トランプ大統領、自身の次期大統領選運動から既に60万ドルの収入

トランプ大統領、自身の次期大統領選運動から既に60万ドルの収入


 トランプ大統領が自身の所有するゴルフ場やホテルを大統領として利用し、個人的な利益を得ていることは、これまでにも頻繁にメディアを賑わせて来た。

 トランプ陣営はすでに2020年の大統領選キャンペーンを始めており、その出費の内訳が連邦選挙委員会によって発表されている。それによると6月の時点で、キャンペーンからトランプと名のつくビジネスだけでも60万ドルが支払われている。内訳はトランプタワーに家賃として約40万ドル、トランプ・コーポレーションに「法的コンサルティング費」として9万ドル、トランプ・インターナショナル・ゴルフクラブへ6万ドル、ワシントンD.C.のトランプ・インターナショナル・ホテルへ15,000ドル、トランプブランドの水ボトルに1,700ドルなど。トランプ陣営はこれまでにすでに1,000万ドルを使っているが、ブランド名のついていないトランプ大統領に関連するビジネスにいくら支払われているかは不明だ。

 選挙キャンペーンにかかる出費がそのままトランプ大統領個人の懐に入って行く構造に、RedとBlueはどう反応するのか?

出典『Wired』誌
元記事:Trump’s 2020 Campaign Has Already Paid Out $600,000-To Trump
RED: 真相は60万ドルが合法的に使われたということ
“The real story is: Donald Trump’s 2020 campaign legally spends $600K”

 事実その1:トランプの選挙運動は合法的にトランプの会社が合法的に所有する施設に対し、60万ドルを借用料として払った。

 事実その2:フォーブス誌によると2017年の時点でドナルド・トランプは35億ドルの財産を所有すると見積もられている。つまるところ、60万ドルは、30億以上の財産を持つ者にとっては取るに足らない金額だということだ。『Wired』誌はトランプが数ドルを稼ぐためにホワイトハウスにいるとでも言いたいのだろうか? まったくもって非常識だ。ドナルド・トランプが選挙運動に自身の所有する施設を使うのは、単にその会場をよく知っているから、もしくは自分がその施設の警備を個人的に監督できるからだ。この記事はジャーナリズムではない。『Wired』誌は、トランプ大統領を辱めたかったのにすぎない。


BLUE:トランプは就任以来、何ひとつ偉大にしていない
“Trump Is Making Doing Nothing Great Again”

 トランプは大統領に就任して以来、7月3日の時点でゴルフに35日も行っている。さらに、少なくとも4回の選挙集会を行い、その他の多くの集会の場で選挙キャンペーンと同じように振舞っている。つい最近もボーイスカウトの集会でスピーチを行った際に、全米各地からやってきた少年たちを前にして、彼らを励ます言葉を贈る代わりに、まるで民主党を打ち負かすことに熱心な共和党の有権者たちを前にしているかのような政治的演説を行った。

 トランプが就任してわずか7カ月だが、彼は1月にホワイトハウスに足を踏み入れた当日から2020年の再選に向けて選挙キャンペーンを始めている。しかし、その間、自分が約束した選挙公約のどれひとつとして果たしてはいない。おそらく彼は昨年の選挙運動中に自ら国民に言ったように、本当に頭のいいビジネスマンなのだろう。彼は、自分の再選は素晴らしいことだと言いつつ、仕事は何もせず、その間に60万ドル(大統領の給料の1.5倍)を稼いでみせている。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

トランプ大統領に関する記事 >

この記事の寄稿者

「市民の声」を分かりやすくお届けする公式企画。分断が進むアメリカで、対立する思想を持つ市民はひとつのニュースをどう読むのか?
 対立する思想を持つ市民たちによって深まるアメリカの「分断」。アメリカには二大政党の共和党(保守)と民主党(リベラル)があるが、それぞれの政党支持者は、どれだけ考え方が異なるのだろう?人口で見ると保守派、リベラル派の比率は約半々で、両者のものの考え方は、水と油ほど異なると言われている。日本からはあまり分からない「普通」のアメリカ人たちの思想の傾向。
 この連載では保守派共和党の公式カラーである赤、リベラル派民主党の青をタイトルに、アメリカ国内で報道された「ひとつの記事」に対して、保守派(赤)とリベラル派(青)のアメリカ人がそれぞれのどんな見解を示すかを対比するBizseedsイチオシの連載・特別企画!

関連する投稿


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領が指名した米連邦最高裁の新しい判事が、多くの米国民が反対する中でも就任したことについて、リベラル派の著者がリベラルの視点から意見する。


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


【Red vs. Blue】トランプ大統領、ロシア疑惑調査文書の機密解除指示を撤回

【Red vs. Blue】トランプ大統領、ロシア疑惑調査文書の機密解除指示を撤回

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が 突然、自身のロシア疑惑調査の機密を解除した背景に関して保守派、リベラル派が意見を交わす。






最新の投稿


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング