「Howdy!」使える?!テキサス式のごあいさつ。TPOにあった挨拶方法とは?

「Howdy!」使える?!テキサス式のごあいさつ。TPOにあった挨拶方法とは?


 「Howdy! (ハウディ!)」
 おそらく英語の教科書には載っていないこの単語、皆さんはどういう意味かご存知だろうか? 実はこれ、私も主人と知り合ったばかりの頃には、人にこれを言われてもどう答えていいかわからず、かなり戸惑った。

 Howdyは1680年にイングランド南部の方言として記録されたのが最初らしい(※1)。意味は「はじめまして」を意味する”How do you do”が簡略されたものだとされている(ちなみに今は”How do you do”は、ほとんど死語である)。

 今日ではアメリカ南部の一部、特にテキサス州でよく耳にする言葉として残っている。米国内ではカウボーイが使う言葉だという印象が強いが、実際にテキサスに行くと、これを使っているのはカウボーイだけではないことが分かる。うちの主人もカウボーイには縁のない環境で育った"テキサス人"だが、やはりHowdyを好んで使う。アーカンソー育ちのご近所さんもたまにHowdy!と挨拶してくるので、「テキサスだけ」、「カウボーイだけ」が使用するわけではないようだ。

 “Howdy!” は実際には”Hi!”のように、カジュアルな挨拶に使う場合が多い。従って、”Howdy!”と挨拶されたら、”Howdy!”と返すか、そう答えることに違和感があるならば、”Hi!”と返しても構わない。挨拶はもちろん「微笑みながら」が南部の基本。ちなみにテキサス州にあるテキサスA&M大学では、この言葉が学校の公式挨拶だそうだ。

 前回、サザン・ホスピタリティーは、日本でいう「おもてなしの心」だという話をした。私の経験上、バイブルベルトに住む敬虔なクリスチャン達は、特に穏やかに人の話を聞き、人に丁寧に接する礼儀正しい人が多い。だからサザン・ホスピタリティーが「クリスチャン・ホスピタリティー」に影響されたものと考えるのも自然だと感じる。こうした「おもてなし」の心ある姿勢は、言葉の選び方にも表れている。

 例えば南部では、人を呼ぶ時や呼び止める時に、知らない人には“Hey”ではなく、それよりもずっと丁寧な”Excuse me”、もしくは南部らしく、相手が男性ならば敬称の”sir”(サー)、女性であれば”ma'am” (マァム)を付けて、”Excuse me, sir/ma’am”と声を掛ける(”sir/ma’am”と敬称だけの声掛けも通用する)。
「ありがとう」と言う時も、”Thank you sir/ma'am.” 単に「はい」や「いいえ」と答える場合も、”Yes/ No, sir/ma'am”と言う。これをしっかり使うと、南部では「きちんとした人」という印象を持たれる(ただし、これは南部的な表現なので、南部以外で年上の女性に”ma'am”を使うと、「おばさん扱いされた!」と鼻息を荒くする方もいらっしゃるので気をつけよう)。

 キリスト教の背景から強く影響を受けて使われている言葉は他にもある。白人や黒人という人種を問わず、アメリカでは一般的な表現に、”Bless you”(ブレス・ユー)というフレーズがある。このフレーズを聞いたことがある人は多いだろうが、アメリカでは、これはクシャミをした人にかける言葉として知られている。正確には”God bless you”(あなたに神のご加護がありますように)という意味だが、実際に使っているニュアンスは「お大事にね」という感じだ。スーパーやデパートで買い物中にクシャミをすると、そばにいる人は、それが知らない人でも”Bless you”と声を掛けてくれる。ここまでは、アメリカならどの州でも同じだろうが、知らない人から声を掛けられた後に、「Thank you! 私、花粉症で…」などと会話が始まるのは南部ならではだろう。

 その他にも面白いのは、俗にいう「Fワード(直接的な表記がはばかられる言葉)」の南部版だ。アメリカでは良くも悪くもビックリした時に”F**k”という単語を連発する人がいる。そんな中でも”What the F**k!”という表現はとてもよく使われるフレーズだが、南部ではFワードを使うことを避けて、”What in the world!”や”What on earth!”と表現するのが一般的。ムカついた時に出るような「ちくしょう!」という意味を持つ、”God da*n it!”は、”Good night!”と言い換えられ、失敗したときや悔しいときに出てしまう「クソッ!」という表現を表す”Sh*t!”は、似た感じを持つ”Shoot!”に言い換えられるように、攻撃的だと取られるような品の悪い単語は使わず、言い換えて表現するのが南部流だ。

 言葉使いに気をつけている人達にとって、悪い言葉使いは遠くに聞こえるだけでも気分を害するもの。これは日本語でも同じではないだろうか? 特に子供達のいる場所では悪い言葉は使うべきではないし、南部におけるその辺の気配りは徹底している印象がある。

 なぜか、悪い言葉というものは、どんな言語においても真っ先に覚えやすいものだ。特に若い時には、悪ぶった言葉使いの方がカッコイイと思ってしまう節もあるだろう。しかし、ビジネスシーンや義父母の前など、ふとした時に無意識に悪い言葉が出てしまったら、後の祭りだ。場合によっては取り返しがつかない事にもなりかねないので、普段から気をつけたい。最初から使わないこと、いや、知らないことが一番かも?(笑)

追伸:上記のFワード関連にあげた単語の**部分はご自身でお調べあれ!
※1 https://en.m.wikipedia.org/wiki/Howdy

この記事の寄稿者

 東京都出身。アメリカ人航空機パイロットの婚約者の米本土転勤に伴い、一般企業を退職。K-1 Visa にて渡米したのち結婚。現在、アメリカ南部アーカンソー州在住。移住後はパイロットを夫に持つ婦人の会や、日本語補習学校を通じての活動、現地日本人や移民•マイノリティーへの支援、生活アドバイス、ネット上でのアメリカ生活に関する相談・コンサルテーション、翻訳、通訳、観光案内など、国際線パイロットの夫のスケジュールに翻弄されながらも、さまざまなボランティア活動に力を注いでいる。

関連する投稿


テキサス州で「6才の男の子の性転換」が裁判に?!

テキサス州で「6才の男の子の性転換」が裁判に?!

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。新年の初回はテキサスで行われている裁判、「6才男児はトランスジェンダーなのか、否か」が全米の注目を集めていることについて紹介しよう。


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


米中間選挙:保守派がSNSによる“選挙介入”を恐れる理由

米中間選挙:保守派がSNSによる“選挙介入”を恐れる理由

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、保守派たちはグーグルなどのリベラル派IT企業やソーシャル・メディアによる“選挙介入”を恐れている、という現地からの声をレポートする。


「棚ぼたアメリカン・ドリーム」を手に入れた人たち

「棚ぼたアメリカン・ドリーム」を手に入れた人たち

「あの時、たまたまそこに居会わせなかったら……」。幸運を掴むには努力と運の両方が必要と言われるが、世の中には「棚ぼた」と言われるような成功例も多々ある。今回は、「棚ぼたアメリカン・ドリーム」と言われるケースをいくつかご紹介しよう。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング