人生の時間を最大化する選択をする

人生の時間を最大化する選択をする


 南北朝時代から室町時代を通じて盛行した芸能に「幸若舞(こうわかまい)」がある。軍記ものを題材にして、小鼓などに合わせて詠唱し舞うもので、当時の戦国武将に愛好されたと言う。その中に、平家の若き武将を描いた『敦盛』がある。織田信長が特に好んで出陣の前に舞ったというが、その有名な一節に、 

「人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり」 

というものがある。

 仏教には、欲望に捉えられた世界を六つに分けた「六道」という概念があるが、数千年の命が与えらえている天上界の住人に比べたら、人間の人生は(当時のスタンダードとして)50年ほど。人の世の歳月はしょせん夢幻のようなものだというのが、この一節が意味することだ。

 アメリカでは55歳がシニアへの入り口だ。55歳から会員になれる「全米シニア協会(AARP)」という団体があったり、「55+(フィフティファイブプラス)」という、55歳以上に特典があるプログラムが各種ある。また、55歳以上が入居条件の住宅などは市価よりも割安の値段で購入・賃貸出来たりもする。ほかにも自動車保険、旅行、またファミリーレストランでの割引など、年を重ねた人への特典がたくさんある。

 そして何を隠そう、わたしと妻は今年、晴れて「ピカピカのシニア一年生」になった。

 私たちは、この年を機に人生の次の章を歩み出そうと思っていた。まずは生活自体のダウン・サイジング計画の第一弾として、つい最近、今まで住んでいた自宅を売却した。息子たちも成人し、それぞれの人生を歩み始めているので、これからは「老夫婦」のサイズで暮らせば十分だ。自分たちのライフステージにあった生活基盤を構築し直して、この夏、私たちはお気に入りの愛車、コンパクトなHondaで旅に出ることを計画している。いろいろな場所を訪ねて、落ち着きたい街が見つかったら、そこに落ち着くのもいいかと思っている。私たち夫婦の楽しみのひとつは、各地の図書館でゆったりとした時間を過ごすこと。Wi-Fi環境とパソコンと、投資家としてどこでも収入を得ることが可能な状態を維持できれば、そうした生活を続けていけるのだ。

 私がこれまでの55年で学んで来たことで、皆さんのヒントにもなると思うことは進んでシェアしたいと思う。例えば、外国語を複数使えるようになることなどは特にお勧めだ。私の場合、いくつかの語学が出来ることが大きなプラスになった。言葉の自由はどこにでも旅立てる勇気を与えてくれる。IT技術と仲良くなることで学校経営をオンライン化できたことと、投資の知識を得たことは、場所を選ばないで暮らしていくという新しい決断を可能にした。

 栄養状態が改善され、医療ほかさまざまな技術の発達した今、巷では「人生100年論」も盛んになっているが、それでも人の人生は、宇宙の時間に比べたら儚かなすぎるほど短いものだ。物理的な時間は伸ばせないだろうが、時間を増やすような生き方をして、可能性を広げるコツはあると思う。

この記事の寄稿者

関連する投稿


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。






最新の投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

シカゴを拠点に30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南する、岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。トランプ政権も2年目に突入し、アメリカの好景気が続く中、どのようなビジネスがアメリカに進出しやすいのだろうか?


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング