スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、アメリカ中が注目する「スーパー・チューズデー」の「何がそんなにスーパーなのか?」について。


トランプは再選へ向けて動き、民主党は候補者選び

 今年のアメリカは大統領選の年。トランプ大統領は共和党を代表する候補者として再選を目指すが、民主党はトランプに対抗できる民主党代表候補者を選んでいる最中だ。そのため「民主党代表者を選ぶ各州の代議員たち(delegates)」を選ぶ予備選が各州で繰り広げられている。
 民主党の代表になるためには、3,979人の各州代議員たちからノミネートされなければならない。各州の民主党によってルールは異なり、地元の政治会合(コーカス)が代議員を選ぶか、地元での投票で代議員が選ばれる。代議員たちは競い合う候補者を代表して7月に開催される民主党の全米党大会に参加し、そこで自分が推す候補者を投票する。

3月3日に民主党の行方がほぼ決まる?

 来たる3月3日には、アメリカ50州のうちの14州と米領サモア、海外在住の民主党員が予選会(primary caucuses)と選挙によって1,357人の代議員が決まる。これは全代議員の38%に値する。3月3日以前には4州のみで(アイオワ州、ニューハンプシャー州、ネバダ州、サウルカロライナ州)予選会と選挙が開催され、155人の代議員が選ばれた。

 「スーパー・チューズデー」は、たった1日で“スーパー”な人数の代議員を決める。この日に多くの代議員を集めた候補者は、7月の党大会までの間に極めて目立った存在感を提示できる。

 とはいえ、このようにキャンペーンの前半で“スーパー”な存在感を見せることが必ずしも勝利に繋がるとはいえない。2016年の大統領選では、ヒラリー・クリントンは「スーパー・チューズデー」で486代議員、対抗馬だったバーニー・サンダースは321代議員を得て、ヒラリーは2位に明らかな差を見せつけて有利なポジションに立った。しかし、トランプ現大統領は「スーパー・チューズデー」ではたった256代議員しか獲得できず、2位だったテッド・クルーズの219代議員とほとんど数が変わらなかったが、大統領になった。

「スーパーチューズ・デー」の次は民主党候補者の決定

3月3日が過ぎると、候補者たちは残りの2,467人の代理人の獲得をめぐって直接対決に入る。4月中旬には合計3,000人の代理人が決まり、6月末までには全ての代理人が決定する。

 もし、代議員たちが選んだ候補者が接戦の場合は、大統領選が行われる11月までの間に残された予備選は非常に重要になる。しかし、各州の代議員の人数は選挙だけではなく、様々な法則がある立法と議会の司法権によって決められる。その上、もし候補者が州の代理人たちの15%を勝ち取れなかった場合、その候補者の代議員たちはその州の上位2位の候補者へ加算されるため、今年のように多くの候補者が林立する民主党では、人気の少ない候補者にこれが起きるだろう。

 民主党には、党を率いるリーダーたちと“スーパーデリゲイツ”(スーパー代議員)と呼ばれる自由投票で選ばれた代議員がいる。もし、1候補者がほとんどの代議員を獲得するか、民主党大会が開催された時点でノミネート候補が決まっていない場合には、党を率いるリーダーたちが会議で投票できるという決まりがある。

 だから、3月3日の動向から目が離せないのである。「スーパー・チューズデー」は“スーパー”になりうる。しかし、今年の大統領選の民主党代表者を決めるまでの民主党内では様々な行動やドラマがたくさん起きることだろう。選挙に関する民主党情勢は今後もシェアーしていこうと思う。

この記事の寄稿者

ハワイ出身のジャーナリスト。現在はワシントン州在住で、特に環境問題につい て精力的に取材執筆している。各所へ寄稿すると共に、地元の環境に関わる ニュースを発信する独自メディア、 Salish Sea News and Weatherを主宰。著書 にThe Price of Taming a River: The Decline of the Puget Sound’s Duwamish-Green Waterway (1997)がある。

ちなみに、生まれた病院はバラク・オバマ元大統領と同じ。トランプ現大統領 と共和党が、オバマ元大統領の出生証明書スキャンダルを作り上げたとき、まっ たく動じずに立ち上がったことは言うまでもない。

関連する投稿


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領による渡航禁止令で混乱するアメリカ、事前警告がなかったと困惑するEUの件などについて。


バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の再選を阻止しようとする民主党代表候補バイデン氏の「失言や物忘れがひどすぎやしないか」という件について。


米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


米大統領選ガイド(6) 「アメリカを二分する4大争点とは?」

米大統領選ガイド(6) 「アメリカを二分する4大争点とは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。






最新の投稿


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領による渡航禁止令で混乱するアメリカ、事前警告がなかったと困惑するEUの件などについて。


バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の再選を阻止しようとする民主党代表候補バイデン氏の「失言や物忘れがひどすぎやしないか」という件について。


12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。星座が織りなす神秘のメッセージが、あなたを幸せへと導きます!


米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング