アメリカでは13歳で合法的に結婚できる!?

アメリカでは13歳で合法的に結婚できる!?

引用元『Why It's Still Legal for Underage Girls to Marry in the U.S.』 :https://goo.gl/fM6k5w


 日本では法的に結婚が許される年齢は現在、男性が18歳、女性は16歳だが、男女ともに18歳にすることが審議されている。ところが、アメリカでは多くの州で未だに13歳の少女の結婚が法律で認められているというのだから驚きだ。

 現在アメリカ50州のうち、27州で結婚年齢に制限がなく、9つの州では16歳以下の結婚が認められている。これを変えようという運動が全米各州で起こり始めており、コネチカット州では最近、16歳以下の結婚を禁止する法案が州議会において満場一致で可決した。またカリフォルニア州では、未成年(18歳以下)の結婚を全面禁止する法案が、未成年であっても裁判所による詳細な調査を経た上で許可されるという条件付きで可決。一方で、ニュージャージー州では18歳を結婚合法年齢にする案が議会を通過したものの、クリス・クリスティー州知事が拒否権を発効した。

 ニューハンプシャー州においても、合法的結婚年齢を現在の13歳から18歳に上げる法案が3月に州議会にかけられたが、共和党によって否決されている。共和党議員は反対の理由を「アメリカ人は17歳で軍隊に入隊できる。軍隊で命をかけて戦えるほど大人だが、結婚できるほど大人ではないとは言えない」と述べている。 

 法律の専門家によるとアメリカの婚姻法の多くは18世紀に作られたものを源泉にしており、当時の婚姻の条件は年齢や当人同士の合意ではなく、性交渉が合法かそうでないかで決定されるものだった。このような歴史的慣例や現代の社会的習慣、法的拘束などが、婚姻法の変更を非常に困難にしているという。結婚合法年齢の引き上げは一見すると当然のように思えるが、さまざまな文化、習慣、宗教などが複雑に入り混じったアメリカでは、一朝一夕にはいかないようだ。

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


過激な性教育プログラムに揺れるサンディエゴ

過激な性教育プログラムに揺れるサンディエゴ

カリフォルニア州サンディエゴの公立中学校で取り入れられる予定の性教育プログラムの内容が「度を越えており問題がある」と炎上している。学校で教えるには相応しいとは言えない内容のカリキュラムに対して、反対派の教員や親たちは、日々デモを行っているというが……。


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


絶叫&爆笑必須! 世界一シュール(かも知れない)動物園

絶叫&爆笑必須! 世界一シュール(かも知れない)動物園

シアトルから車で数時間、オリンピック山脈の麓の街スクイムにある「オリンピック・ゲーム・ファーム」。アメリカでも知る人ぞ知る穴場だが、これほど動物との距離が近い動物園はなかなかない?


超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

 日本では非合法だが、アメリカでは国の半数以上の州でマリファナが解禁されている。そのため関連産業も急速に成長し、なかには驚くほど豪華なブティックも登場。その実態を覗いてみよう。






最新の投稿


同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は「男性同士のカップルに対してウエディング・ケーキを販売することを拒否したベーカリー」の側を支持する判決を“米最高裁判所”が出したことに対して、憤るリベラル派の意見を伝える


成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

世界最大規模の広告関連の祭典、「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル2018」。 今月24日まで開催中だが、米Appleが、すでに「Music部門」と「Brand Experience & Activation部門」の2部門でグランプリを受賞し、注目を浴びている。


女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている


イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

宇宙ロケットや高級電気自動車開発などで世界に話題を振りまく実業家イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社ボーリングが、米シカゴ市の新交通システムの入札で交渉権を獲得。同市の市街地と空港間に地下トンネルを作り、電動ポッドを走らせる正式交渉に入ることが決まった。もし完成すれば空港と市街地をたった12分で移動できることになる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング