日本からのアメリカ移住。そこで出会ったアメリカの料理たち

日本からのアメリカ移住。そこで出会ったアメリカの料理たち


 私(=麻子)がアメリカと日本を行ったり来たりするようになって、はや30年。人生の大半をアメリカで暮らしていることになる。東京郊外の一般的な日本の家庭に育ち、近くにあった農園に野菜や果物を買いに行くのが大好きで、父の出身地である千葉で春にはノビルやセリを摘み、料理上手な母の美味しい手料理を食べて、私は育った。友人たちは、うちの家族を狩猟民族とからかうが、イチゴの季節にはイチゴ狩り、サクランボの季節になればサクランボ狩り、そして桃狩り、ナシ狩り……。魚釣りも含めれば、父と私は一年中、自然の中で食べるものを採っていた。そんな育ってきた背景も関係しているのか、今はワシントン州シアトルの外れの環境問題と農業教育施設で「環境と身体に優しい料理」を提供するキッチンを任されている。

 アメリカで最初に住んだ町はアリゾナ州ツーソンだった。アメリカのことなんて何もわからずに渡米して、言葉もできないまま公立高校に留学した。当時のツーソンはこれといった産業がなく、スーツを着て出勤するのは銀行員と中古車販売員くらい。ホームスティで私を受け入れてくれた家族も右に同じで、怪我をきっかけに主夫をしていたホスト・ファーザーと、日本人のパテシエだったホスト・マザーは、日本ではあまり見ないトレーラーハウスで慎ましく生活をしていた。あまり裕福ではなかったけれど、とても仲が良いご夫妻。ホストファミリーにはすごくお世話になったけれど、料理はお世辞にも美味しいと言えるものではなく、驚きの連続だった。玉ねぎと牛ひき肉を炒めたものに、キャンベル社の缶のトマトスープを加えて、茹でたエッグヌードルを和えたグヤーシュ。箱に入ったピザ生地の素を使って作ったタルトのような生地に、缶のソースとサラミやチーズをのせて焼いたピザ。たしか、「今日は特別料理だ」と出されたグヤーシュを目の前に「グヤーシュはハンガリーの食べ物で、トマトとかパプリカとかたくさん入ったビーフシチューではなかったか?」と困惑したり、「ピザの生地ってイーストが入っていたはず?」ど、母が教えてくれた美味しいものの記憶が時折頭をよぎったが、慣れと若さは怖いもので、すぐに出された食事が美味しいと思えるようになった。

 その後、大学に進み友人も出来て、そのご家族と食事をしたことも度々あるけれど、料理と呼ばれるものは缶を開けて、瓶を開けて、袋を開けてというものがほとんどだった。硬くて使いにくいまな板に、今まで慣れ親しんだ三徳包丁とは程遠い、切れないナイフ。この国には家庭料理は存在しないと思っていた。

 それが変わったのは今の主人、ジャックの家族に出会ってからだ。私の姑はアメリカ南部で生まれて育ち、サウスキャロライナの名士でとても保守的な男性と若くして結婚した。姑はよく「若かったから分からなかったマナーや、南部の主婦としてのハウスキーピングの基礎を主人の家族に叩き込まれたの」という話をする。その姑と義姉、主人のジャックは1990年代にシアトルでは未だ普及していなかったリンゴなどの濃縮果汁を砂糖の代わりとして調理をするシュガーフリー・ベーカリーを経営していた。そんなこともあり、サリバン家の食卓には晴れの日も雨の日も手作りの料理が並んでいて、アメリカにもこんな家庭があるのだと感激した。

 次回は主人ジャックにとってのアメリカ料理について書こうと思うが、彼曰く、南部の野菜料理はクタクタになるまで煮込んであるので、それが野菜嫌いになる原因、とのことだ。そういえば、アリゾナでも野菜といえば缶のコーンや、クタクタで不味い冷凍のミックス・ベジタブルだった気がする。南部アーカンソー州出身の同僚の話を聞くと、南部の食生活はあまり変化をしておらず、未だに野菜嫌いの人が多いとのことだが、シアトル近郊では野菜の消費量もオーガニック農場の数も確実に年々増加しているし、調理方法もバラエティーに富んできている。ウォールマートやターゲットと言った生鮮食料品よりも加工品に重点を置いた大型スーパーが今なお台頭し、利便性が重要視されるアメリカ。たぶん、まだあの缶詰のトマトスープで作った料理をグヤーシュだと思っているアメリカ人は数多いのであろう。だからこそ、この国で安全な食品を使って全てを手作りすることには意義があり、それを多くの人に伝えて行きたいと思うのだ。

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

麻子・サリバン
東京出身。1980年代後半に渡米。大学卒業後、10数年にわたり国際営業の仕事で世界中を旅する。シアトルでの学生時代に知り合った料理人のジャックと2003年に結婚を機に、「食」に関わる仕事をしようと決意。Le Cordon Bleu College of Culinary Art で学んだのち、レストランやケータリング会社での勤務を経て、2012年に21 Acres へ。現在はThe 21 Acres Center for Local Food & Sustainable Livingキッチン・チームの一員。

ジャック・サリバン
シアトル出身。料理人歴30年以上のベテランシェフ。12歳の時にレストランで皿洗いの手伝いを始めてから料理の楽しさに目覚め、シアトル・セントラル・カレッジにて製パン・製菓を学び、その後、Le Cordon Bleu College of Culinary Artへ入学。数々のレストランでの勤務経験を経て、2015年から現職。夫婦ともに料理本収集とマーケット巡りが趣味。

関連する投稿


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。


アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

日本でも大人気のタピオカ・ミルクティー。アイスティーをはじめとするタピオカ入りドリンクの人気がアメリカでも沸騰し、全米に様々な店舗が現れている中、各社が斬新なブランド・イメージや独自メニューを打ち出して競争している。


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。


秋の風物詩はスタバに続け?! 「パンプキン・スパイス風味」のスパム

秋の風物詩はスタバに続け?! 「パンプキン・スパイス風味」のスパム

ハワイや沖縄のソフルフードともいえる「スパムむすび」でお馴染みの缶入りのランチョンミート、「スパム(SPAM)」。食べたことがない人でも、その存在を知らない人は少ないはずだ。そのスパムがアメリカ市場において秋限定で「パンプキン・スパイス風味」を販売すると発表し、「いくらなんでも行き過ぎでは?」とSNSがざわついている。


ヴィーガンが崇める植物製肉「ビヨンド・ミート」の勢いが止まらない!

ヴィーガンが崇める植物製肉「ビヨンド・ミート」の勢いが止まらない!

「健康維持と環境保護ができる代替肉ブーム」が、北米で止まらない勢いを見せている。なかでも、植物ベースの代替肉としてベジタリアンやヴィーガンなどの健康志向の人たちを中心に大人気の「ビヨンド・ミート」は、今年5月に上場して以来、株価が2カ月弱で9倍にまで上昇。一時はIPO幹事行が投資判断を引き下げたほど注目が集まっている。






最新の投稿


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング