アメリカでウケる日本の意外なモノ① 消しゴム

アメリカでウケる日本の意外なモノ① 消しゴム

アメリカの子供たちの間で、秘かに人気を集めている「IWAKO」という名のおもちゃがある。子供たちがねだる「IWAKO」とは何なのか。大人は知らなくても、アメリカの小学生の多くが普通に知っている商品らしい……。


 この「IWAKO」は、実はおもちゃではない。正確にいうと「消しゴム」だ。しかも、日本でもよく見かけられているはず。なぜなら「IWAKO」とは消しゴムの名称なのではなく、日本の消しゴムメーカー、株式会社イワコ―のことなのだ。つまり、この商品は日本製なのである。

 株式会社イワコ―が販売する消しゴムのシリーズは、アメリカでも非常に人気が高く、最近はコレクションする子供たちも増えているという。犬や猫などの動物、果物やケーキなど食べ物の形をしたものなどがあり、アメリカ製にはない細やかで可愛いらしい造りが、アメリカの子供たちの心を虜にしている。ほとんどのアメリカ人の子供たちは、この商品を消しゴムとしては利用しない。あくまで、小さな「フィギュア」として楽しんでいるようだ。文具コーナーに置いてあるよりは、おもちゃ屋、あるいは書店での扱いが主流ということもあって、そもそも「これは、消しゴムだ」と認知していない子供も多いと推測される。

 ちなみにアメリカの子供たちの発音は「イワコ―」ではなく、「イワコ」に近い。そして、「ワ」に強いアクセントがつく。IWAKOは、たいていは店のレジ横に置かれている。値段も数ドルということで、子供たちも親におねだりがしやすい値ごろ感だ。通常、とても目立つところに陳列されているので、自然に子供たちの手が伸びる。しかし、アメリカには類似する消しゴムを展開するメーカーはIWAKOだけではなく、日本製以外にも韓国製、中国製の消しゴムもいろいろ出ている。そんな中で、どうして子供たちは「IWAKO」という名称だけを覚えているのだろうか? その秘密は、パッケージにある。なんとこの商材、パッケージの商品名部分が日本語のままなのだ。

 普通に考えたら、アメリカで売るならばパッケージ、特に商品名は英語のほうが親切だと思うだろう。それなのにIWAKOの商品にはデカデカと日本語で「日本製」という文字とともに「動物くんけしごむ」、「雪だるまけしごむ」などの文字が並んでいるのだ。でも、この場合、それがプラスに働いているように思う。なぜなら日本製で、特に雑貨類などに関していうと、間違った英語やアメリカではありえない表現をパッケージに採用してしまったために、意味不明になっている商品が少なくないからだ。これをあえて日本語で商品名を書いたパッケージのままで押し通したことが、このメーカーの商品認知にプラスに働いていることは間違いないだろう。

 日本では広く使われているカタカナ英語を使ったり、ネイティブでない人が行なったとしか考えられない英語訳が入ったパッケージよりも、「そのまま」というのは、直球勝負で潔い。どのパッケージにも、これが消しゴムだとわかる「Eraser」という控えめな文字と、それよりずっと目立つロゴ使いの「IWAKO」の文字くらいしかアルファベットは使われていないため、アメリカの子供たちはそこしか見ない。よって、本当は消しゴムなのに、社名の方が自然に子供たちに認知され、親しまれるようになったのだ。

 同社がそれを最初から意図したかどうかは分からないが、結果としてマーケティング的に成功した売り方となった。すべての商材のアメリカ販売において、この手法が通用するわけではないが、少なくとも「IWAKO=おもしろ消しゴム」という図式で広くアメリカで認知された理由は、「日本語のままのパッケージ」のおかげだろう。

IWAKO HP:http://www.iwako.com/IWAKO/index.htm

起業に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


日本に居ると分からないアメリカ

日本に居ると分からないアメリカ

シカゴを拠点に、30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南。岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。2017年はトランプ政権発足により、波乱の幕開けであった。1年が経ち、経済はどのように動いているのか。今年を総括してみたい。


絶叫&爆笑必須! 世界一シュール(かも知れない)動物園

絶叫&爆笑必須! 世界一シュール(かも知れない)動物園

シアトルから車で数時間、オリンピック山脈の麓の街スクイムにある「オリンピック・ゲーム・ファーム」。アメリカでも知る人ぞ知る穴場だが、これほど動物との距離が近い動物園はなかなかない?


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。






最新の投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング