アメリカで成功を掴む第一歩! なぜ第一印象が大切なのか?

アメリカで成功を掴む第一歩! なぜ第一印象が大切なのか?


  前回のコラムで、「シリコンバレーは実力主義で、見た目には無頓着」という話をしたが、今回はアメリカ全般において好まれる「第一印象」について話したい。

 私が経験をしたNFLチアリーダーは「アメリカ女性のロールモデル」と言われている。ダンスのスキルだけではなく、華やかな容姿、コミュニケーション能力、洗練されたファッションなど、アメリカの老若男女が好印象を持つと思われる人材がNFLチアリーダーに選ばれる。

 これまで私は10年以上、「NFLチアリーダーになりたい!」という日本人チアリーダーのサポートや相談に乗ってきた。その経験から、合格するために一番大切なものが何かが分かった。高いダンスのスキルでも、美しさでも、英語の堪能さでもない。それは、「自信あふれるポジティブな雰囲気」だ。

 細かいことにクヨクヨせず、何かあっても笑い飛ばすような大らかさや、自ら夢を掴みにいく積極性など、そういう気質を持った日本人チアリーダーだけが歴代NFLチアリーダーに合格している。

 アメリカ人は、このポジティブな雰囲気というのが大好きだ。私は現役を退いてもう10年以上経つが、49ers時代に培ったポジティブな雰囲気は、今もアメリカでの仕事やプライベートに大いに役立っている。たとえば飛び込みで営業に行っても、話を聞いてもらえることが多い。また、フィットネスクラブでクラスを指導した後は、生徒さんが次から次へと話しかけてきて、なかなか帰れないことがほとんどだ。

 逆に言うと、ポジティブなオーラが出ていない人には、アメリカ人は魅力を感じないので話しかけることもなく、まるでその人がその場にいないかのように扱うことが多い。49ersに入ったばかりのときは萎縮していたので、最初の1カ月はチームメイトの誰も私には話しかけず、自分が透明人間にでもなったような気がした。しかし、私が自分から輪に入ろう、関わろうとチームメイトに話しかけ、自分ができることを探して率先して何かを行ったり、できない英語でも堂々としていたら、徐々にチームに溶け込めるようになった。アメリカにおいて自信や積極性を表に出すことがいかに重要かを、この時に身をもって感じた。

 ポジティブなオーラはパッと見で分かるため、アメリカ人は会って数秒で、「この人と話したいか、そうでないか」と感覚で判断しているように思う。だから、どこの会社に勤務して、どんな役職で、年齢は……というのは二の次。第一印象で相手が人間として魅力的だと感じれば、「この人と話したい」と思うだろうし、ビジネスの場であれば「この人だったら面白い話や製品を持っていそうだ」と思うだろう。

 NFLチアリーダーのオーディションでも、一次オーディションはダンス審査とはいうものの、パッと見た印象の良さをチェックしているチームが多く、ダンスを見るのは二次審査からだ。ビジネスにおいても、プライベートにおいても、NFLチアリーダーにとっても、アメリカでは第一印象は大変重要なのである。

 日本人は穏やかで気遣いもでき、働き者で時間にも正確。また日本製品は、車や電化製品を中心にクオリティーが高いのでアメリカでも人気だ。日本人や日本製品の本質を分かってもらえれば、アメリカで堂々と勝負ができる。しかし、アメリカでは第一印象で、その人自身の魅力(自信)が見えないと、ビジネスで商談へ持って行くことすら難しかったり、採用面接でも当たり障りのない質問で終わってしまったり、恋愛においてはデートにこぎつけられなかったりと、本質を見てもらう機会を失ってしまう。「なるべく目立たないように」、「みんなと同じがよい」、「謙虚に」という教育を受けている私たち日本人には、なかなかアメリカ人に「この人と話をしたい」、「この人をもっと知りたい」という思わせる第一印象を作り出すのは難しい。

 そこで、NFLチアリーダーの経験と長年のNFLチアリーダー受験者のサポートから得た「アメリカで好まれる第一印象のポイント」をお伝えしたい。それは、この3つだ。

①笑顔 =ポジティブなマインドの表れ

 臆することなく笑顔を見せるためには、歯並びが良いことがマストだ。アメリカではホワイトニング剤で歯を白くすることはスタンダード。ガムやミントを携帯して常に口臭ケアもして、いつでも爽やかな笑顔を作れるようにしよう。

②相手の目を見る =偽りのない心を持っている証

 相手の目を見ずに挨拶したり、目を見ずに話すと、アメリカでは不誠実な印象を与える。さらに言うと、「後ろめたさがあるから、人の目を見られない」と解釈される場合もあり、信用してもらえないことも多い。信頼を得たいならば、しっかりと相手の目を見て挨拶をし、話をしよう。

③ピンと伸びた背筋や堂々と胸を張る姿 =内側からの自信の体現

 アメリカ人は「自信溢れる人」が大好きだ。逆に自信がなさそうな人や受け身な人、弱々しい印象の人はあまり好まれない。背中を丸くしているより、胸を張って背筋を伸ばしている人の方が「自信」が表れているように見え、好印象を与える。

 簡単だと思われるかもしれないが、実は夫や友人のアメリカ人達から、「どうして日本人は笑わないの?」、「どうして日本人は姿勢が悪いの?」、「どうして日本人は目を見て話さないの?」と聞かれることが非常に多い。彼らは日本人の本質を知っているからこそ、自信を表に出さない日本人を不思議がるのだ。

 「エレベーターピッチ」と言われるシリコンバレー発祥のプレゼンテーション法がある。エレベーターの前でプレゼン対象者(投資家やクライアントになりそうな企業の人など)を捕まえ、エレベーターが動いている15~30秒の間にプレゼンをすることから始まったプレゼン法だ。上記3つのポイントを押さえていれば、相手はあなたを見た瞬間に「とりあえず話を聞いてみよう」という気持ちになり、「エレベーターピッチ」が非常に有効になる、という情報も付け加えておきたい。

 アメリカ人とビジネスやプライベートで会う機会があったら、是非ともこれを実践して頂きたい。ビジネス、就職、恋愛など、良い第一印象は成功を掴む第一歩なのだ。

ビジネス・テクニックに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

 「ディズニーランドに強烈な競合相手が出来た!」とロサンゼルスに住む人たちが語る場所。その名も「Happy Place」。一体、どんな場所なのだろう?


アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。クリスマスになると登場する卵色の飲み物「エッグノッグ」。アメリカ人はみんな、これが好きなのだろうか?


バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

元トランプ政権のご意見番で、米極右派のリーダー的存在であるスティーブ・バノン氏が、再び自身が率いる右派メディアによるラジオ番組にレギュラー出演することを発表し、次期大統領選に向けてスタートを切った。






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング