まり、ブライアント氏と娘さんに追悼の意を表している。

 また、事故当日の夜に開催されたグラミー賞の授賞式の会場がステイプルズ・センターだったことも重なり、多くのセレブたちがブライアント氏の訃報にそれぞれ哀悼の意を表した。最優秀ポップ歌謡賞やR&B部門の2賞を受賞したリゾは、「今夜はコービーのための式典。私は泣いています」と話してから歌い始め、司会のアリシア・キーズは授賞式のオープニングで「ブライアント氏の家族に思いを馳せてほしい」と話したほか、リル・ナズ・Xや、DJキャレド、ランDMCなど多くのセレブたちが悲しみを表明した。

 今年のグラミー賞では、18歳のビリー・アイリッシュが主要4部門を含む5冠を達成した。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

アメリカ人の肉の消費量は、年々増加の一途を辿っている。昨年の米農務省の調べによると、牛肉だけでその年間消費量が1人100キロを超えるというから驚きだ。しかし、肉の消費が増加する一方で、「肉食をやめる」という動きが加速している。その理由とは?


アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はスポーツの秋にちなんで、アメリカの学生たちがスポーツとどのように向き合っているかを紹介しよう。


アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

米アップル社が、本社のあるカリフォルニア州の住宅供給危機の緩和に向け、25億ドル(日本円で約2,700億円)という巨額の資金を拠出することを発表した。同州では企業家や大企業従事者とそうでない人たちとの収入の格差が拡大し、それ以外にも様々な要因が重なって、これまで長年住んでいた家のローンやアパートの家賃が払えない人が続出。ホームレスも増加している。


人権より中国の「金」の方が大事なNBAの偽善

人権より中国の「金」の方が大事なNBAの偽善

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は多くのスター選手を輩出している米NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)が、自らの方針を変えてまで中国市場に取り入っていることについて。


リベラル派の発言は矛盾ばかり! あのオバマ夫妻が大豪邸を購入

リベラル派の発言は矛盾ばかり! あのオバマ夫妻が大豪邸を購入

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、オバマ前大統領夫妻が大豪邸を購入することは、これまで夫妻が説いてきた話と矛盾すると指摘する保守派たちの意見を紹介しよう。






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング