トランプ大統領よりCNNを信頼するアメリカ人が多いとの調査結果

トランプ大統領よりCNNを信頼するアメリカ人が多いとの調査結果


 トランプ大統領はCNNをフェイク・ニュースと呼ぶが、アメリカ市民たちは大統領とCNNのどちらを信頼しているのか?
 先日、サーベイ・モンキーが約五千人を対象に実施したオンライン・アンケート、「トランプ大統領とCNN のどちらがより信頼できるか?」では、共和党員は89%がトランプ大統領、民主党員は91%がCNNを信頼すると答え、はっきりと意見が分かれた。成人を対象として同アンケートの回答では、CNNの方がトランプ大統領よりも7ポイント多く、無所属ではCNNが15ポイント上回った。トランプ大統領対ワシントン・ポスト紙とニューヨーク・タイムズ紙との比較では、成人の回答で2紙の方が9ポイント上回った。この結果に対する RedとBlueの感想は?

出典『The Hill』
元記事「Poll: More Americans trust CNN than Trump」
http://thehill.com/blogs/blog-briefing-room/news/340601-poll-more-americans-trust-cnn-than-trust-trump

RED: はいはい、またですか
「I see, Ok, I got!」

 「はいはい、またですか」。この記事への感想は、この一言しか見つからない。ジャーナリストと名乗る人たちよ、いい加減、こうした記事を書くのをやめないか?こんなことを叫び続けたところで、何が解決するというのだ?リベラル贔屓の記者たちが何が何でもトランプが嫌いなのはよくわかった。しかし、もう勘弁してくれと毎日思う。覚えているか、この国の半分が保守であることを。
 だいたい、この調査に協力した人間はどこから選んだんだ?記事の書き方にも悪意が見える。ヘッドラインだけ読んだら誤解を受けるような書き方だが、記事の中でも「89%の共和党員は、CNNよりもトランプが信頼できると答え、91%の民主党員が、その反対の考えだ」と言っている。これがヘッドラインにすべき現実なのだ。大手メディアの主観と感情に基づく報道もどきはもうたくさんだ。

 そう、この国は分裂している。そして分裂をサポートし続けているのは、こうしたアホくさい、とてもジャーナリストが書いたとは思えない低俗の記事に大きな責任があるのだ。


BLUE:大声で叫ぶ者に真実は属さない
「Truth Does Not Belong to the One Who Shouts the Loudest」

 トランプはツイッターで、主要メディアのことを「フェイク・ニュース」だと言い、激しく非難している。彼は何度も、何度も「同じこと」を叫ぶことが大好きだ。しかし、彼が好んで見ているTVチャンネルやウェブサイトには、山ほどの嘘の情報や極めて偏ったニュースが報道されている。それなのに、どういう訳か彼が見ているメディアは彼の怒りを買わない。
 トランプが自分のツイートに対して、インターネット・トローラー(釣り師)を雇って自分のコメントに同調するものや、世論を煽るコメントをする人々を雇っていることは春からずっとニュースになっている。そういう輩たちは決して認めないだろうが、トランプに投票した多くの人が今、メディアへの攻撃や大統領が叫ぶ内容の偽善を知るにつけ、トランプ支持ではない組の仲間に入り始めている。
 CNNの記者が同社の編集規定に従わずに記事を掲載した時、関係した人々は即座に謝罪し、責任をとって辞職した。ところがトランプは、このことを「CNNがフェイク・ニュースである証拠」だとして今も食らいついている。そんなトランプは、自分のスピーチやSNSでナンセンスをまくしたてた時に、国民に謝罪するだろうか? ましてや、辞職を考えるだろうか? 自由で誠実な報道を信じる我々は、心から彼がそうすることを願うだけだ。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

メディアに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、先月半ばに現政権が米CDCに対して「多様性」などの用語の使用禁止を通達したことについて、両者が意見を戦わせる。


【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、大統領自身も自らを告発した女性たちの声を聞くべきだと発言したヘイリー米国連大使について、二者が意見を交わす。


トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?


【Red vs Blue】トランプ大統領の北朝鮮政策は飢饉を誘発する?!

【Red vs Blue】トランプ大統領の北朝鮮政策は飢饉を誘発する?!

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はトランプ大統領による北朝鮮への制裁に対して、両者の意見を聞く。






最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング