契約社会のアメリカで「信じてはいけないこと」

契約社会のアメリカで「信じてはいけないこと」


 前回のコラムでもお伝たえしたが、アメリカは契約社会であり、何事においても契約書を中心に物事が動く。そのため契約書を作成する弁護士には、最初から細かく全てを伝え、たとえ分厚くなっても、すべてがそこに記載された契約書を作成することをお勧めする。なぜならこの国では、契約書に記載されたことは、それがどんなに細かくても守り、守れない場合には法廷で戦うことになるからだ。

 たとえば、「オフィスのエアコンの風の当たり具合が仕事を害するので、設置場所を3センチ下げるか、もしくは5センチ下げるべきか?」という内容ですら契約書を交わして、その協議を行う。お互いが譲れない場合は、何度も書類が行き来して、最終的に両者がサインを入れるまでに長く時間がかかることもある。

 また、契約書の英文には専門家が“含みを持つ英単語”を巧妙にセンテンスに入れ込んで意図的に文章の意味を曖昧にすることなどもあるので、契約書を読むときは、そういう可能性まで全てを理解して承諾するまで同意するべきではない(サインするべきではない)。

 アメリカで交わす契約書は、どんなものも分厚い。なかでも、アメリカの企業が従業員を雇用する際に各人との交わす契約書などは、気が遠くなるほど詳細な項目が羅列されている。例えば、「オフィスでランチタイムに飲食をした場合のゴミは、オフィスのゴミ箱には捨ててはならず、持ち帰るか、外で捨てるように」などと記載されていることがある。こうした規定があると、従業員たちはランチにジップロックに入れたサンドイッチや、簡単なランチボックスを持参し、ゴミが出ないにする流れになる。そのため、オフィスの環境維持的にも望ましい状況が保てるのだ。

 日本の場合は、口約束でも大体のことは守られ実行されるケースが多い。例えば、「明日電話します」と言った場合は、90%以上の確率で電話がくる。急用などで電話ができない場合は、その旨を伝えるメッセージが送られてくる。しかし、アメリカ人の「明日電話します」は、過去の経験から換算すると守られる割合は20%くらいだ。彼らには契約書に基づいて仕事をするという背景があるので、「口ではなんとでも言える」というマインドがある。何かを言うことでその場を明るくしたり、物事をスムーズに進めたりする。しかし、その「口ではなんとでも言える程度のこと」を、多くの日本人は言葉通りに信じてしまうので、結局物事が進行しない事態になると、信用できないと言い出す。多くの日本人は「アメリカ人に嘘つかれて、騙された」と嘆くが、彼らにとって、何かを適当に言うことや軽い嘘は日常であり、悪気はないのである。

 コミットメント(約束)も容易に信じてはいけない。書類にサインがなされるまでは、「何か言っているな」程度に思って、その言葉に右往左往するべきではないだろう。オーバートークな相手には、最初から契約書という「書面上での討論」にする方が、ストレスが少なくてお勧めだ。

 そして、アメリカ人は証拠があることを信用する。ビジネスシーンで相手を説得する材料として、エビデンス(証拠)が非常に重要であり、目で見えるビジュアルな証拠はアメリカ人への交渉に効力を発揮しやすい。エビデンスは統計や証拠資料などを写真と分かりやすい文章を使って作成しておき、必要であればいつでもiPadなどで見せられる体制を心がけたい。アメリカでは、その話題が出たらいつでもその場で簡単なプレゼンテーションができるように、書類や資料をデジタルで持参しておくことは必須である。

起業に関する記事 >

この記事の寄稿者

 ファッション、美容を中心に、日本とヨーロッパで長年輸出入ビジネスを展開。2008年、リーマンショック直前に日本の拠点としていた輸入会社を大手アパレル企業、株式会社ベイクルーズに売却、翌年2009年よりアメリカで本格的な事業展開をスタートし、ハワイ州にビジネスを登記。その後カリフォルニア州ロスアンゼルスにFundsmedia incを設立した。日米双方に向けての商品開発や販売、マーケティング、コンサルテーション、プロモーション、ライセンス契約エージェント業務など、幅広いサービスを提供。特にビューティー、フードビジネスエリアに関するサービスには定評がある。日欧米というグローバルな土壌で培った長い事業経験と、常に新しい視点でリサーチを重ねたビジネス案、ヒット予測を元に、現在新商品開発にも力を入れている。アメリカでビジネス展開を希望する、日本の個人、企業パートナーも募集中。

関連する投稿


彼の大切なブツは「パンツ」の中に?!

彼の大切なブツは「パンツ」の中に?!

今やアイデア商材の商品化には、欠かせない資金調達法となっているキック・スターター。日々、驚くような商品に資金がついているが、いざ商品化に漕ぎつけても、すぐに市場から消えてしまう商品がほとんどだ。そんな中、サンフランシスコの男性下着メーカーが販売する奇抜な下着は、年々売れ行きを伸ばしているという。


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


シリコンバレーの成功者に聞く。Marvell Technology Group創設メンバー ガニ・ユスフ氏 前編

シリコンバレーの成功者に聞く。Marvell Technology Group創設メンバー ガニ・ユスフ氏 前編

IT業界の世界的聖地とも言えるカリフォルニア州のシリコンバレー。この地に在住して10年、元NFLチアリーダー齋藤佳子がシリコンバレーの見逃せない情報や、地元に飛び交う噂話などをお届け。今回はMarvell Technology社の創業メンバーのひとり、ガニ・ユスフ氏に独占インタビュー。ビジネスを成功させる秘訣を聞いた。


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング