住まいのない大学生たち 増加する若年層ホームレス

住まいのない大学生たち 増加する若年層ホームレス


 アマゾン・ドットコムやマイクロソフト本社、グーグルの支社などIT関連企業の進出により全米でも抜きん出て急成長中のシアトルは、ワシントン州キング郡最大の都市である。しかし、その成長の一方で、ホームレスという深刻な社会問題を抱えているのも事実だ。

 エバレット・コミュニティー・カレッジ(州立の短大)の学生、マイケルさん(19歳)は、一見すると普通の大学生だが、実はホームレスだ。ホームレス用シェルターが集まるシアトル市内から、シアトル郊外にある大学まで1時間以上かけてバス通学し、毎日1時間から2時間は歩いて移動している。彼はトランスジェンダーで、母親がそれを受け入れられず忌み嫌ったことから、自身の「身の安全のため」に家を出たのは、今年4月。それからホームレスとして暮らしながら、大学に通っている。学費は連邦政府学生援助(FAFSA)から学生ローンを借りられたが、学業と通学に時間をとられて働くことができないという。「いつもお腹が空いている」だけでなく、シェルターは日々ごとに変わるので、いつも教科書やノートと、着替えと身の回りのものを入れたリュックサックを背負って移動している。

 アメリカでは、マイケルさんはそれほど特殊な例ではない。アメリカの大学生の約半数が安全な住まいの確保ができておらず、コミュニティー・カレッジの学生の2/3が食料の確保に不安を抱えているという調査結果が出ている。それでも彼らは現状から抜け出すため、そして将来のために、大学卒業を目指している。

 黒人でもあるマイケルさんは、若年層ホームレスの典型的な例ともいえる。調査によると、LGBTQ(性的マイノリティー)はアメリカの人口の7%以下だが、2017年のキング郡のホームレスのうち、LGBTQは29%にのぼる。また同じ調査で、同郡の有色人種の占める割合は29%となっているが、有色人種のホームレスの若者となると53%になってしまう。

 ホームレスと聞くと、麻薬や犯罪に直結されがちだが、マイケルさんのように虐待などの理由で家を出て、真面目に学び、努力している若者はとても多い。キング郡には現在、約12,000人のホームレスがいる。これは小さな町の人口に匹敵する数である。大企業の進出で不動産が高騰を続けるシアトル周辺では、住んでいたアパートの家賃が高くなり過ぎて支払えなくなった人々が、シェルター不足でシェルターにも入れず、高架下や公園などにテントを張って生活をしている。その増加のスピードが大問題となっているが解決策は未だに見つからず、テントの数は増え続けている。

貧困層に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカ人との効率的なコミュニケーションの秘訣

アメリカ人との効率的なコミュニケーションの秘訣


カーソン長官また暴言 「貧困は当事者の心理状態に起因する」

カーソン長官また暴言 「貧困は当事者の心理状態に起因する」

引用元『HUD Secretary Ben Carson: Poverty is caused by a 'state of mind'』:https://goo.gl/mIaJYE


海面上昇によりアメリカ国民、内陸部への大移動が必要?

海面上昇によりアメリカ国民、内陸部への大移動が必要?

引用元『Rising seas may force millions of Americans to move inland』:https://goo.gl/nyDo25








最新の投稿


イスラム教徒を守った白人男性2名、白人至上主義者に殺される

イスラム教徒を守った白人男性2名、白人至上主義者に殺される

引用元『‘Brave and selfless’ Oregon Stabbing Victims Hailed as Heroes for Standing up to Racist Rants 』:https://goo.gl/wBGshG


アメリカの情報漏えいに英国警察が警告

アメリカの情報漏えいに英国警察が警告

引用元『British police warn of 'damage' to investigation from leaks』:https://goo.gl/LLRZpe



FirstWorldProblemsと「SMART」を活用して目標を達成する方法

FirstWorldProblemsと「SMART」を活用して目標を達成する方法



アクセスランキング


>>総合人気ランキング