トランプ大統領のウェルダン・ステーキ、ケチャップ添え

トランプ大統領のウェルダン・ステーキ、ケチャップ添え


 ドナルド・トランプはステーキが大好きなことは、広く知られている。彼のステーキは、必ずウェルダン(肉の中までよく焼いたもの)。それにケチャップをつけて食べるのだという。彼を中傷する人たちは、これこそが彼が洗練さに欠けている証拠であり、彼は品のない人間だと話す。逆に彼のサポーターたちは、これこそが彼が金持ちでも気取らず、自分たちみたいな普通の人である証拠だという。こうした発言によって、サポーターたちの出身地がどこなのか、僕にはわかる。

 僕が子供だった頃、この国の内陸部に住むほとんどのアメリカ人と同じように、僕の家族はたくさんの牛肉を食べた。 ほとんど毎晩と言っていいほど牛肉が食卓に上った。ハンバーグ、ミートローフ、タコス、スパゲッティ、ローストビーフ、シチュー、それにキャセロール(野菜や肉、パスタなどを混ぜてオーブンで焼いた家庭料理)。フライドチキンやポークチョップは、ときどき食べた。
 家から一番近い海まで、800㎞以上も離れていた。だから僕らは、決して魚介類を食べなかった。唯一食べたのは、パン粉をまぶして油で揚げてある冷凍食品だった。
 牛ひき肉は育ち盛りの子供たちがいる家族には、とても便利だった。安いからたくさん買えるし、タンパク質が豊富に含まれている。ステーキは少し値段が高かったから、僕らは特別な日にだけ食べた。そして、僕らがステーキを食べるときは、いつも焼き方はウェルダンだった。もし、そのステーキの中身がほんの少しでもピンク色だったら、すぐに調理場に戻して焼き直してもらった。僕の父は、いつも、そうやってステーキを食べた。だから、僕の家族も全員そうやってステーキを食べたのだ。

 月日が流れ、親から独立し、僕は内陸から西海岸に引っ越した。ある日、 ある友人の昇進を祝うために、友人たちと皆で高級感の漂う本格的なステーキハウスに行った。僕はいつもの通り、ステーキをウェルダンで頼んだ。それを見た友人たちは皆、失望と残念を混ぜたような様子で「3,000円以上もするステーキに、どうしてそんなことをするのか?」と僕に尋ねた。「そんなことをするなら、スーパーに行って300円のステーキ肉を買った方が良いよ。焼き過ぎたステーキには大した違いはないからな」と言われたが、「でも、僕はウェルダンが好きなんだ」と言った。
 実をいうと、それまで一度も他の焼き方でステーキを食べるなんて考えたこともなかったのだ。「僕らを信じろよ」と友人たちは口々に言った。「レアを頼まなくても良いから、ミディアムに挑戦してみてくれ。もしそれが嫌いだったら、僕らが君のディナーをおごるよ」

 僕は彼らを信じて、ウェルダンをミディアムに変えた。でも、僕は不安でいっぱいだった。子供の頃、肉を生で食べるのは危険だと親から教えられた。致死性の高い細菌は、きちんと処理し、調理をしないと食べ物のなかで成長する。レストランのメニューにさえも、『生や調理不十分な肉、家禽、魚介類、貝、甲殻類、卵は食中毒のリスクが高くなります』と注意書きがしてある。僕はただ不安だったのではなく、正直、怖かったのだ。オハイオ州から引っ越して来た若者が生焼きのステーキを食べるなんて、まるで生卵や生魚を食べるのと同じくらい、想像することさえできなかった。

 僕のステーキが運ばれて来た時、僕はありったけの勇気を振り絞って、一口切って食べた。その切れ端を口の中に入れるのは、すごく困難だった。そして、それを噛むことは、さらに大変だった。が、それを噛んだ時……。一瞬のうちに、僕は前とは違う自分になっていた。そのステーキはすごく柔らかくて、ジューシーで、そして、その味!牛肉がこんなに美味しいなんて全然知らなかった。その日から、いや、その瞬間から、僕はステーキをミディアムレアで注文するようになった。
 今、僕がウェルダンに焼いたステーキを食べるのは、バーベキューをするときか、誰かの家に招かれた際、その家の人がウェルダンに焼いたものを出してくれた時だけだ。それを拒否するのは失礼だから、僕は出されたものはきれいに食べる。そして、乾いた味気ない肉を噛んでいるときは、僕の友人があの夜、あのレストランでどんな風に僕のことを思っていたのか、完璧に理解することができた。

 先日、オハイオ州に帰省した時、僕の両親と近所のステーキハウスに夕食に行った。僕はリブアイ・ステーキをミディアムレアで頼んだ。僕の父は、ウエイターに『いつもの』を持って来てと言った。父はよくその店で食事をするから、ウエイターは父の好みをよく知っている。僕らの食事が運ばれてきた。僕のステーキを切ると、中は鮮やかに赤くてジューシーだった。ふと、父のステーキを見ると、父のステーキも同じように中が赤い。「父さん!」僕は驚いて父に訊ねた。「それ、食べられるの? ステーキはウェルダンでなきゃ食べなかったでしょ?」
「息子よ」と、父は言った。「お前が子供だった頃、正しいステーキの食べ方を教えてあげられなかったことを後悔している。その時は、まだ私も知らなかったんだ。でも、お前が自分でそれを見つけ出したことを嬉しく思うよ。お前はもう立派な大人だ。私がステーキの食べ方を教えるには遅すぎる。でも、他にひとつ教えてあげよう。大人は何かを間違えたとき、その間違えを認める能力を決して失ってはいけない。また、自分はすごく頭が良いから、何か新しいことを他人から教えられることはない、などと思ってもいけない」。
 僕は父の学びの姿勢に感動すら覚え、嬉しくなって父に言った。「父さん、すばらしいアドバイスをありがとう。じゃあ、今度シアトルに僕を訪ねてくれる時には、お寿司を食べに連れて行くよ」

 それを聞いた父は、こう言った。「生魚?それは『この旨いステーキにケチャップをかけて食べてくれ』と頼んでいるのと同じくらい酷い話だ。それは絶対に無理だね」。


※編集部:アメリカではケチャップは子供が好むもの、不健康なものというイメージを持たれているため、塩胡椒や特製ソースではないものをステーキに付けることを揶揄される傾向が強い。また、生卵は衛生面の理由でアメリカで食べることは推奨されていない。生魚を食べる習慣が全くない地域も多く存在する。

食に関する記事 >

この記事の寄稿者

 アメリカ中西部オハイオ州の小さな田舎街に生まれる。オハイオ州立大学に通った後、アメリカ各地を転々と暮らしながら旅をした経験を持つ。これまでに就いた職業は飲食業、ツアーガイド、ミュージシャン、セールスマン、オフィス勤務、物書き、長距離トラック運転手、花屋さんなど多岐に及ぶ。現在はワシントン州にある国際輸送業関連会社に勤務し、平日は会社でデスクワーク、週末は趣味のハイキング、ランニング、写真撮影などに勤しんでいる。料理と食べること、そして自分と異なる文化を知ることが何よりも好き。文化の違いを学ぶだけでなく、共に美しい地球上で生きる者として、その差異の中にも人間として何か共通点を見つけることを常に心掛けている。

関連する投稿


米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領が指名した米連邦最高裁の新しい判事が、多くの米国民が反対する中でも就任したことについて、リベラル派の著者がリベラルの視点から意見する。


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


【Red vs. Blue】トランプ大統領、ロシア疑惑調査文書の機密解除指示を撤回

【Red vs. Blue】トランプ大統領、ロシア疑惑調査文書の機密解除指示を撤回

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が 突然、自身のロシア疑惑調査の機密を解除した背景に関して保守派、リベラル派が意見を交わす。


「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。全米300紙以上の新聞が8月18日、一斉にトランプ大統領を批判する社説を掲載した。そして、この批判への批判もチラホラ……。


メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

常に華やかでスタイリッシュ、カジュアルからフォーマルまで完璧に着こなすメラニア米大統領夫人。現在はアメリカ国籍だが、スロベニアからの移民で、渡米前はその180㎝の長身を生かしてモデルとして活動していた。今日はそんな彼女のファッションにフォーカスを当ててみよう。






最新の投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング