アメリカ行き航空機、ノートパソコン持ち込み禁止の行方は?

アメリカ行き航空機、ノートパソコン持ち込み禁止の行方は?

引用元『US tells airlines to boost screening, but wider laptop ban on hold』:https://goo.gl/PFxs8b


 米国土安全保障省ジョン・ケリー長官は、航空会社と空港に対し、これまでよりもさらにセキュリティー・チェックを強化することを発表した。理由はテロリストの多くが空港関連をターゲットにしているためで、「敵は爆発物だとわからないように機内に持ち込む方法や内部の人間を仲間に入れる方法、そして、どうやって航空機をハイジャックするかということだけを考えている。我々は間違いを犯すことはできない」と話した。

 新しく導入するセキュリティー・システムでは、乗客スクリーニング、爆発的な検知の強化などに加え、空港関係者内部のテロ犯行の可能性を阻止するため、空港職員へのスクリーニングも強化する。世界105カ国180航空会社、280空港を出発するアメリカ行きの約2,000旅客機に対して試行する予定。今年3月、テロリストがノートパソコンのバッテリー部分を爆発物に改造して機内に持ち込むことを防ぐ措置として、ノートパソコンの手荷物禁止令が主に北アフリカと中東国の8つのイスラム系国の航空会社に出されたが、パソコン手荷物禁止令を全面導入することは、とりあえず見送られる方針。

 強化される新しいセキュリティー・システムについて、航空会社が期限内に受け入れることを拒んだ場合は、手荷物だけでなく、預け荷物にもノートパソコンを入れることを禁止し、場合によってはその航空会社の旅客機のアメリカへの乗り入れ全面禁止を考えているという。この動きとは反対に、先日まで手荷物禁止令の8カ国の航空会社に入っていたトルコ航空(ターキッシュ・エララインズ)とエミレーツ航空が禁止令から排除された。

航空業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


航空業界 テロ

関連する投稿


空への夢の始まり12――いよいよ空へ! 初めての体験操縦

空への夢の始まり12――いよいよ空へ! 初めての体験操縦

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。待ちに待った体験飛行。初めて本物の飛行機を操縦することに。そこで感じたのは喜びだったのか、恐怖だったのか?


ネコの毛でシッポを掴む? オバマ前大統領暗殺計画

ネコの毛でシッポを掴む? オバマ前大統領暗殺計画

郵便物に爆発物や危険物を忍ばせてのテロや嫌がらせ行為は、それを企てるような輩の常とう手段。オバマ元大統領も在任中、爆弾をしかけた郵便物を受け取ったことがあるが、犯人は思わぬところに足跡を残していた……




空への夢の始まり11――大陸横断の観光旅行

空への夢の始まり11――大陸横断の観光旅行






最新の投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング