アメリカ南部でビジネスを成功させる「カギ」は、教会にあり!

アメリカ南部でビジネスを成功させる「カギ」は、教会にあり!


 アメリカ南部の人々は人情深く、どんな小さな親切も心にとどめ、こちらが忘れた頃に必ず恩返しをしてくれる義理堅い人達だ。彼らの心は南部という土地の気候のように非常に温かく、他州や他国から来た観光客のことも親切に歓待してくれる。

 しかし、いざ「南部でビジネスをしよう!」となると、状況が一変する。南部の州民はよそ者に対して排他的なところがあり、特にニューヨークやカリフォルニア、ボストンなどの都会の人々や外国人に対しては、根深い懐疑心を抱いている。懐疑心を抱く理由のひとつは、アメリカのメディアが”南部人=無教養な人種差別者”という間違ったステレオタイプを信じ込み、南部の人々を小馬鹿にするような報道をし続けているからだ。それを見ている南部の人々は、「都会の人間や外国人は、自分たちを見下しているに違いない」と思っているのである。

 このバリアーを破って南部で受け容れてもらいたいならば、教会が主催するボランティア活動に参加するのが一番だ。南部の人々はアメリカで最も信心深く、おおかたの住民が日曜には教会に行き、教会が行う様々な慈善活動に積極的に参加している。南部では初対面の挨拶代わりに“Which church do you attend/go to?”「あなたはどの教会に通っているのですか?」と尋ねるほど。教会は日常生活の一部なのだ。

 教会では、中産階級の人も大企業の重役も、保安官も退役軍人も、中小企業の社長も医者も、弁護士も政治家も、”キリスト教の信者”という平等な立場で、様々なバックグラウンドの人々が繋がっている。そのため教会の慈善活動に参加すると、対等な人間関係で、しかもポジティブなネットワークが一気に広がるのである。

 キリスト教徒ではない外国人が教会の礼拝に参加したら少々怪しまれるかもしれないが、教会主催の慈善活動は、宗教や宗派に関係なく、あらゆる参加者を歓迎してくれる。これはイエスが信者たちに語った「良きサマリア人の話」に由来するといわれる。その逸話は、強盗に襲われて半殺しにされ、道ばたに置き去りにされた旅人を、ユダヤ教司祭やレビ族(司祭を補佐した一族)の人間は無視して通り過ごしたが、ユダヤ人の中で地位が低く蔑まれていたサマリア地方の人が、旅人を介護して面倒を見てくれた、というものだ。

 キリスト教徒、特に南部のバプティストたち(プロテスタント最大の教派)は、このa good Samaritan(良きサマリア人)の教訓話が大好きだ。教会に行って、ボランティアで慈善活動に参加したい旨を告げ、“Because I'd like to consider myself a good Samaritan.”「私は良きサマリア人でありたいと思っているからです」と言えば、牧師からも信者からも間違いなく即座に歓迎されるだろう。


 よい意味でも悪い意味でもコネがモノを言う南部でビジネスを成功させたいなら、教会のネットワークをフル活用して、信頼を築き上げよう。訴訟社会のアメリカでは、万が一、詐欺やセクハラなどの濡れ衣を着せられて訴えられた場合でも、南部では「牧師に勝るcharacter witness(性格証人)はいない」ということも忘れてはならない。教会を通じて善意と善行に基づいた人間関係を広げれば、必ず南部でビジネスの勝者になれるだろう。

キリスト教に関する記事 >

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


ムスリムのトランプ支持者たち

ムスリムのトランプ支持者たち

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は大手メディアではほとんど報道されない「イスラム教徒のトランプ支持者」について紹介する


南部では、トランプ大統領は嫌われていない

南部では、トランプ大統領は嫌われていない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、長年アメリカを二分する「人工妊娠中絶手術問題」を、南部在住の著者が一般人目線で、ご近所さんの意見をまとめてみた。


「イスラエル首都エルサレム移転」を福音主義者が支持するのはなぜか?

「イスラエル首都エルサレム移転」を福音主義者が支持するのはなぜか?

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの『アメリカ保守派の考え方』。トランプ大統領が、イスラエルの米大使館をエルサレムに移転する公約を遂行しようとするのを喜んでいる人々がいるという。


「メリー・クリスマス!」と言いたい人は、どうすればいいのか?

「メリー・クリスマス!」と言いたい人は、どうすればいいのか?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。日本とは異なり、多人種から構成されるアメリカでは、12月の挨拶も一筋縄ではいかない……。


英語で「お金」表現する単語あれこれ

英語で「お金」表現する単語あれこれ

時間に追われず、望むライフスタイルを実現するための投資家が多いアメリカ。ビジネス、金融、投資英語などのハウツーを交え、稼ぎながら自由を楽しむライフスタイルを紹介する、ケネス・ローレンスの『禅的投資』。数あるお金を意味する単語の定義の理解については、意外と曖昧かもしれない。今回はそこにフォーカス!






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング