自由の国アメリカで「損すること」と「得すること」

自由の国アメリカで「損すること」と「得すること」


 日本は合理的な国だ。企業の各種サービスや公官庁のサービスに至るまで、生活に関することの全般的にストレス度は低いと思う。例えば、宅急便ひとつ取っても、あの「配達時間の指定ができること」は日本特有のこの上ないサービスである。

 日本の経済や流通は客手市場だ。いかにお客様が満足するかが重要で、市場価格もお客様の志向で決まっていく。日本の消費者には、日本のサービスが当たり前になっている。だから、アメリカでサービスが悪いと嫌な気持ちにさせられても我慢してしまう傾向がある。我慢するのは、きっと相手がこちらの気持ちに気づいてくれるはずだと思うからだろう。

 ところが欧米の場合は、売り手と買い手は同等なので、日本のような客にとっての優れたサービスは用意されていない。ある日本人のお客様がロサンゼルスに来られた際、予約したホテルでチェックインを済ませて部屋に入ると、バスルームにバスタブがなくシャワーのみだったことがあった。その方は、「これだから嫌だよなあ。ホテルの予約の際に、あれほどバスタブ付きでと確認したのに」と言う。それを聞いた私はすぐに、「ここはアメリカですから、言わないと損ですよ!」と忠告した。その結果、彼はホテルのフロントデスクにバスタブが無かった旨を話して、バスタブがあるからここを予約したと言い張り、結果として同じ値段でもっとランクのいいバスタブ付きの部屋に変えてもらうことができた。
 ここで彼が何も文句を言わず我慢していたら、待っていても何も動かず損をしたはずである。

 自由の国アメリカでは、言わなければ何も動かないが、言えば結果的に得をすることも多いのである。「お客様は神様です」という文化の国からアメリカに来ると、「欧米のサービスは打算でひどい」、「クレームを入れても聞きいれてもらえない」とストレスを抱える。しかし、アメリカに来たからには、この事態を少しでも得する方向に持っていくべきだ。

 ここで述べたいこと、それは「得をする=いいものがもらえる」とか、「何もしなくても状況が良くなる」ということではない。大事なのは、「交渉」の必要性だ。アメリカでは、どんなに小さなことでも日常的に交渉し続ける訓練が必要と言える。

 例えば、以前ジムのシャワールームで見知らぬアメリカ人女性に、「洗顔料を持って来るのを忘れたので少し下さい」と言われたことがある。洗顔料はチューブに入っていたので、使用分だけを出すのではなく、チューブごと渡してあげた。彼女はもちろん「サンキュー」と軽く礼を言い、惜しみなくそれを使い、使用後に笑顔でチューブごと返却してきた。ところがある時、同じジムで洗顔料を忘れた日本人の女性を見掛けたが、彼女は何度も洗顔料を忘れた自分を責め続けていた。これでは 誰も手を差し伸べてはくれない。ここはフリーダムの国、アメリカだ。必要なことは誰であろうと、どこであろうと交渉すればいいのだ。洗顔料で顔を洗いたいならば、「忘れたので貸してください」と言えば、知らない人でも貸してくれるかもしれない。

  日本では「言った者勝ち」などと揶揄されるような言動も、アメリカでは失礼だとか、図々しいと思われないことが多い。自分もするし、相手にもされるので、損得の共存があると言っても過言ではないだろう。この国でやっていくならば、さらっと交渉して得をするストレスフリーを目指そう。

ビジネス・テクニックに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回はアメリカでも人気のダイソーで買い出し。1つ5ドルの「イージーシーラー」、値段が安いと大喜びのアメリカ人だったが……


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?






最新の投稿


成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はトランプの支持者が多い、オートバイのハーレーダビッドソン社が海外へ移転せざるをえない結果を作ったトランプ大統領が、同社を攻撃している矛盾について。


プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


未来の起業家育成は地域が応援!

未来の起業家育成は地域が応援!

アメリカ全土で、子供のための「起業家教育」プロジェクトが盛んになってきた。全米で最も大きな起業家育成イベントは、「Acton Children's Business Fair」という、地域社会を巻き込んだ子供のための「起業フェア」だ。これは、どのように運営されているのだろう?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング