訴訟大国アメリカでの心構え

訴訟大国アメリカでの心構え


 アメリカにいると、よく耳にする「Sue (スー)」という単語。日本語に訳すと「訴訟を起こす」になる。

 アメリカ人は「訴える」ということを簡単に口に出す人たちだということを、今日は皆さんにお伝えしたい。訴訟大国のアメリカでは、自分の身は自分で守るのが当たり前だ。納得のいかないことがあっても、困った事態に追い込まれても、すべて「自己責任」で処理しなければならない。だから、何かが起こった場合に最初にすることは「訴訟のプロ探し」なのである。アメリカで訴訟にのぞむためには、この国の法律の背景を完璧に理解できる、痛々しいほどに機械的な弁護士を味方につけることが必須である。

 特にビジネスをしている人であれば、お抱えの弁護士がいるのが通常だ。日本で弁護士を雇うと聞くと、なにか「物騒なこと」でも起きたような恐怖を覚えるかもしれないが、この国では弁護士を雇うことは一般的だ。しかも弁護士ごとに専門分野があるために、ケース・バイ・ケースで雇う弁護士を変えることも一般的である。様々な問題を相談できる「なんでも弁護士」に加え、会社法務専門や財務の弁護士、離婚弁護士、事故で怪我をした時の弁護士、移民弁護士など、専門をあげたらキリがない。 人口約3,985万人のカリフォルニア州だけでも今年6月時点で18万9500人以上のアクティブな弁護士がいるのだから、どれだけ多いか想像できるだろう。アメリカは契約社会で、口約束などあり得ないため、「言った、言わない」の議論を後からするなどは、もってのほかである。書面上の合意は何よりも重要であり、それがなければ何も先には進まないことを覚えておいてほしい。

 弁護士たちは、依頼を受けると「この訴訟をどうお金にするか」を考える。法律と向き合い、言いたい放題の喧嘩をする。訴訟に勝てる弁護士は優秀とみなされて、弁護士費用が高くなる。1時間平均$300〜の時給チャージに加え、高額な成功報酬を請求する。このように「儲かる仕事」だからこそ、この国には弁護士がやたらと多いのだ。弁護士は頭がいいだけではなく、口が達者であることが優位になるので、そうした資質がある人はプラスになる。この訴訟大国では、いかに自分が言い分を言い切るか、理由や言い訳を上手に口で説明して納得させられるかがお金の%を決める鍵となる。「言った者勝ち」とはよく聞くが、口で攻めてポジティブに持っていくことは、ビジネスの世界でも有効に使われている。

 ちなみに私が過去に経験した「言ったもの勝ち」は、運転中の罰金だ。本来は$900の罰金を取られるケースだったのを、過去すべての保険の内容のコピーなど、基本的な書類の提出に加え、法廷でことの経緯や諸々を裁判官に大きな声で訴え続けたおかげで、最終的に罰金を半額の$450にまで下げることができた。この国では訴訟を起こされて法廷に行ったとしても、置かれた状況を自分のプラスに持っていく姿勢や、自分には非がないと言い切ることがとても重要だ。口頭で話をポジティブに変えるのである。補足すると、そういう「言い切り」や「議論」に勝つ訓練というのは、この国では小学校の授業にすら取り入れられている。アメリカ人は議論に慣れている。後から移民する人は、それを前提に日ごろからディベート(議論)訓練が必須だろう。

 冒頭でアメリカでは全てが「自己責任」と書いたが、市民サービスと思えるものでも、アメリカではそれを利用する判断は「自己責任」だ。例えば、この国では病気になって救急車を呼んで病院に行くだけでも大金がかかる。救急車はタダではない。州によっては、救急車の利用料金が2000ドルの場所すらある。2000ドルを支払いたくない人は、どんなに具合が悪くても自分で運転して病院に行くのが常識なのだ(交通事故で駆けつけた救急車だけは別)。自己責任の国では簡単に第三者に頼ったり、依存できると思わない方がいいということも、覚えておくと良いと思う。

 アメリカでは、本当にくだらないことでも訴訟を起こす人がいるので、「それはあり得ないだろう」と思うようなことでも訴訟を起こされる危険性があることはお忘れなく。マクドナルドで買ったコーヒーを勝手にこぼして火傷(実際には超軽度)した人が同社を訴えて多額な賠償金を得た話あまりに有名だが、そんな信じられないような訴訟が起きるアメリカでは「何かあったら弁護士に直行」を徹底してほしい。

ビジネスに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


シリコンバレーの成功者に聞く。Marvell Technology Group創設メンバー ガニ・ユスフ氏 前編

シリコンバレーの成功者に聞く。Marvell Technology Group創設メンバー ガニ・ユスフ氏 前編

IT業界の世界的聖地とも言えるカリフォルニア州のシリコンバレー。この地に在住して10年、元NFLチアリーダー齋藤佳子がシリコンバレーの見逃せない情報や、地元に飛び交う噂話などをお届け。今回はMarvell Technology社の創業メンバーのひとり、ガニ・ユスフ氏に独占インタビュー。ビジネスを成功させる秘訣を聞いた。


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?






最新の投稿


成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はトランプの支持者が多い、オートバイのハーレーダビッドソン社が海外へ移転せざるをえない結果を作ったトランプ大統領が、同社を攻撃している矛盾について。


プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


未来の起業家育成は地域が応援!

未来の起業家育成は地域が応援!

アメリカ全土で、子供のための「起業家教育」プロジェクトが盛んになってきた。全米で最も大きな起業家育成イベントは、「Acton Children's Business Fair」という、地域社会を巻き込んだ子供のための「起業フェア」だ。これは、どのように運営されているのだろう?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング