NASA「エイリアンから地球を守る人」募集 年収1,000万円以上

NASA「エイリアンから地球を守る人」募集 年収1,000万円以上


 NASAが「プラネタリー・プロテクション・オフィサー」、訳して惑星保護官を募集中だ。その職業の年収は最低でも$124,406、最高は$187,000(約2,000万円)で社会保障手当も付いているため、仕事内容に対する興味だけでなく、公務員としての年収の高さも話題になっている。

 実はこの職業は1967年の宇宙条約の後に生まれたもので、宇宙船や宇宙飛行士、検査機、ロボットなどが地球や月、宇宙を汚染しないように厳しく検査および監視し、地球圏外の微生物や病原菌が地球に広がらないように予防する役目である。パートタイムの惑星保護官は世界に何人もいるが、フルタイムでこの役職があるのは、世界でNASAと欧州宇宙機関の2箇所のみだという。

 たとえば火星など、様々な研究が進められている惑星のサンプル採取などの際、サンプル摂取自体も複雑なため、採取しようとしたもの以外の微生物が、機材やロボットに装着してしまう可能性がある。それが地球に戻ってくる際に、この職業の専門家たちが汚染物質の有無を調べ、地球が他の惑星の物質で汚染されないように検査を指揮するのである。

 自然科学かエンジニアリング、もしくは数学の上級学位を保持していることや、宇宙プログラムの経験、米国籍であることなど、この職業に応募できる条件はかなり厳しいが、条件さえ合えば誰でもチャレンジは可能だ。応募受け付けの締め切りは8月14日。

引用元:NASA has a job opening for someone to defend Earth from aliens — and it pays a six-figure salary
NASAに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


NASA




最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング