彼氏に携帯で自殺を勧めた少女に有罪判決

彼氏に携帯で自殺を勧めた少女に有罪判決

引用元『Guilty verdict in U.S. trial tying suicide to teen texting』:http://www.reuters.com/article/us-massachusetts-crime-suicide-idUSKBN19714W


 マサチューセッツ州の裁判所で16日、当時のボーイフレンドに自殺を勧めた少女に故殺罪の有罪判決が下された。2014年に車を発電機に故意に衝突させて自殺したコンラッド・ロイさん(当時18歳)の死亡をめぐり、ミッシェル・カーター被告(20歳、事件当時18歳)が当時のボーイフレンドだったロイさんに送り続けた携帯電話のショートメールによる自殺遂行の勧めが、故殺罪になるか否かと言う点に注目が集まっていた。
 検察側はカーター被告が、被害者を支配することを楽しみ、ボーイフレンドを失った自分に同情が集まることを望んだ結果の事件だと訴えた。一方、被告弁護人はカーター被告が精神疾患薬を服用していたことを強調したが、モニズ裁判長は有罪判決を言い渡した。一旦落ち着きを取り戻してカーター被告に電話を掛けたロイさんに対し、カーター被告が再び車に戻るように促したことが、この判決の最終的な決め手となった。カーター被告には20年の服役が求刑された。
 この判決に対して、ノーザン大学法学部のメッドウェッド教授は「被告の言動は道徳が欠如した酷いものだが、誰かの発言がロイさんの死亡に法的責任を持つかどうかは判断が難しいところ」と懸念を示している。米国50州のうち、40州において自殺を勧めることは罪になると法律で定められているが、マサチューセッツ州にはその法律はない。

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


組織改革:アメリカの作法

組織改革:アメリカの作法

アイスホッケー在米日本人コーチの著者が、プロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユーススポーツの育成やアプローチ方法などをビジネスでも活かせる情報満載でお届け。若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ。組織が大きければ、大規模改革の実施は難しい。しかし、それを断行することで得られるものも大きい。ホッケーを例にしてみよう。


畑を目指す若者たち  ミレニアルが都会の生活を捨てる日

畑を目指す若者たち  ミレニアルが都会の生活を捨てる日

アメリカでは農業を目指すミレニアル世代たちが増えている。高学歴、安定した収入と都会の暮らしを捨て、農業に従事する彼らの抱える現実とは?


シリコンバレーの夫婦のカタチ

シリコンバレーの夫婦のカタチ






最新の投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング