NASA「エイリアンから地球を守る人」募集 年収1,000万円以上

NASA「エイリアンから地球を守る人」募集 年収1,000万円以上


 NASAが「プラネタリー・プロテクション・オフィサー」、訳して惑星保護官を募集中だ。その職業の年収は最低でも$124,406、最高は$187,000(約2,000万円)で社会保障手当も付いているため、仕事内容に対する興味だけでなく、公務員としての年収の高さも話題になっている。

 実はこの職業は1967年の宇宙条約の後に生まれたもので、宇宙船や宇宙飛行士、検査機、ロボットなどが地球や月、宇宙を汚染しないように厳しく検査および監視し、地球圏外の微生物や病原菌が地球に広がらないように予防する役目である。パートタイムの惑星保護官は世界に何人もいるが、フルタイムでこの役職があるのは、世界でNASAと欧州宇宙機関の2箇所のみだという。

 たとえば火星など、様々な研究が進められている惑星のサンプル採取などの際、サンプル摂取自体も複雑なため、採取しようとしたもの以外の微生物が、機材やロボットに装着してしまう可能性がある。それが地球に戻ってくる際に、この職業の専門家たちが汚染物質の有無を調べ、地球が他の惑星の物質で汚染されないように検査を指揮するのである。

 自然科学かエンジニアリング、もしくは数学の上級学位を保持していることや、宇宙プログラムの経験、米国籍であることなど、この職業に応募できる条件はかなり厳しいが、条件さえ合えば誰でもチャレンジは可能だ。応募受け付けの締め切りは8月14日。

引用元:NASA has a job opening for someone to defend Earth from aliens — and it pays a six-figure salary
NASAに関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


NASA

関連する投稿


世界初! 豪華な宇宙ホテルが予約、受付を開始

世界初! 豪華な宇宙ホテルが予約、受付を開始

ロケットに乗って宇宙に浮かぶホテルに泊まる?! 4年後の業務オープンを告知した宇宙ステーション型ホテル「Aurora Station」のニュースが、宇宙開発もここまで来たかという驚きと、その宿泊費の高さで話題になっている。


1月第3週ニュース・ピックス! アレクサ躍進からエイリアン疑惑まで

1月第3週ニュース・ピックス! アレクサ躍進からエイリアン疑惑まで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 今回はラスベガス恒例の「CES」の話題や、北朝鮮の弾道ミサイル発射誤報で慌てたローカル・ニュースなどをご紹介。









最新の投稿


トランプより優れた大統領候補の登場か?

トランプより優れた大統領候補の登場か?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今秋に行われる中間選挙を前に、現政権に対立する民主党はもとより、共和党内でもトランプに異を唱える政治家が出はじめている。そんな共和党候補者を、リベラルはどう見ているのか。


日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回はアメリカでも人気のダイソーで買い出し。1つ5ドルの「イージーシーラー」、値段が安いと大喜びのアメリカ人だったが……


携帯ひとつでクリエイターになれる! アメリカで人気のアプリ「VSCO」

携帯ひとつでクリエイターになれる! アメリカで人気のアプリ「VSCO」

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは、アメリカの若者たち、なかでも女子たちから圧倒的に支持されている写真加工アプリ「VSCO 」だ。


米スタバ「13億円の謝罪」決定の迅速さ 日本企業は真似できるか?

米スタバ「13億円の謝罪」決定の迅速さ 日本企業は真似できるか?

先月、米スターバックス店内で起きた同店スタッフによる人種差別事件。これに対する社会への謝罪姿勢として、同社は5月29日に米国内約8,000の直営店を一斉閉鎖し、人種的偏見をなくすための勉強会に全従業員を参加させる。13億円以上も掛かる判断を迅速に行った同社の対応に賞賛が集まったが、日本企業も外国人とのトラブル対策は万端


アメリカン航空、蛇や養鶏、山羊などの客室搭乗を禁止

アメリカン航空、蛇や養鶏、山羊などの客室搭乗を禁止

鬱病や精神的障害などから、飛行機にひとりで乗ることに不安を持つ乗客が、精神安定のために機内に同伴できる「エモーショナル・サポート・アニマル」(心を支えてくれる動物)。今までは基本的にどんな動物でも客室へ搭乗することが許されていたが、今年から新規定を設定する航空会社が続出している。その理由とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング