背中を押してくれた人

背中を押してくれた人


 前回の記事で、私は兄の影響で小学生の頃から海外の音楽・映画三昧で育ったと書いた。しかし、実はそれよりずっと前から私の日常には常に音楽が溢れていたことを忘れていた。母がとても音楽が好きだったのだ。

 私が今の職業についたのは、母から多大な影響を受けたからだと思う。母は私たち兄弟が育った地都市の 保育園の園長だった。ピアノやアコーディオンを弾く母にとっては当たり前のことだったのだろうが、家にはクラシック音楽全集や映画音楽全集など、あらゆる全集が揃っており、幼い私たちは毎日それを聞いて育った。公務員だった母は労音の会員でもあったので、機会がある毎に私と兄を音楽会に連れて行ってくれた。

 それから何年も経つと、私は自分が行きたいコンサートのチケットを自分で購入するようになり、さらに何年か経った頃、縁あって音楽プロモーターとして仕事を始めたのである。

 音楽プロモーターの職に就いたばかりの頃、真面目と善良が服を着ているような父は、私のことをとても心配した。どんなに説明しても、父にとって音楽プロモーターとは“興行師”でしかなく、しかも父のイメージする興行師はなんとも怪しい世界の人間でしかなかった。そんな中で、私の事を信じて、いつも背中を押してくれたのは母だった。音楽好きなこともあって、私が関わったコンサートには、母は都合がつく限り必ず見に来てくれた。ダイアナ・ロス、ジャネット・ジャクソン、スティービー・ワンダー、ホイットニー・ヒューストン、ボーイズIIメン、アース・ウィンド&ファイヤー、そして前回で触れたポール・マッカトニーなど、紙面の関係で他は割愛させてもらうが、いろんな素晴らしいミュージシャンのコンサートを見てもらった。

 当時は現在のようなフェスティバルに参加することが主流ではなく、ソロ・ツアーで長期だと1カ月以上も日本に滞在し、北から南までの主要都市でコンサートを開催するのが主流だった。スポンサーも必ずついて、興行収益は長期滞在の経費をもってしても黒字だった。経済バブルの真っ只中で、私は仕事づくしの毎日を送っていた。


 今は旅することが仕事のような私だが、新入社員として業界に入った頃は、実は社長秘書としてガラス張りの社長室(金魚鉢と呼ばれていた)で 毎日、山のような契約書を読まされる日々を送っていた。苦手だったタイプを打つスピードが、だんだん速くなって来た頃に、もともと現場希望だった私は国際部へ異動できることになった。それから現場に出て、ツアーまたツアー、年末はほとんど武道館か東京ドームで過ごすことが何年も続いた。

 現場に出た頃の私は、とにかく舞台用語の日本語と英語を一生懸命、覚えた。外国人クルーの言っていることをカタカナでメモして、後から辞書で調べてと、日々の仕事について行くのに必死だった。大規模なプロダクションがほとんどだったため、現場にはいつも社外からフリーランスの通訳さんたち(バイリンガルとして育った方々ばかり)を雇っていたが、たまたま大きな現場がいくつか重なって、通訳さんがそばにいないこともあった。そんなときにある現場で、私は外国人クルーがスタッフ用のトランシーバーで話している英語がわからず、リクエストされたものとは別のものを用意するという大失敗をしてしまった。バイリンガルとして育った通訳さんたちのようにはなれなくとも、自分も英語で立派な仕事をして見せると必死に頑張ってきたのに、このたった一度の失敗によって、「ネイティブでも、バイリンガルでもない私が英語を使って仕事をすること」に対して、完全に自信を喪失してしまったのである。それからは、通訳さんがいるところでは、私は英語がまったく話せなくなってしまった。

 自信を喪失した私は休暇をとって実家に帰り、「今の仕事は私に向いていないんじゃないかと思う」と母に弱音を吐き、「英語が話せて当たり前の環境なのに、その状況についていけていない」と気持ちを打ち明けた。それを聞いた母は、努力家である自分の娘をどれほど誇りに思っているか、と優しく話してくれた。そして「もし、あなたが保母さんだったら、私はあなたのような保母さんと一緒に仕事がしたい。あなたがバイリンガルでないのは、小学生の頃に留学させてあげられなかった私たち親の責任で、あなたの責任ではない」と言ったあと、「でも、日本人なのだから英語を間違っても仕方ないじゃないの? 逆にバイリンガルの方々から学べることが大きいから羨ましい。それに単に言葉がうまく話せる人より、心根の優しい人の言葉の方が心に響く。言霊よ。自信をもって、これからも素敵な音楽を紹介し続けて」という言葉をかけてくれた。
 
 この母の言葉に、私は救われた。今、そのことを思い出しても鳥肌が立つほど感動し、私は現場に戻ることができた。母の言葉が私の歩む道に多大な影響を与え、そして私は今も音楽の世界で働き続けている。

この記事の寄稿者

日本生まれ、日本育ち。東京を拠点に複数の大手音楽プロモーターに勤務してキャリアを積んだ後に渡米し、2001年にアメリカで独立。ファンクの巨匠「アース・ウィンド&ファイヤー」(Earth, Wind & Fire)のツアー・マネージャー兼プロモーター、R&Bの女王、メアリー・J・ブライジ(Mary J Blige)のツアー・コーディネーターなどを長きに渡って歴任。ビッグネームたちの舞台には欠かせない存在として、本場アメリカの一流の現場で活躍し続けている。音楽業界のほか、スポーツをはじめとする大型国際イベントなどのプロモーターとしても定評がある。ビジネスの現場はアメリカのみならず、日本、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリアなど世界中。世界のエンターテインメント市場で一線を走り続けている、数少ない日本人の一人。

関連するキーワード


エンタメ業界

関連する投稿


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ウォルト・ディズニー社が映像業界大手の21世紀フォックス社との合併交渉を締結、約7兆9,000億円を支払ったことが業界最大の変化の到来だと話題を呼んでいる。この買収により、ディズニー社は大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」などを持つ21世紀フォックスをはじめ、人気映画の権利や、Foxアニメーションの映画部門やテレビ部門も獲得した。


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。


日本版統合型リゾート「IR」への指針

日本版統合型リゾート「IR」への指針

巨大カジノホテルがひしめくラスベガスは世界一の観光都市とも謳われる。その地で観光産業のノウハウを学び、職を求めて体当たりし続ける著者が綴る等身大体験コラム、塚原ミキヒトの『ラスベガス就活奮戦記』。日本のカジノ構想を語る上で、最も重要なのは統合型リゾートIR(Integrated Resort)の実現ではないだろうか?


ベガスのホテル、利用客に気付かれずに銃刀を探知するシステムを採用

ベガスのホテル、利用客に気付かれずに銃刀を探知するシステムを採用

ラスベガスが位置するネバダ州では公共での銃所持が合法だが、ラスベガスの各リゾートでは館内での銃やナイフの所持を禁止している。銃保持者の権利と、館内での安全を同時に守るために、ホテル側が考えた秘策とは?






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング