携帯とSNSなしには生きられない人のための新アプリ!

携帯とSNSなしには生きられない人のための新アプリ!

引用元『Meet Binky, the anti-social media simulator』:https://techcrunch.com/2017/06/10/binky/


 昨今のアメリカのソーシャルメディアには悲惨で暗いニュースが溢れ、ランダムに画面をスクロールすると、気が滅入るような記事やフェイク・ニュース、怒りに任せた匿名の酷いコメントなどが飛び込んで来る。「もう悲惨なニュースも、ネガティブなコメントも読みたくない」と思いつつ、それでもすぐ携帯を手に取って画面を開き、ソーシャルメディアを見てしまう人たちの数は相当多いだろう。そんな人々を幸せにする“かもしれない”アプリが登場し、話題を呼んでいる。

 そのアプリの名は「Binky」。Binkyとは赤ちゃんがくわえる「おしゃぶり」、幼児が肌身離さず持ち歩く「お気に入りの毛布」のこと。このアプリは一般的なソーシャルメディア媒体同様、気に入った記事に「いいね!」を押したり、記事にコメントしたり、記事をシェアしたりできる。もちろん記事を左右にスウィープすることもできるが、ひとつだけ一般的なSNSアプリと異なることがある。それは「あなたの反応は一切、世に出ない」ということ。つまり、あなたがどれだけ「いいね!」を押しても、いい記事をシェアしても、怒りのコメントを書いたとしても、世界中の誰もあなたの発言を見ることができない、というアプリなのだ(笑)。まるで宇宙の真ん中で大声を出して叫んでも、地球上の誰にもその声が聞こえないように。

 このアプリを開発したダン・カーツ氏は「最初はただのジョークだった。他に何もすることがないからフェイスブックのアプリとかを見てしまうけど、そこには人々の怒りやストレスや悲しみがいっぱい。でも携帯はいじりたい。だから何かが見られて携帯をいじれれば、それでいいんじゃないかって。これを周囲に話したら案外ニーズがあるかもよと言われて、ストアにアプリを出してみた」と話す。ストアに出した途端、大人気アプリ「Cow Clicker」の開発者が「Binky」を見つけて記事にしたため、あっと言う間に話題になったのである。

 悲惨なニュースは読みたくないが、SNSを見ない生活は考えられない人々を幸せにするかもしれないアプリとして成長していくか、ジョークのまま終わるか、「Binky」の行方に注目が集まっている。

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


 1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング