米アマゾン本社内のホームレス・シェルター、まもなくオープン

米アマゾン本社内のホームレス・シェルター、まもなくオープン

物価の急上昇と共に増え続けるホームレス。そのことが大きな社会問題になっているシアトルに本社があるアマゾンドットコム社が、同本社内にホームレスの人たちが使用できる宿泊施設をつくり、3月末までにはオープンする予定だ。


ダウンタウンのど真ん中 本社ビル内にシェルターを作って支援

 米アマゾンドットコムの本社がワシントン州シアトルのダウンタウンにキャンパスを移して早10年。2007年から2017年の間にシアトル市内の不動産の平均賃料は約42%も上昇し(全国平均は18%)、それに伴いホームレスの数が増えた。2014年以降はホームレスの数は毎年9%の上昇が続いている。

 そんな中、シアトルのダウンタウンに大きな面積を占めるキャンパスを持つ米アマゾンドットコム社が、コミュニティーを支援するために本社内に最大275人が宿泊できるホームレス・シェルターを開設しようと準備をすすめている。

 シェルターの運営は長年における地域のホームレス支援で知られる非営利団体「マリーズ・プレイス」だが、アマゾンが施設を建設し、そこを10年間無料で同団体に貸し出す仕組みだ。ベッドやシャワーはもちろん、年間60万食を提供できる業務用キッチンもあり、これが開設されれば同州最大規模のホームレス・シェルターとなる。来たる3月末までにはオープンするようだ。

社員がボランティアをしやすい仕組み

 同社本社はダウンタウンにあるため、シェルターの支援を必要としている人たちも、ボランティアをする人たちもアクセスしやすい。

 施設内のコミュニティー・スペースでは、アマゾンの従業員が無料でホームレスの人たちにコーディング技術を教えるクラスなども開設されるという。運営を担う非営利団体のマーティ・ハートマン代表は、「大勢のアマゾンの従業員たちにボランティアに参加して欲しい。野菜を切ったり、赤ちゃんをあやしたり、誕生会を企画したり、なんでも大歓迎。ここがコミュニティー・センターのような場所になることを望んでいる。ホームレス問題を他人事にしないためには、なによりもコミュニケーションをとることが第一歩」と話している。

 SDGsが重要視される中、企業のコミュニティ還元活動をリードするような同社の試みが、今後、地域にどう根付いていくのかが注目される。

この記事の寄稿者





最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング