とうとう人間の遺伝子改変が可能に。デザイナー・ベイビーも間近?

とうとう人間の遺伝子改変が可能に。デザイナー・ベイビーも間近?

引用元『CRISPR’d human embryos doesn’t mean designer babies are around the corner』:https://goo.gl/oGZcmK


 『MITテクノロジー・リビュー』誌が先月27日に発表した、アメリカの科学者が初めて遺伝子を改変する技術CRISPR(クリスパー)を使って人間の胎芽を遺伝子改変したというニュースが、世界を驚かせたばかり。しかし、これによってデザイナー・ベイビーがすぐに作れるという訳ではない。理論的に作れることが分かっても、人間の遺伝子改変には当然ながら倫理の問題がある。現状、科学界のほとんどは生殖系の遺伝子改変に反対している。

 今回、人間の胎芽の遺伝子を改変したオレゴン・ヘルス&サイエンス大学の自然科学者、シュウクラット・ミタリポブ氏も、それを人間の赤ちゃんへ成長させる意思はまったくないと話している。2015年に中国人研究者たちが胎芽にこれと似た行為をした際には、世界中の科学界の関係者が猛烈に反対し、人間の胎芽におけるCRISPR使用の国際禁止令にまで発展した経緯もある。

 米国の高官たちはCRISPRという技術は簡単に取り扱えるため、バイオ武器として使用される可能性も高く、国の安全に対する驚異になると考えている。また、批評家たちは富裕層がこの技術を使用してデザイナー・ベイビーを作り、理想の子供を手にいれたとしたら、社会の均衡がさらに保てなくなることを懸念している。その一方で、この技術によって致死にいたる病気になることを防ぐことができるため、悪いことではないと考える科学者たちもいる。

 そんな中、ビジネスマンたちの興味は、「誰がこの巨額な価値がつくCRISPR技術の特許を取るのか?」に集中している。現在、この技術の特許は、ブロード・インスティチュート・オブ・マサチューセッツ工科大学&ハーバード大学(the Broad Institute of MIT and Harvard)という研究機関が所有している。しかし先週、カリフォルニア州のバークリー大学が最初にCRISPRの特許を広範囲において提出したのはバークリー大学だとして裁判所に控訴したばかり。この判決が出るのは秋の予定だ。

医療に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


MIT 健康 医療

関連する投稿


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


もう手放せない! ありそうでなかった「ヨガマット」

もう手放せない! ありそうでなかった「ヨガマット」

米ロサンゼルス在住のヨガ愛好家が開発したヨガマットが、全米のヨガ愛好家たちを夢中にさせている。一体、どんなマットなのだろう?


カラダにいいことは、イケメン医師に聞け!

カラダにいいことは、イケメン医師に聞け!

アメリカにも様々なインフルエンサーがいるが、医療界で有名なのは何と言ってもドクター・マイクだ。インスタグラムで火が付き、フォロワーの数260万人強と言う彼の正体は?








最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング