アメリカでの目的と最終ゴールは?

アメリカでの目的と最終ゴールは?


「アメリカンドリーム」。この国を目指す者にとっては誰しも憧れの思いを胸にしながら、一度はこの言葉を耳にしたことがあるだろう。かくいう私も、かつてはこの言葉に胸にアメリカに渡った一人だ。そんな日本人である私が本格的にアメリカでビジネスを登記した時、最初に移民弁護士に言われた言葉がある。それは「What is your purpose ? What is your final goal?」であった。

 「成功したい!」と私は軽く答えた。この時のことを今でも昨日のことのように覚えている。私は欧州に根を張り、海外と長い間ビジネスを展開していたし、そんな背景もあって様々な事業を通じてアメリカ人とのビジネス経験があったので、こう回答した時点ですでに「アメリカ人のマインド」というものをある程度心得ていた。アメリカ人は「謙遜」や、自らを「卑下」するような遠慮した回答はしない。多くの人が私同様、「成功したい!」という言葉を使って、さらりと意思表示をするだろう。

 なぜアメリカ人はそこまで最初に言い切れるのか。そこにあるものこそが、この国で生き抜くためには必須となる「ポジティブさ」だ。今どんな状況なのかは関係ない。これからどうなりたいかという問いにポジティブに答えられなければ、その時点でこの国では「おしまい」なのだ。

 私は日本人クライアントの方とお話しする際に、毎回最初の席で「あなたの目的は何ですか」ということを投げかけるようにしている。「このリサーチの目的はなんですか?」、「どうしたいですか?」、「どのような結果が欲しいですか?」――これらの質問にどう回答するかを、まずは確認させていただくのだ。

 そこで残念だと思うのは、やはりほとんどの日本企業が謙遜気味という点だ。「様子をみて、相手がよければ」、「とりあえずやる」などと、とても曖昧。本当は素晴らしい目的があって、シンプルなゴールイメージも浮かんでいることも多いのに、日本人はアメリカ人のようには、シンプルに目的や、ビジネスのゴールを語れない。

 日本とアメリカには大きな文化の違いがある。それは今さら言うまでもないだろうし、どちらが良い、悪いの問題でもない。しかし日本人がアメリカでビジネス展開するためには、「どうやって文化的な違いを理解し、アジャストメントするか」は大切だ。簡単に見えるようなことでも、日本では考えられないほどの長いプロセスが必要となることもある。あまりに複雑すぎて、アメリカ人でさえ頭を抱えたり、胃潰瘍になったりする場合もある。アメリカ人でさえ企業の立ち上げをするのに容易でない国で、小さな島国の日本人がビジネスをやろうとするなら、相当の意識改革が必須なのだ。

 また、アメリカには年功序列の文化もないし、男女は平等だ。日本的な縦社会は存在しない。自尊心が高い国民性で、かつアメリカ人はとてもシンプルである。結果をすぐ求めるアメリカ人にあるものは、Yesか Noだ。本音と建前を大事にする日本文化は一旦忘れ、結果を求める姿勢に変える必要もある。そして最初に、議論の「目的」やあなたの「要望」をアメリカ人に示すことだ。これがなければ、アメリカ人を納得させる交渉は出来ないだろう。このような姿勢があってはじめて、アメリカ人は相手を認める。

 私も最初は様々な日米間の違いを理解しきれずに、痛い思いをたくさんした。欧米人とのやり取りに「慣れているつもり」でいたのに、失敗もした。この連載ではそんな有益な失敗談も共有し、皆さんと共にアメリカでの「成功」を目指していきたいと思っている。

この記事の寄稿者

関連する投稿


日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

車があなたの脳波から心の状態を読み取って運転を助けるという夢のような話が浮上している。開発を始めたのは日産自動車。昨今ブレインテック (BrainTech・脳工学)が話題になっているが、日産のこのニュースもアメリ カの自動車産業界で、ちょっとした話題になっている。


英語の投資用語 「こんな簡単な言い方でいいんですか?」

英語の投資用語 「こんな簡単な言い方でいいんですか?」

時間に追われず、望むライフスタイルを実現するための投資家が多いアメリカ。ビジネス、金融、投資英語などのハウツーを交え、稼ぎながら自由を楽しむライフスタイルを紹介する、ケネス・ローレンスの『禅的投資』。新年を迎えて、新しいことを始める決意をした人も多いだろう。決意さえしてしまえば、壁は思っていたよりも低いかも知れない。


日本に居ると分からないアメリカ

日本に居ると分からないアメリカ

シカゴを拠点に、30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南。岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。2017年はトランプ政権発足により、波乱の幕開けであった。1年が経ち、経済はどのように動いているのか。今年を総括してみたい。


英語が母国語の人にとって最も難解な言語は日本語!

英語が母国語の人にとって最も難解な言語は日本語!

アメリカの外交官などを対象にした外国語教育機関、Foreign Service Institute(FSI)の調べによると、英語が母国語の人にとって、日本語は最も難解な言語であるということが判明した。その理由とは?


超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

 日本では非合法だが、アメリカでは国の半数以上の州でマリファナが解禁されている。そのため関連産業も急速に成長し、なかには驚くほど豪華なブティックも登場。その実態を覗いてみよう。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング