注目の雑誌:自己啓発の情報満載『Success Magazine』

注目の雑誌:自己啓発の情報満載『Success Magazine』

アメリカでは「いかにもアメリカらしい」といえるような雑誌がたくさん出版されている。今回取り上げるのは、自己啓発好きにはたまらない情報が満載の『Success Magazine』。アメリカで高みを目指し、社会で成功したい人は必読の雑誌だ。


 アメリカでは「ビジネスで成功したい人」が読む雑誌がいろいろ出版されている。日本でもおなじみな代表的なものには『フォーブス』や『フォーチュン』誌などがあるが、 自己啓発寄りの情報を多く掲載する雑誌に『Success Magazine』というものがある。日本ではあまり知られていない雑誌だが、創刊は1897年。100年以上の歴史をもつ同誌の基本的なテーマは「どのような環境に生まれ育ち、現在の状況がたとえ過酷であっても、すべての人は自ら成功を勝ち取ることが出来る」というものだ。起業を目指す人、キャリアアップを図りたい人などを中心に絶大な人気を誇り、今をときめく起業家たちも、かつてはこの雑誌の愛読者だった……という話もよく耳にする。また、この雑誌では毎回、成功した企業家や有名作家などが表紙を飾るので、アメリカではこの雑誌の表紙になったら「成功者」と社会的に認められるとも言われている。

 雑誌の内容は、話題の人のインタビューにはじまり、起業のアイデア、起業を成功させるための心理学、資産を増やすための情報など、社会的な成功を目指したい人にとって、ありがたい情報が満載だ。また、毎回ついてくる付録のCDも人気が高い。車社会のアメリカでは通勤時間に車内でオーディオブック(書籍を朗読してCD化したもの)を聞く習慣がある人が多いが、著名人の講演や講義が収録されたこの付録CD目当てに、この雑誌を購読する人も少なくない。興味のある人は、まずはオンラインページをチェックしてみるとよいだろう。また、同誌のYoutubeチャンネルでは、アメリカの億万長者でビジネス・メンターとしても世界的に有名なジム・ローン氏の講義なども視聴できる。ここから、あなたも成功のヒントをつかめるかも?

『Success Magazine』
HP:http://www.success.com/
Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/SUCCESSmagazine
年間購読料34.95ドル(毎月1回発行)

この記事の寄稿者

関連する投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

 「ディズニーランドに強烈な競合相手が出来た!」とロサンゼルスに住む人たちが語る場所。その名も「Happy Place」。一体、どんな場所なのだろう?


マインクラフトを自分が作ったコンピューターで!

マインクラフトを自分が作ったコンピューターで!

大人も子供も夢中になるゲーム『マインクラフト』。冒険や物語を自分で作るもの作りゲームとしても知られるが、そのゲームを自分で作ったコンピューターで楽しめるキットが人気を博している。






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング