子供が大好きなマカロニ&チーズから中毒性フタル酸塩

子供が大好きなマカロニ&チーズから中毒性フタル酸塩

引用元『Mac and Cheese Powder Tests Positive for Toxic Phthalates』:https://goo.gl/Hj8Xb3


 アメリカの国民食のひとつとも言われている「マカロニ&チーズ」。箱の中に乾燥マカロニと粉チーズが入ったインスタント食品で、長年にわたり様々な品名がついたマカロニ&チーズが全国で販売されている。
 アメリカでは、これを週に何度も食べる子供達も多く、簡単に作れるので忙しい母親たちからの支持も高い。

 しかし、そんな大人気のマカロニ&チーズに使用されている粉チーズの中に、プラスチックの成分のひとつである中毒性フタル酸塩をいう物質が含まれていることが判明した。
 フタル酸塩はプラスチックを柔らかくする作用があり、人工の香料やインクなどにも使われている。食品の容器やパッケージに使われるプラスチックが食品に混入する可能性が高いこともあり、安全食品加工処理連合(Coalition for Safer Food Processing and Packaging)が、マカロニ&チーズ10ブランドのサンプルを検査場で調べさせたところ、10ブランドすべての粉チーズからフタル酸ジエチルヘキシルを含むフタル酸塩が検出されたことが分かった。

 これを食べることによるダメージがすべて分かっている訳ではないが、科学者たちは胎児期にフタル酸塩に触れることは、子供の神経系発達、IQ、学習および記憶力を損なうリスクの増加や、反社会的行動などに繋がるのではないかと懸念している。

 フタル酸塩が使用されている容器を、食品に使用することを禁止してほしいという消費者団体などからの依願に対して、2015年に消費者製品安全委員会(CPSC)が、2016年に米国食品医薬品局(FDA)が考慮することを表明したものの、残念ながらまだそのどちらも、フタル酸塩が使用されている容器の食品への使用を禁止していない。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


健康 食品業界

関連する投稿


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


アメリカの食卓を通して考える、日本の食文化の素晴らしさ

アメリカの食卓を通して考える、日本の食文化の素晴らしさ

オーガニックワインや野菜の生産で有名なシアトル近郊、Woodinville。その街を代表する農場「21エーカース」の料理人、サリバン夫妻が語るサステイナブルな食とは? 『地球に優しく世界を食べよう!』。「アメリカの食」は多様性に富んでいる。それを通して見える「日本の食文化」の素晴らしさとは、何であろうか?


アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。クリスマスになると登場する卵色の飲み物「エッグノッグ」。アメリカ人はみんな、これが好きなのだろうか?


カラダにいいことは、イケメン医師に聞け!

カラダにいいことは、イケメン医師に聞け!

アメリカにも様々なインフルエンサーがいるが、医療界で有名なのは何と言ってもドクター・マイクだ。インスタグラムで火が付き、フォロワーの数260万人強と言う彼の正体は?







最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング