Know your friends! その友達は「誰」なのか

Know your friends! その友達は「誰」なのか


 その昔、人々は壁にコードで繋がった黒くて重い物体を使って電話を掛け、紙に手書きで用事をしたためて郵送し、第三者とコミュニケーションを取っていた。その頃は、そうやって人と連絡を取り合っても自己のプライバシーは守られるだろうか?などと心配する人は、ほとんどいなかった。たまたま間違って届けられた郵便物を常識のない輩が開封して読んでしまったとか、映画のように突然スパイの標的にされたりしなければ、当時のコミュニケーションの取り方において、人々のプライバシーは守られていた。

 近頃の私たちの主なるコミュニケーション・ツールの主流が、メッセージ・アプリとソーシャル・メディアであることは言うまでもない。これらは今や、どこにでもある当たり前のものになった。しかし、この便利なツールは非常に便利ではあるものの、昔のコードで繋がれた電話や封書の手紙とは異なり、その頃にはなかった危険も含んでいる。自分が手の中にあるディバイスで、LINEやFacebook、Twitterなどの画面を見ているときには忘れがちだが、これらは世界中にシェアされる可能性があるサービスだ。だからといってパニックになる必要はないが、何も気をつけないのは危険である。少し気をつけるだけで、オンラインと共に生きるライフスタイルを安全に楽しく維持できるので、今回は簡単だが重要なポイントを挙げてみよう。

1)何を心配するべきか?  What is there to worry about?
 現実の生活と同様、オンラインにおいても「誰を自分の友達や仲間にするか」を考慮すべきである。オンラインでコミュニケーションを取る際に潜む危険には、恥ずかしい話を公表されてしまったり、執拗に付きまとわれたり、重要な個人情報を盗まれるなど様々なものがある。オンライン詐欺などを企てる者たちは、日本の「オレオレ詐欺」のように、本人にしかわからない情報を巧みに会話に含みしつつ罠をしかけてくる。そういう輩に個人情報をできるだけ渡さないためには、 友達の名前を語る相手でも「本当にその人なのか?」の真偽を確認してからリクエストを受け入れるべきである。

2)あなたは「誰」?  Who Are you?
 こう書くとバカらしく聞こえるだろうが、自分がオンライン上で本当に「誰」と話しているのかを確認することは、とても重要だ。もちろん最も重要なことは、個人情報が含まれるフェイスブックやラインなどのプラットフォームでは「知らない人からの友達リクエストは受け入れないこと」だ。ウエブサイトの素晴らしいことのひとつが「世界中の人たちと繋がれること」だが、もし例えばあなたに「青森」さんとか「アンダーソン」さんという苗字の知人がいない場合、その苗字の人から届いた友達リクエストへの追加をクリックする前に、自分が友達とシェアしている内容をすべて「この顔が思い出せない人たち」ともシェアしたいかどうかを考えてみよう。もし、あなたがプライバシーに価値をおくならば、この人たちを追加しない方がいい。「青森」さんや「アンダーソン」さんは、あなたとあなたの友人の情報を集めているオンライン詐欺師かも知れないからだ。たとえ自分がオンライン上でシェアしている情報が詐欺師を喜ばせるような情報ではないとしても、頭の良い詐欺師なら各自のタイムラインから非常に多くの情報を得られるだけでなく、オンライン上の“友情”や“コネ”を利用して、あなたの他の友人から信用を得ることもできるのだ。
 悪い人たちの中には、あなたの友達の振りをする人もいる。近頃はオンライン詐欺師たちの中で“クローン・アカウント”を使う詐欺が増えているが、その手口は、ある人のフェイスブックのプロフィールをコピーして“クローン”を作成し、その人の友達全員に改めて友達リクエストを送り、詐欺師からの友達リクエストを受け入れさせるものだ。すでに友達である人から、もう一度リクエストが送られてきたら、くれぐれも注意しよう。そのリクエストには、きっと「これまで使っていたアカウントがなぜか使えなくなってしまったので、改めてリクエストしました」というようなメッセージが添えられているはずだ。そういうリクエストが来たら、それには応答せず、携帯メールやEメールや電話など何か別の連絡方法で本人に確認しよう。もし本人ではなかった場合は、FacebookやLINEに報告すれば、自分だけでなく、他の人たちが被害にあうのを阻止できる。

3)親しくなり過ぎない Don't get too close.
 Facebookには個人用とビジネス用それぞれのページ・セッティングがあるが、ビジネス用を使用せずに個人用アカウントを設定しているブランドやサークル、バンドなどからの友達リクエストには注意しよう。ビジネス用ページは利用者側が「いいね!」か「フォローする」を押すが、個人アカウントからの友達リクエストを受け入れてしまうと、その会社やバンドのメンバー全員が、あなたが親しい友人とシェアしている情報をすべて読めてしまう。そのページの運営元が知人でない限り、企業やグループからの友達リクエストは断る方が安全だ。

4)ちょっとだけ気をつけよう Don't be discouraged, just be careful.
 オンライン詐欺や偽の友達の可能性などという話は気分の良いものではないし、それを怖いと思う人もいるだろう。しかし、現実の世界でも知らない人と出会って信頼関係を構築するためには、いろんなことに気をつけて関係を築いていくわけで、誰と友達になるのかを吟味することはオンラインに限ったことではないわけだ。現実の世界と同じようにきちんと考慮すれば、何かの詐欺や事件に巻き込まれる可能性を高めることなく、人間関係を安心して構築することも楽しむことも出来るだろう。

 次回はプライバシーを出来るだけ安全にシェアする方法について書こうと思う。では、安全で楽しいオンライン・ライフを!

この記事の寄稿者

関連するキーワード


IT業界 Facebook twitter

関連する投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


 1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング