12星座「ハリウッド開運術」2020年2月の運勢

12星座「ハリウッド開運術」2020年2月の運勢

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。星座が織りなす神秘のメッセージが、あなたを幸せへと導きます!


牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

 喜びがあったり、傷つくことがあったりと、感情面でのアップダウンがかなり激しくなりそうな今月。あえてそうした感情に流されてみても良いかもしれません。でも、チャンスが生まれることが多い月なので、「いざ」という時には心を落ち着けて、冷静さを失わないように注意しましょう。ビジネスではチームワークが大切になる時。自分の意見を通すより、聞き手に回ることで、道が開けます。

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

 少し気持ちが滅入るようなことがあるかもしれませんが、そんな時ほど覚えておいて欲しいことは、「そうした気持ちにしているのは、自分自身である」ということ。状況がそれほど悪くないのに落ち込んでしまうことが起こりそうな今月は、日々どれだけリラックスした時間を持てるかが、開運の鍵になります。大きな挑戦、環境の変化などは控えて吉。良い話ほど慎重に検証しましょう。

双子座(5月21日~6月21日生まれ)

 オンオフのバランスを大切にしたい1カ月です。仕事だけに没頭してはいけません。恋愛運や家族運も良い時期なので、大切な人との時間も楽しむことをお忘れなく。ただし「口は災いの元」ということを意識して。自分の秘密や気持ちを打ち明けてもいい人は見極めましょう。間違った人に大事な情報を話してしまうと、あとで痛い目にあうかもしれないので注意が必要です。

蟹座(6月22日~7月22日生まれ)

 完璧主義が顔を出しそうな今月。あなたの完璧は「第三者の完璧」とは必ずしも一致しないことを意識して。独りよがりになってしまうと、大事な仲間に思わぬ迷惑がかかることも。今月の開運のキーワードは「人に頼る」ことです。そして、助けてもらった相手に対しては、自分も積極的に出来ることをお返しして貢献しましょう。「持ちつ持たれつ」が幸運を呼びます。

獅子座(7月23日~8月22日生まれ)

 出会い運が好調の今月。思わぬ人と意気投合したり、意外な場所で多くの人と知り合える楽しい1カ月です。そんな出会いの場面では、積極的に「聞き役」に回りましょう。自分を知ってもらいたい気持ちが先走ると、出会いから生まれる次のチャンスが半減してしまう可能性が高いので、そこを注意するように心がけてください。率直であることも開運のキーワードです。

乙女座(8月23日~9月22日生まれ)

 今まで頑張っても得られなかったものが手に入ったり、努力しても手が届かなかったようなことが実ったりと、嬉しいことが起こる今月。あなたを支えてくれた人たちへの感謝を忘れず、ご褒美のお祝いは周囲にもお裾分けしてください。喜びの果実を入手しても、楽が出来るわけではありません。むしろ勝負はこれから。努力と謙虚でいることを忘れず前進しましょう。

天秤座(9月23日~10月23日生まれ)

 自分らしさを取り戻せる時。前半は思わぬ荒れ模様も経験しますが、それは数日で収まるので慌てないように。ビジネスでは要の役割が回ってきて、寝る暇がなくなりそうです。プレッシャーを感じることほど、率先して引き受けて吉。今月に得られた評価や信頼は、これから2年間、あなたの成長の基礎になります。でも調子に乗ったり、過信は禁物。謙虚であることが開運の秘訣です。

蠍座(10月24日~11月22日生まれ)

 自分がすべきことが見えてくる今月。直観を信じて、自分のすべきことに集中すると、手ごたえある成果や結果が得られそうです。興味をひかれる様々な情報に出会える時なので、積極的に動きましょう。ただし、言動一致を意識して。言葉と行動が伴わないと、幸運が逃げてしまいます。自分の中に矛盾を生まないように、内省する時間を大切にとるようにして下さい。

射手座(11月23日~12月21日生まれ)

 今月のあなたに必要なことは「果報は寝て待て」。積極的に行動したい気持ちを少し抑え、春以降に迎える飛躍の時に備え、スローモードに切り替えて日々を過ごすようにしましょう。スピードを緩める中での開運の鍵は、読書やセミナー受講など、知識力を増やすための自分自身への投資。とても運気が良い時ですので、自分を高める作業に没頭しているうちに、思わぬ幸運が舞い込みそうです。

山羊座(12月22日~1月19日生まれ)

 周囲に気配りが必要な場面が多くなり、調整役に回ることが増えそうな今月。気疲れからストレスが溜まり、体調を崩さないよう、息抜きの時間を大切にしましょう。今月のあなたは周囲から頼られる頻度が、とても高くなります。しかし、自分に余裕がない時などは、それを「断る」選択もするようにして下さい。開運の鍵は小旅行。週末の温泉旅行などは特に良いでしょう。

水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)

 積極的に行動を起こして吉の今月は、何事も能動的に動くように心がけて下さい。普段あまり積極的に自分の意見を言わない人ほど、周囲に向けて自分の発言を届けた方がよい時期です。自信をもって堂々と自分の考えを口にするほど、開運に繋がります。ラッキーカラーは赤。今月は洋服や持ち物の一部に赤い色が入ったものを身に着けてみましょう。

魚座(2月19日~3月20日生まれ)

 今月の開運ポイントは「会話」。些細なことでも周囲と話し合う姿勢を大切に、日々を過ごしてみてください。コミュニケーションの充実によって、自分自身を高めることが出来る星回りです。また、今月は努力が報われる月でもあります。手掛けている最中のことは手を抜かず、丁寧にそれを完成するよう心がけましょう。月末に向けて嬉しい知らせが届き、幸福感に満たされそう。

この記事の寄稿者

運命鑑定士の家系に生まれ、幼少期より算命学、数秘術、占星術などを学ぶ。米国ロサンゼルス在住。大学を卒業後、両親の顧客であった著名人の運命鑑定を引き継いだことをきっかけに依頼が増え、現在は長期契約の顧客のみを鑑定しながら、シンボル・アートの制作に力を入れている。日本にも住んでいたことがある。

関連するキーワード


占星術 占い

関連する投稿


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。星座が織りなす神秘のメッセージが、あなたを幸せへと導きます!


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月10日~16日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月10日~16日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング