バナナ・スプリットの哀愁

バナナ・スプリットの哀愁


 僕は甘いものに目がない。ケーキやクッキー、チョコレート、キャンディーなど、新種のスイーツを見つけると、どれも全部食べてみたくなる。だから、デザートを食べるチャンスを見逃すことは、まずない。小さい頃からずっとそうだ。

 僕が子供だった頃、両親は僕と兄をよくアイスクリームショップに連れて行ってくれた。そして、僕たちが欲しいアイスクリームをワン・スクープ(1種類)、選ばせてくれた。僕はいつもどれにするか長いこと悩んだ。全部がすごく美味しそうなのに、どうすればひとつだけを選べるのだろう? チェリー・チョコレートファッジ、ストロベリーチーズケーキ・スワール(うず巻き状になっている)、レインボー・シャーベット……。僕の幼い脳みそでは、全ての中からたった1種類を理論づけて選ぶことはできなかった。

 兄はいつでもチョコレートを選んだ。彼は自分が何が好きなのか完全に分かっていたから、他の味を試す必要はなかった。彼は何事に対してもそんな感じで、しっかりしていて確実だった。後に彼は高校時代の彼女と結婚し、僕たちが育った町に家を買って、家庭を築いた。彼は一般的なアメリカ人の望む生活を順調に送っている。そして今でも、たくさんの種類のアイスクリームの中から、チョコレートを選ぶ。

 僕がどれにするかまだ決められないでいる間に、兄は大抵アイスクリームを半分以上食べ終わっていた。カウンターの中のアイスクリームだけでなく、カウンターの後ろにある魅力的なメニューも目の前にちらつき、ひとつ決めることをさらに難しくした。そのメニューの中にはいつも、たまらなく美味しそうな「バナナ・スプリット」の文字があった。縦切りにしたバナナの上にチョコレート、バニラ、イチゴのアイスクリームがワン・スクープずつのって、その上にイチゴ、パイナップル、チョコレートソース、ピーナッツ、ホイップクリーム、さらにその上に赤く輝くサクランボ! こんなにたくさんの味が、ひとつの器の中に入っているなんて、たまらない!

 しかし僕にとって、それは問題外だった。頼めるのはたったワン・スクープだ。だから、だいたい僕はいろいろな味が混ざったアイスクリームを選んだ。どうしようもない状況の中で最大限のものを得るために、そうすることが一番良い選択に感じたからだ。兄は僕の選んだものを笑ったが、時には彼が正しいこともあった。僕のアイスクリームは美味しくなかったこともあったし、僕がイメージしたよりも美味しかったこともあった。兄に一口食べるかとすすめても、彼は決して興味を示さなかった。

 僕は自分が選んだアイスクリームがすごく美味しかった時でも、いつも「バナナ・スプリットは、もっともっと美味しいんだろうな」と想像していた。そして「大人になったら、バナナ・スプリットを食べたい時にいつでも食べよう」と心に誓った。

 バナナ・スプリットは、1904年にペンシルベニア州のドラッグストアで誕生した。その頃のアメリカのドラッグストアには、清涼飲料水などの飲料を提供する設備や軽食を出すカウンターがあった。町の住民は、そこに集まってサンドイッチやアイスクリームを食べたりしながら交流した。処方箋を調剤してもらう間、ソーダを飲んで待ったり、デートの相手とそこでアイスクリームを食べたりした。新しいアイスクリーム・サンデーの誕生は、客を引き寄せた。なかでも特にバナナ・スプリットは、すごく評判が良かった。その人気は今も続いている。

 今は、そんなカウンターがあるドラッグストアは、ほとんどない。缶やボトル入りの飲料が広まり、自動車がアメリカ人の生活の中心となったことで、その数は減っていった。人々は郊外へ引っ越し、車でレストランに行くようになり、ドラッグストアは人々が交流する場所ではなくなった。

 僕がドラッグストアに行くのは、薬や絆創膏、カミソリの刃を買いに行くときだけだ。先日ドラッグストアに行った時は、処方薬ができるまで僕は雑誌のコーナーにいた。そこへ1人の男性が息子とやってきた。彼らは歯医者の帰りで、少年は抜歯をしたようだった。少年は明らかに辛そうで、さんざん泣いた後という感じだった。父親は息子に歯医者でよく頑張った褒美に好きな漫画を選んで良いと言った。僕が薬を受け取って店を出るとき、その少年はまだ雑誌コーナーにいた。いろいろな漫画を次から次へと持ったり置いたり、どれにするか迷っていた。僕はその少年がどんな風に感じていたか、よくわかった。

 僕が子供の頃に自分自身に誓った約束は、ほぼ守れている。でも、僕が考えていたほど頻繁には、バナナ・スプリットを食べていない。それは大人になって、節度を守るという価値を学び、栄養という要素が僕の判断に加わったからだ。僕は、それでもなお、ものすごくリッチな味の組み合わせを楽しみ、それと同時に簡単な料理のシンプルな味も楽しむことができるようになった。兄はそんな僕の味覚の変化を面白がっている。

 バナナ・スプリットの魅力は、依然として僕を惹き込んでいる。だが、なぜか僕の子供時代に思い描いていた期待に添わないのである。それは、どうしてなのだろう? もっと年を取れば、子供の頃に考えていたような完全に満足できるバナナ・スプリットを食べられるのだろうか。もしそうだとしたら、その日が来るまでバナナ・スプリットを食べ続けなければ……。

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

 アメリカ中西部オハイオ州の小さな田舎街に生まれる。オハイオ州立大学に通った後、アメリカ各地を転々と暮らしながら旅をした経験を持つ。これまでに就いた職業は飲食業、ツアーガイド、ミュージシャン、セールスマン、オフィス勤務、物書き、長距離トラック運転手、花屋さんなど多岐に及ぶ。現在はワシントン州にある国際輸送業関連会社に勤務し、平日は会社でデスクワーク、週末は趣味のハイキング、ランニング、写真撮影などに勤しんでいる。料理と食べること、そして自分と異なる文化を知ることが何よりも好き。文化の違いを学ぶだけでなく、共に美しい地球上で生きる者として、その差異の中にも人間として何か共通点を見つけることを常に心掛けている。

関連するキーワード


アメリカ人

関連する投稿


構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

アメリカでもグルメな都市として知られるサンフランシスコに、ハイテクなロボティックス技術を駆使し、有名シェフ監修の元にグルメなハンバーガーを提供する店がオープンした。これまでのハンバーガー・ロボットを大きく超えた、その画期的なビジュアルや技術を紹介しよう!


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


【Red vs. Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

【Red vs. Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回はニューヨークで「最も予約が取れないレストラン」に名前が挙がる高級寿司店の日本人オーナーシェフの発言について。


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。






最新の投稿


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング