米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


民主党代表のバイデン元副大統領と共和党トランプ大統領の一騎打ち

半年後に控えた米大統領選は、パンデミックのせいで全く予測がつかない状況に陥っている。

 アメリカの8割方の報道機関は、「トランプの最大のセールス・ポイントだった好景気とロック・コンサート並みの大規模な集会をコロナウィルスが潰してくれたので、バイデンの勝算が高まった」と言っている。

 しかし3月下旬、1990年代に民主党上院議員だったバイデン元副大統領の事務所で働いていた女性、タラ・リードさんが、「バイデンからセクハラを受けた」と発言。タラさんはこの体験談を少なくとも6人に話したと言われている。また、1996年に自身が離婚する際、タラさんは夫に対して接近禁止令を求め、それを覆すための元夫の審問で「タラはバイデンの事務所でセクハラを受けたことから職場で問題を抱えていた」と夫が発言していた法廷記録が浮上した。さらにタラさんがバイデンの事務所を辞めた直後の1993年8月に、彼女の母親がCNNの「ラリー・キング・ライブ」の生放送に電話して、「娘が有名な上院議員からセクハラを受け、苦情を言っても請け合ってもらえません。どうしたらいいでしょうか?」と相談した映像がネット上に出回った。が、CNNはこの映像を速やかに抹消した。

カバノー判事のセクハラ疑惑は糾弾し、バイデン元副大統領にはしない

2018年にカバノー判事(トランプ大統領から米最高裁の判事に任命された)をセクハラ糾弾した女性は、証人も証拠もゼロで、さらに親友が「彼女の言っていることは信じられない」と証言した。しかし、それにもかかわらず、民主党の政治家全員とハリウッド・スターたちは、”Believe All Women!”と言い、「全ての女性を信じよ!」、「セクハラを受けたと名乗り出る女性の言葉は全て真実だ!」と主張した。

 しかし、この女性よりも遙かに信ぴょう性が高いタラさんの訴えは、民主党からの副大統領候補を狙うエリザベス・ウォーレン女史、カマラ・ハリス女史を筆頭に、民主党のすべての政治家から無視されている。ハリウッド・スターたちも露骨にバイデン支持を表明し、カバノー判事を糾弾する矛先に立っていたデブラ・メッシング(テレビ番組のスター)に至っては根も葉もない噂を使ってタラさんの人格否定を試みた。

 カバノー判事を糾弾した際には、民主党議員たちは「すべての女性の言うことを信じろ」と言っていたのに、今は手のひらを返したようにタラさんの発言を無視している。これはバイデンを守るための民主党の偽善にほかならない。しかし、これが今回の大統領選において大切な浮動票となる「中道派の女性たち」から、どう受け止められるかが、この選挙における大きな鍵のひとつであることは間違いないだろう。

民主党の女性議員たちの偽善を、中道派の女性たちがどう見るかが鍵

 ちなみに、民主党の顔とも言える女性、オカジオ・コーテス下院議員の偽善には目を見張るものがある。弁護士として30年近い経歴があり、品行方正な紳士として知られていたカバノー判事が糾弾された際には、「セクハラ犯は、ほとんどいつも“まさかあの人が?”という感じなのだ」と主張していたが、「おさわりおじ様」として知られるバイデン元副大統領(その映像リンクは下記)のことは擁護に徹している。

 民主党のこうした露骨な偽善をトランプ大統領陣営がうまく利用して「中道派の女性層」を味方につけ、米経済をある程度まで回復させることができれば、トランプ大統領は11月の次期大統領選で、再び”まさかの勝利”を収めることができるだろう。

参考リンク

タラ・リードの1993年当時の写真
https://medium.com/breakthrough/i-believe-tara-reade-what-now-b05aa1338f30

バイデンにセクハラされたと訴えたタラ・リード
https://www.cnbc.com/2020/05/07/biden-accuser-tara-reade-hires-lawyers-who-handle-harvey-weinstein-victims.html

1996年の法廷記録
https://www.usatoday.com/story/news/politics/2020/05/08/document-biden-accuser-reade-told-ex-husband-she-sexually-harassed/3094342001/

タラの母親、ラリー・キング・ライヴに電話(映像)
https://twitter.com/RichMcHugh/status/1253812727262388224
https://theintercept.com/2020/04/24/new-evidence-tara-reade-joe-biden/

ウォーレン議員もハリス議員もタラを無視
https://www.axios.com/tara-reade-biden-sexual-assault-854e0c07-87a7-4f49-9409-c0ce47ab6876.html

コーテスの偽善
https://twitter.com/SteveGuest/status/1258383025127198723

お触りおじ様バイデン(映像2本)
https://www.youtube.com/watch?v=_H5NJZMDumY
https://www.youtube.com/watch?v=a40LazRXVGI

民主党の偽善を表現するツイート
https://twitter.com/YoVince/status/1258075390385328129

デブラ・メッシングにより被害者批判
https://www.bizpacreview.com/2020/05/03/debra-messing-shares-rumors-about-tara-reade-just-to-smear-her-character-accusing-her-of-stealing-916510

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領による渡航禁止令で混乱するアメリカ、事前警告がなかったと困惑するEUの件などについて。


バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の再選を阻止しようとする民主党代表候補バイデン氏の「失言や物忘れがひどすぎやしないか」という件について。


米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領のお抱え弁護士であるセクロウ氏と彼の家族が慈善団体から約71億円も受け取っていたことについて。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング