北朝鮮、トランプ大統領を“うぬぼれ”と非難!

北朝鮮、トランプ大統領を“うぬぼれ”と非難!

引用元『North Korea Blasts Trump for Pulling Out of Paris Climate Agreement』:https://goo.gl/ucX0vJ


 トランプ大統領がアメリカをパリ協定から脱退させる宣言をした後、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は朝鮮中央通信局(KCNA)のTVニュースで、トランプ大統領がパリ協定からの脱退を決めたことを、“うぬぼれの極致”(height of egotism)だと非難。同大統領の判断はアメリカのリーダーシップに“道徳が欠如している”ことの例だとした。

 北朝鮮の外務省スポークスマンは、「地球温暖化対策は人類が向かい合うべき世界で最重要な取り組み」だと述べ、「トランプ大統領が推進するアメリカ・ファースト・ポリシーがパリ協定の脱退を導いたのは、うぬぼれの極致であり、その行為により全地球が犠牲になっても、自分さえ良ければいいという道徳観の欠如」だとコメント。また、その決定は「目先のことしか見ていない馬鹿げた決定。自分の得のためにも地球環境を守るべきという事実に対する無知」と批判した。

 世界でパリ協定に参加していないのは、アメリカ、シリア、ニカラグアの3カ国のみ(注:ニカラグアはパリ協定よりも自国のエコの方が進んでいると捉え協定に参加していない)。アメリカ国内の評論家やコメディアンたちは、北朝鮮スポークスマンの発言に即座に反応し、核兵器保有国として世界で最も非難されている北朝鮮よりも、パリ協定脱退によってアメリカの方が北朝鮮よりも世界的に非難される国になったことをネタにしてメディアを賑わせている。

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


【Red vs Blue】トランプ大統領、アメリカのパリ協定への参加も想定できる?

【Red vs Blue】トランプ大統領、アメリカのパリ協定への参加も想定できる?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、世界を騒がせた米のパリ協定離脱から7カ月後に、トランプ大統領が同協定の参加を想定できると発言したことについて。


南部では、トランプ大統領は嫌われていない

南部では、トランプ大統領は嫌われていない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、長年アメリカを二分する「人工妊娠中絶手術問題」を、南部在住の著者が一般人目線で、ご近所さんの意見をまとめてみた。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、不法移民の親に連れられてアメリカに渡り、アメリカで育った子供たち「ドリーマーズ」に対する保守派の意見






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング