アメリカ次期大統領にザ・ロックを!

アメリカ次期大統領にザ・ロックを!

引用元『Dwayne Johnson for President!』:http://www.gq.com/story/dwayne-johnson-for-president-cover


 プロレスラー出身で、アクション映画俳優としても有名な「ザ・ロック」こと、ドウェイン・ジョンソンが、次期大統領選に立候補したら必ず勝てる人物だと雑誌『GQ』で特集された。ハリウッドのアクション映画シリーズ「ワイルド・スピード」(英題Fast & Furious)などの出演でもお馴染みのジョンソンは、昨年、米フォーブス誌の「2016年 最も稼いだ男優」で第一位を獲得し、推定年収は6,450万ドル(約71億8800万円)だ(ちなみに2位はジャッキー・チェン、3位マット・デイモン、4位トム・クルーズ、5位ジョニー・デップ)。

 ジョンソンは鍛え抜かれた肉体を持つだけでなく、コメディーも演じられる。前向きな性格で話も上手く、はじめて会う人の話も真剣に聞き、話した内容の記憶力が良いことでも知られる。また、米軍兵士への尊敬が高く、軍関係者や退役軍人に多くのファンを持つため、昨年の大統領選ではトランプ、ヒラリー両陣営から推奨を求められた経緯もある(彼はどちらの陣営も推奨しなかった)。

 昨年6月にワシントン・ポスト紙が「可能性のある大統領候補者」をまとめた記事にも名前が入ったが、今回のGQのインタビューにて「大統領選に出馬するために、俳優を辞める可能性はあるか?」との質問に対して、「それは現実的な可能性だと思う」と回答した。

 ジョンソンは黒人プロレスラーだった父の仕事柄、貧しい家庭で育ち、荒れた少年時代を過ごしたが、高校でスポーツに目覚めたことでプロレスラーへの道が開けた。つまり、まさにアメリカン・ドリームを体現したアメリカ人のひとりである。その鍛え抜かれた外見とは裏腹に、高飛車なところがなく、子供たちにも優しく、大勢から好かれている俳優だ。なかでも特筆するべき点は、彼のエスニシティー(ethnicity、民族性)である。黒人とサモア系のハーフという非常に珍しい血統の彼は、多くの人が彼をラテン系ヒスパニックの俳優だと間違えていることにも表されるように、黒人とのハーフにも、ヒスパニックにも、ネイティブ・アメリカンにも、中東や東南アジア系や、見方によってはギリシャ人の血が入っているようにも見える外見を持っている。つまり、アメリカを支えるマイノリティーの代表者として、彼ほどふさわしい候補者はいないというわけだ。

 ジョンソンのインスタグラムには、8.5千万人のフォロワーがいる。同記事は「多くの人々がまさかと思っていた有名人の中から、トランプ大統領が誕生した事実がある以上、トランプより有名なドウェイン・ジョンソンが大統領選に立候補すれば勝利は間違いない」と結んでいる。

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の再選を阻止しようとする民主党代表候補バイデン氏の「失言や物忘れがひどすぎやしないか」という件について。


米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領のお抱え弁護士であるセクロウ氏と彼の家族が慈善団体から約71億円も受け取っていたことについて。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


3
【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【ライフ&カルチャー】会社勤めのコラムニスト デイビッド・アンドリューズ

4
トランスはジェンダーだけではない?

トランスはジェンダーだけではない?

【政治・社会】ビジネス&出版プロデューサー グッドイヤー ・ ジュンコ

5
軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

【ライフ&カルチャー】アメリカ国防総省キャリア カイゾン・コーテ

>>総合人気ランキング