アメリカから分離? カリフォルニア州がアメリカから独立する?

アメリカから分離? カリフォルニア州がアメリカから独立する?


 イギリスがEUから独立したことは記憶に新しいが、実はアメリカ国内では、カリフォルニアが州北部をオレゴンの一部と合体させてジェファーソン州にする、あるいは州を6つに分割する、または米国から州を独立させるなど、異なる案が少なくとも4つ出ていることはご存知だろうか。カリフォルニア独立運動Calexit(カレグジット)の共同発起人の1人マーカス・ルイス・エヴァンスは、2018年11月までに60万人の署名を集めて住民投票に持ち込むための運動をしているが、目標にはほど遠い。しかし、州が国から独立する話は様々な州で繰り返されている事実もあり、分断が進むアメリカでは国家存続の問題の一つとして、大きな焦点にもなっている。RedとBlueは、独立を支持するのだろうか?

元記事『Los Angels Times』:http://www.latimes.com/politics/la-pol-ca-california-secession-20170416-story.html

 妙な時代というのはあるものだ。2014年、スコットランドは英国から独立しようとして失敗した。昨年(2016年)は英国がEUを離脱。続いて米国では州を分割しようとする動きが見られる。今、カリフォルニア州北部の田舎で相当な数の郡が、同州から分離して51番目の州「ジェファーソン」を形成したいと望んでいる。現在カリフォルニアは、州議会、現職知事、上院議員、ワシントンD.C.への議会代表団のほとんどが左派だが、分割は保守党にとって有利な効果を生むことになる。(1)まず米国の上院に加わる2議席はどちらも保守になるはずだから共和党の議席が増える。(2)次に大統領選挙の選挙人団の性質上、現在のカリフォルニアの55票が分割されて一定数が保守党に流れる。そうすると将来、民主党もしくは左派が大統領を選出するチャンスが大幅に減るというわけだ。左派優位のカリフォルニアなのに、彼らは本当にそれでいいのだろうか?

 おや、まただ。テキサスが州から抜けたいとか、ワシントン州東部が西部と分かれて51番目の州になりたいとか、毎年のように聞かされる。
 カリフォルニアは世界で6番目の経済規模を持つが、州またはその一部が米国から分離したとして、一年後のランク付けは? カリフォルニア・ワインは隣のオレゴン州では輸入品? テキサスが州から抜けたら他の49州が原油を押収しようと侵略するのを防げるか? カリフォルニアは北朝鮮にどう対応するのか? などと考えるのは面白い。
 各州政府は、他州との抑制・均衡をはかって統治している。アメリカは様々な主張のせめぎ合いによって繁栄しているのだ。異なる意見がなければ、国は偏りすぎるに違いない。上記の州に行ってみるといい、人々はほぼ満足して生活している。どの投票にも実現のチャンスはない。

記事トピックスは過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング