いらないものは何でもお金に変える! アメリカ・不用品処分トリビア

いらないものは何でもお金に変える! アメリカ・不用品処分トリビア

アメリカ人は総じて商魂たくましい。「売れるものは何でも売る」のはアメリカで生活する人間の鉄則だ。では、どんな方法で不用品をお金に変えるのか? 今日はアメリカの不要品処理の仕方に迫ってみよう!


 日本でも洋服やバッグ、宝石などのアクセサリーで状態のよい不用品は、リサイクル・ショップやフリーマーケットなどを利用して、売ってお金に変えている人はいるだろう。しかし家具など大型の不用品に関しては、市町村に大型ごみ手数料を支払って回収してもらうか、有料業者に頼んで処分するのが一般的で、売るどころか引き取ってもらうのにお金がかかることは周知の通りだ。
 アメリカでも不用品を処分するのにはいくつかの方法があるが、お金を誰かに支払って回収をお願いするという発想は少なく、逆にお金を「もらう」のが一般的だ。今日は日本にもあるリサイクル・ショップの活用などは除外し、「いかにもアメリカ的」と言える方法のいくつかを紹介しよう。

1) ガレージセール
 ガレージセールとは、自宅の前庭や車庫の前にいらなくなったものを並べて、自宅前を「商店化」して、不要品を売りさばく方法。新品に近いキレイな食器や洋服だけでなく、どう見てもガラクタにしか見えない物や、そもそもの使い道が不明な物体まで、とにかく何でも並べて売ろうと試みるのがアメリカ流。晴天が続く夏場の週末は、ガレージセールを行う人の数が増える。家の近所に手書きの看板を数か所おいて、ガレージセール実施を告知するのが一般的だ。

2) Goodwill
 Goodwillとは世界17カ国にある、障害者やホームレスの人々など社会的に不利な立場に置かれている人々が働けるように無料で職業訓練をしたり、雇用サービスを行う非営利団体で、全米の至るところにある。団体を運営していくために大型リサイクル・センターを併設しており、誰でも安価で家具や古着を購入できる。そのリサイクル・センターでは、大型の家具でも何でも、そこまで持っていけば引き取ってもらえる。かなりボロボロの家具でも、回収を拒否されて突き返されることは、ほぼないに等しく、集めた不用品はセンター内で格安で販売される。ここには不用品を売ることはできないが、「寄付」という方法を取るため、不用品を持っていくと税金控除の対象になる。寄付したものを一覧にする紙が手渡され、その相当額によっては税金対策になるという仕組み。寄付を行えば税金の支払額が少しでも減り、しかも非営利団体の運営にも役立つからと、不要物はゴミに出すのではなく、Goodwillのような非営利団体のサービスを利用するのがアメリカ人の常識だ。

3) 「THRED UP」の利用
 不用品をお金に変えるためのサービスは、ネット上にも複数存在する。その中でも「THRED UP」は、便利な古着転売サービスとして急成長した注目株。ネットでオーダーすると、不用品回収の専用袋が送られてくるので、その袋の中に不要な服を詰めて送るだけ。商品の販売は、完全代行でTRED UPが行ってくれる。販売手数料は売上代金から引かれるものの、eBayなどのように自分で写真撮影から発送まですべてを取り仕切るものよりも簡単に不用品が売れるので、面倒なことが苦手な人にはぴったりのサービスだ。誰でも簡単に利用できる手軽さが人気に火をつけ、今や全米最大のオンライン古着販売サイトにまで成長を遂げている。
「THRED UP」:https://www.thredup.com

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ人 新サービス

関連する投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


大声で歌っても同居人に迷惑が掛からない優れモノ

大声で歌っても同居人に迷惑が掛からない優れモノ

「人目を気にせず、大声で歌いたい!」、「上司の悪口を大声で叫びたい」などと思っても、それをする場所に困る人が多いはず。そんな世界共通の悩みを解消してくれる、お手軽グッズを紹介しよう。これで部屋の壁の薄さを心配することなく、大声で歌って日々のストレスを解消できる?!


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング