アメリカの大学受験:審査基準は人間力

アメリカの大学受験:審査基準は人間力


 アメリカの多くのティーンエイジャーにとって、大学受験は最も大きな関心事であり、目標だ。日本でも大学受験は高校生が乗り越えなくてはならない大きな壁だが、アメリカと日本の大学受験のシステムは大きく異なる。私はこのシステムの違いが、今の両国の若者の在り方に大きく影響していると思っている。

 日本で大学受験といって思い浮かぶ言葉は「センター試験」、「予備校・家庭教師」、「夏期講習」、「赤本」、「浪人」などだろう。学校よりも予備校。睡眠よりも単語の暗記。夏は毎日塾通い。試験は一回きりだから、一発勝負を完璧にするために「その時にどれだけ点数をとれるか」を焦点にした勉強が主流だ。これは私の勝手なイメージもあるかも知れないが、日本の受験生はものすごいストレスとプレッシャーを感じながら日々を過ごしていると思う。韓国や中国でもその傾向があるという話も聞いている。

 しかし、アメリカの審査基準は、ひとつの試験に委ねられるものではないので、一発勝負というわけにはいかない。審査内容は主に5つ。学校の成績、小論文、大学進学適性試験、履歴書、そして推薦状だ。学校の成績はGPA (Grade Point Average) というもので計られる。通常GPAの最高ポイントは4.0 で、大学の成績評価においても同様な測定方法が用いられている 。さらに重要なのは、どんな内容の授業を選択しているかだ。簡単な授業ばかり受けていないか、ちゃんとチャレンジして難しい科目を受けているのか。そこを大学側はしっかりと見ている。

 大学を受験する際には通常、高校4年間 (9年生から12年生)の成績を提出する。その4年間での個人の成長にも重点が置かれ、たとえば、9年生の時の成績がどんなに悪くても、12年生までに成績がグンと上がっていれば、「この子は成長力の高い生徒」だという良い印象に繋がる。もちろん選択した授業の難易度も影響するが、最初は良かったのに最後で成績が落ちていると、怠けた結果だと思われることもあるという。

 2つ目の小論文は、大学が成績の次に重点を置いている項目だ。この小論文(英語ではエッセイ/Essay)は、その年によって変わるテーマに答える形式で、650単語以内にまとめなければならない。与えられるテーマは例えば、"Recount an incident or time when you experienced failure. How did it affect you, and what lessons did you learn?”(今までの人生の中で失敗した経験をひとつ話してください。その失敗はあなたにどのような影響を与え、その経験からあなたは何を学びましたか?)など。650単語で答えるには、なかなか難易度の高いテーマばかりだ。さらにその中に自分の性格や志をわかりやすく、且つ読み手の心に訴えかけるような文章で書かなくてはならない。私の場合は、英語の先生と何度もミーティングを重ねて、1カ月半かけて完成させた。

 3つ目の大学進学適性試験とは、SAT(Scholastic Assessment Test)またはACT(American College Testing)というテストのこと。SATには主に英語と数学のパートがあり、年に数回、同じ日に世界中の国で開催される、合計3時間から4時間の試験だ。アメリカ人にとっても難しいテストなのだから、英語が母国語ではない私たち留学生が苦戦するのは言うまでもない。平均12分の間に大学レベルの難しい読解問題を解くのは時間との戦いでもある。ACTは、このSATに理科を追加したようなテストだが、読解問題などは少し簡単になっている。

  4つ目の履歴書、いわゆるレジュメは「教室の外でどんな活動をしてきたか?」、「夏休みは何をして過ごしたか?」という個人的な活動について問われる。クラブ活動や課外活動について書くのは当たり前だが、それに加えてリーダーシップ・ポジション、受賞したアワードなどを記すこともできる。大学側は履歴書を通して、この生徒が勉強以外にどんな活動をしているのかを審査するのだ。

 例えば成績はトップだが履歴書に欠ける生徒と、成績はトップレベルではないが、サッカー部のキャプテンで夏にはボランティアをしている生徒を比べると、圧倒的に後者の方が人間性の評価が高くなる。もちろん大学にもよるが、「成績は良いが、他にできることがほとんどない」という生徒は、なかなかトップ大学に合格することは難しいのだ。

  最後は推薦状。英語で言うこのレコメンデーション・レターは、学校の先生に書いてもらうのが必須。オプションとして、その生徒をよく知る学校外の人物からの推薦状も提出することができる。これは他者からその生徒がどう見られているかをみるもので、エッセイや履歴書とは異なり、客観的な視点でその生徒を判断することができるのが、推薦状の大きな役割のひとつだ。

 ここまでアメリカの大学受験に必須となる項目を説明したが、私がここで一番伝えたいことは、その詳細についてではない。アメリカの大学が、いかに若者の「人間力」を審査するか、についてなのだ。受験審査に学校の成績が含まれているので、毎日ちゃんと学校に行って大量の宿題をやり、自分がチャレンジできる授業を率先して受講しているかは一目瞭然だ。エッセイの審査では、その人の持つ社会性、インスピレーション、問題意識が問われる。履歴書のクオリティーを上げるためにスポーツチームに入る、休みの時にはボランティア活動やインターンシップに積極的に参加する、学校で同好会を自ら立ち上げてみる、先生たちと良い関係を築くことなども重要だ。一発勝負の受験ではないからこそ、多方面において人間力、行動力を高めることが、アメリカの大学受験の成功の鍵なのである。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……


毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは多くの学生たちが使っているアプリ「1 Second Everyday」だ。


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


アメリカの学生のソーシャルライフ

アメリカの学生のソーシャルライフ

アメリカ東海岸の寄宿学校を卒業後、難関コロンビア大学バーナードカレッジに入学した日本の若者は、アメリカの若者をどう見るか? 次世代を動かすアメリカの姿を紹介する光田有希の『取説:アメリカの若者たち』。今回はアメリカの大学生たちのソーシャルライフについて、同じ大学生の視点からそこに息吹く文化を紹介する。


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。






最新の投稿


プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


未来の起業家育成は地域が応援!

未来の起業家育成は地域が応援!

アメリカ全土で、子供のための「起業家教育」プロジェクトが盛んになってきた。全米で最も大きな起業家育成イベントは、「Acton Children's Business Fair」という、地域社会を巻き込んだ子供のための「起業フェア」だ。これは、どのように運営されているのだろう?


成功への選択「家族の肖像」2018年7月13日~7月19日

成功への選択「家族の肖像」2018年7月13日~7月19日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。Netflixが発表した新作の子供向けアニメシリーズ『Super Drags』が、波紋を呼んでいる。その驚愕の内容とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング