LinkedInがアメリカで重要視される理由

LinkedInがアメリカで重要視される理由


 世界最大級のビジネス特化型ソーシャル・ネットワーク、「LinkedIn(リンクトイン)」は、毎秒2名が新規に登録し、現在世界200カ国以上で約5億人が会員登録をしている。アメリカにおけるLinkedInは、ビジネスをする相手について学ぶための最適なサイトとして、グーグル検索よりも上位にランクされている。

 もし、あなたが欧米人と仕事をすることになった場合(たとえそれが日本国内であったとしても)、あなたの商談相手は、まずあなたのことをオンラインで検索するだろう。通常、初めての打ち合わせに出向く前に、少しでも相手の情報を知るためにLinkedInで商談相手を検索する。もちろん、皆それと同じことを自分もされていると認識している。認識するも何も、たいていの商談前にはLinkedInのプロフィール・ページの右端にある「あなたのプロフィールは〇〇会社のXXXXさんなど下記の10人が見たばかりです」というメッセージが表示されるので状況は自ずとわかる。

 また、アメリカでは多くの企業がFullContactなどのツールを採用しており、Eメールが届くと差出人の簡易プロフィールがメッセージの横に表示されるが、そのプロフィールはLinkedInやツイッターと連動している。つまり、オンライン・プロフィールがない人はEメールの差出人プロフィール欄が空になり、プロジェクト関係者かどうか区別がつきにくくなる。概して欧米では、オンライン・プロフィールがない人は商談相手に良い印象を与える機会を失いやすいと言えるだろう。

人数よりも質(Quality Over Quantity)

 オンライン・プロフィールを作る際、一刻も早く自分のコネクションを広げようとして、スピード感を求めたくなるかも知れない。LinkedInに登録すると、同サイトはすぐユーザーに「携帯電話やメールアドレスの連絡先をシェアーすれば、全員一斉に招待を送れますよ」と親切に教えてくれるが、そのオファーには飛びつかない方が無難だ。

 もちろん、多くの登録者たちの中には、コネクションは「500+(500人以上)」という表示が出る人たちがいる。その「500人以上の人たち」が皆ビジネスに関係する人たちならば、それは素晴らしいことだ。しかし、コネクションの数を多く表示するために、たとえば中学や高校の同級生を加えるのは止めるべきである。自分のビジネス関係者とオンライン・コネクションを築く際には、本当にそれが「自分のビジネスにとって大事なコネクションなのか」をよく考えてから申請、受諾しよう。

コネクトする相手を選ぶのはアリ(It's OK to Be Selective)

 アメリカでLinkedInを使うビジネス・パーソンたちは、あなたが何人のコネクションを持っているのかではなく、あなたが「誰と繋がっているか」を重要視する。ここが、友達の数が多い方が社会的にポピュラーだと思われる交友サイトのフェイスブックとは大きく異なる点だ。LinkedInを使用する人たちは、あなたが「誰を知っているのか」に興味があるのだ。

 ビジネス・シーンでの会議室を思い浮かべてみよう。あなたのLinkedInプロフィールを事前に見て会議にやってきた新規の商談相手が、たとえば「ところで、あなたもXXさんをご存知のようですが、何のお仕事でご一緒されたのですか?」と笑顔で聞いてきた場合、あなたは何と答えるだろう? まさか、「実はまったく知らない人なのですが、申請を出したら承認されたんです」などとは言えないはずだ。それ故、LinkedInでコネクションを繋げる際は、そういう先の可能性まできちんと考えるべきである。「いつか誰かから、その人との関係性を質問される」と考えれば、コネクションを申請または受領する判断基準は相当シンプルになる。

オンラインでの評判(Your Professional Reputation Online)

 今日のビジネスの世界において、ソーシャル・メディア内のあなたのプロフィールは、パーソナル・ブランドだと言える。LinkedInのバイオや履歴書が自分の専門職をきちんと表しているか、よく見直してみよう。これからプロフィールを作る人は、あなたが憧れる人のプロフィールを見て参考にするのもよいかも知れない。

 同時に、他のソーシャル・メディア内のアカウント内容の見直しも忘れてはいけない。もし商談相手が最初からLinkedInに行かず、グーグルを使ってあなたを検索した場合には、フェイスブックやインスタグラムなども出てくる。一度、自分の名前を検索して何が出て来るか確かめておこう。過去にソーシャル・メディア内のタイムラインにあげた派手な飲み会の写真などが浮上することもあるので、もしも商談相手に見られたくない写真があるならば、過去の写真などの見直しをするのも得策だろう。プライベートなコンテンツは、ずっとプライベートにしておくことをお勧めしたい。

豊富なコンテンツや情報を利用しよう(Take Advantage of a Wealth of Content and Knowledge)

 LinkedInを好きな人たちは、自分が何を知っているかについて話すのが好きな人がとても多い。大勢のユーザーたちが定期的に自分の専門分野についての話題をポスティングをしているので、あなたが憧れるビジネス・パーソンや、興味がある分野の仕事に携わっている人をフォローすれば、新しいビジネスの知識やアイデアに繋がるかも知れない。個人や企業をフォローすると自分のプロフィールにそれが表示されるので、自分が何に興味を持っているかを他人にシェアーする機会にもなる。あなた自身が新しい知識や貴重な情報を得るだけでなく、あなたが興味を持つ頃柄が商談相手の第一印象をよくするかも知れない。

SNSに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。


超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

 日本では非合法だが、アメリカでは国の半数以上の州でマリファナが解禁されている。そのため関連産業も急速に成長し、なかには驚くほど豪華なブティックも登場。その実態を覗いてみよう。






最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング