運輸保安局(TSA)、乗客の本の中身を確認するだけと約束

運輸保安局(TSA)、乗客の本の中身を確認するだけと約束


 米運輸保安局は、5月からミズーリ州の空港のチェックポイントで紙製品のスクリーニング(検査)を開始し、現在はカリフォルニア州サクラメント支部において本や食品について、これまでよりさらに立ち入った調査を行なっている。
 同調査では乗客は、機内持ち込み荷物から食べ物と印刷物を全て出して、別の箱に入れるよう要求される。捜査官は本の中に何か隠されていないかを調べるだけで、何の本かには注意を払わないという。
 ジョン・ケリー米国土安全保障省長官は、この新しいチェックシステムを全米に適用し、さらにノートパソコンの機内持ち込みを全てのアメリカの出入国を国際線で禁止する可能性をほのめかしている。
 書籍のスクリーニングはプライバシーを覗かれるという不快感や検査に対する疑問を感じる人も多いが、RedとBlueはこの新しいスクリーニングをどう考えるだろうか?

出典 『The Week』
元記事「The TSA is Going to Look Through Your Books but Promises not to Notice What You’re Reading」:https://theweek.com/speedreads/702737/tsa-going-look-through-books-but-promises-not-notice-what-youre-reading

RED: TSA運輸保安局——役に立たないバカ
「TSA: Worthless Fools」

 いつも馬鹿げたことを言うTSAが、今度は俺が読んでいる本を見たいと言っている。もちろん、これはまったく不合理な時間の無駄であり、読んでいるだけで特定の本が自然に爆発するのではない限り、テロリズムの防止には無効だ。
 TSAは乗客の荷物の管理も含め、何の役にも立たない組織だ。たとえば、CNNの報道によると、2010年から2014年の間にTSAは全米の空港で3万点以上の乗客の身の回り品を紛失している。飛行機に搭乗する前にカバンと靴とコンピューターをX線に通したあげくに、この大バカどもは我々の持ち物まで紛失させているのだ。一体、何のために我々はこいつらに金を払っているのだ?
 物事は悪くなる一方で、2015年のTSA操作全般報告によると、秘密捜査員がわざと銃と爆発物を荷物に入れて空港のチェックポイントを通過したところ、TSAの捜査員は70回のうち、なんと67回も見逃している。つまり、たった3回しか危険物を見つけられなかったのだ。

 全くバカげている。TSAなど全員クビにして、セキュリティーチェックは、もっとまともで常識のある地元の空港に任せればいいのだ。


BLUE:あなたが何を読んでいるかくらい、政府はすでに知っている
「Government probably knows what you read already」

 TSAが、実験的な本のスクリーニングを全米のいくつかの空港で開始した。自分が読んでいる本を調査するなんて、政府の秘密のリスト作りをするのに違いないとか、1930年代のナチ焚書と比較したくなる心配性の人もいるかもしれないが、当局はこれを公な方針にはしないと言っている。
 とはいえ、政府の職員が自分の愛読書を調べるという発想自体が、多くの旅行者を落ち着かない気持ちにさせるに違いない。書物のタイトルが元で何かの取り調べの対象にされたらどうなるのか?もしも検査官が読めない外国語の本だったら疑われるのだろうか?機内持ち込み荷物の中にドナルド・トランプの本を入れていれば特別な扱いを受けられるのか?そうなれば、みんながドナルド・トランプの著書を持って飛行機に乗り、トランプは政府における自分の地位を利用して個人的に書籍の販売利益を得ることになるのだろうか?
 残念なことに既に空港では全身スキャン、外国旅行者には指紋確認、その他の強化された保安対策がなされるというこの時代にあっては、おそらく政府は、我々が何を読んでいるかなんてことは既に知っているだろう。
 
 また、もしも旅行仲間に自分の持参した低俗な本がチェックされる様子を見られるのが恥ずかしいなら、これが電子書籍に移行する良い機会になるかもしれない。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

航空業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、先月半ばに現政権が米CDCに対して「多様性」などの用語の使用禁止を通達したことについて、両者が意見を戦わせる。


【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、大統領自身も自らを告発した女性たちの声を聞くべきだと発言したヘイリー米国連大使について、二者が意見を交わす。


トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?


【Red vs Blue】トランプ大統領の北朝鮮政策は飢饉を誘発する?!

【Red vs Blue】トランプ大統領の北朝鮮政策は飢饉を誘発する?!

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はトランプ大統領による北朝鮮への制裁に対して、両者の意見を聞く。






最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング