環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はアメリカの若者たちの環境問題への意識の高さや具体的な行動について。


今の若者たちは環境問題への意識が高い

 年々さらに深刻化が進む地球温暖化と気候変動。これから社会を担っていく若者たちにとっては、自分たちの命にかかわる問題だ。昨年9月に世界中で行われた気候変動に対するプロテスト、#FridaysForFuture は、政治家、そして権力を持つ大人に向けられた若者の必死の叫びを表したものだった。大規模なデモは、昨年国連でもスピーチをした当時16歳だったグレタ・トゥーンべリさんの気候変動への強い問題意識から実現化された。

 今の若者たちは、他の世代と比べて環境問題への意識が一段と高いと思う。もちろん人にもよるだろうが、「プラスチック製品を使わない努力」、「動物や加工品をなるべく避ける食生活」、「新品ではなく古着を購入する」ことなど、簡単にすぐ始められる努力を心がけている学生が多い。

 大学の寮には、いらなくなった家具や本、洋服を寄付できる箱が用意されていたり、大学のフェイスブック上ではオンライン古着屋のようなシステムも確立されている。洋服を購入するのではなく、借りられる「Rent the Runway」という会社なども人気が出てきている。

 また、大学では学生たちによってリサイクルへの取り組みが管理されていたり、カフェテリアには肉も魚も食べないビーガンやベジタリアンでも困らないようなメニューが揃っている。そもそもアメリカにはいろんな食生活をする人が暮らしているため、たいていのレストランにはオプションが用意されていて、たとえば、チャーハンやヌードルを頼む場合にも、具材を肉、魚介類、豆腐、野菜の中から選べる店が多い。

「環境に悪い製品はなるべく避けよう」という動き

 このように多くの若者たちは、自分たちの行動や手に入れる製品がどう環境に影響しているのかを理解し、「環境に悪い製品をなるべく避けよう」という動きにつながっている。

 しかし、日本のような「もったいない」という精神は、アメリカ文化にはまだ根付いていないように思う。個人主義者が多いこともあり、シェアするのではなく、自分のものとして買いたいと思う人が多いようにみえる。また、日本社会のように、戦争を経験した世代から「ひもじい」という感覚を教え込まれていないため、必要以上にものを買ってしまう人が多い。人口がはるかに多いインドや中国と比べても、アメリカが世界の中で圧倒的に二酸化炭素を排出しているのは、そういう物に囲まれた生活が豊かだとする文化背景も関係するのだろう。日本でも「もったいない」とういう意識が薄れ、当たり前の生活がどれだけ貴重なものであるかを正しく認識していない人が増えたことをここ最近さらに実感するが、人々の精神面での西洋化の進行が関係している。

 アメリカ内で環境問題を解決に導くためには、まず政府レベルでの改革、そして消費者の意識を変えさせる努力が必要だろう。たとえば、エネルギー使用を効率化したり、都市をあげて二酸化炭素の排出を削減する目的で可決された政策の中に、ニューヨーク市で昨年可決された法律「グリーンルーフ法」がある。これは、これから新たに建築する建物や改装改築をする建物の屋上に、植物、太陽光パネル、または小型の風力発電機を設置しなければいけないという規則だ。

 たとえばこの政策が可決したように、環境問題を重要視している政治家に投票すれば、若者でも大きな変化に貢献できる。今年は大統領選。候補者それぞれの環境問題への意識に対して、若者たちの支援がどう影響するだろうか。

この記事の寄稿者

1997年生まれ、21歳。東京都出身。青山学院初等部・中等部を卒業後、米国バージニア州の女子校、St. Margaret’s Schoolに2年通う。2015年にコネチカット州のWestminster Schoolに転校し、卒業。現在はニューヨークにあるコロンビア大学・バーナードカレッジにて都市計画と国際関係、教育を専攻し、国際貢献の分野を志している。

関連する投稿


植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

アメリカではヘルシー志向や健康上の理由から乳製品を避ける人口が増え、今ではどのスーパーマーケットに行っても、植物から作られた牛乳の代用飲料がずらりと並んでいる。豆乳、ココナッツ・ミルク、アーモンド・ミルク、オーツ・ミルク、米ミルク……。植物性ミルクは、牛乳よりもヘルシーなのだろうか?


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

アメリカ人の肉の消費量は、年々増加の一途を辿っている。昨年の米農務省の調べによると、牛肉だけでその年間消費量が1人100キロを超えるというから驚きだ。しかし、肉の消費が増加する一方で、「肉食をやめる」という動きが加速している。その理由とは?


『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

恒例の米『TIME』誌が選ぶ「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが選ばれた。同誌史上、最年少の「今年の人」となったグレタさんは、環境危機を世界規模で訴えて特に若者たちから熱烈に支持を受けている。しかし、トランプ大統領はそれがおもしろくないようだ。


アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はスポーツの秋にちなんで、アメリカの学生たちがスポーツとどのように向き合っているかを紹介しよう。






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング