トランスジェンダーの軍隊禁止令はカルチャー戦争なのか?

トランスジェンダーの軍隊禁止令はカルチャー戦争なのか?


 トランプ大統領が先月、トランスジェンダーの軍隊勤務を禁止すると発表して以来、各方面から反対の声が上がっている。

 共和党同性愛者グループ「ログキャビン・リパブリカン」のジョージ・T・アンジェロ会長は、大統領のコメントを「(来年の中間選挙を念頭においた)政治的駆け引き以外の何ものでもない」と批判しており、関係者の多くが同じ見方をしている。一方で、大統領支持有権者の反感を買うことを恐れて、このところ大統領を非難する発言を避けていた民主党も一斉に反対声明を発表し、戦う姿勢を見せている。また、共和党員で軍人としてベトナム戦争に従軍したジョン・マケイン上院議員は、「国に奉仕することを希望し、基準を満たしたアメリカ人は、いかなる人であれその機会を与えられるべきであり、愛国者として扱われるべきだ」と発表し、それに賛同する共和党議員が次々に現れている。これは政治的な駆け引きなのか? それともカルチャー戦争か? RedとBlueの意見は?

出典『CNN』
元記事:Democrats say they're ready for a culture war as Trump bans transgender people from military service
RED: 女装は憲法上の権利ではない
“Cross-Dressing is not a Constitutional Right”

 民主党は危険な愚か者たちの集まりだ。トランプのトランスジェンダーの軍隊活動禁止は、軍隊組織においては実際的な見地に立つと、まさに重要な点である。アメリカの軍隊は男性戦闘員、または女性戦闘員としては任務できるが、どちらかを選ばなくてはいけない。女装が憲法上の権利だとはお笑い種だ。服装の基準を設けることは専制的な抑圧にはあたらない。学校、ビジネス、宗教法人、格闘技の教室、プロ・スポーツ・チームなど組織には、決められた服装規定があるところが多い。それは男性にも女性にも適用され、そこに彼らの感情は考慮されない。軍隊では、服装と身だしなみの規律と秩序が必要であり、実戦においては機能性を発揮する。例えば、男性の場合は髪を短く切るのが規則だ。ある特定の兵士が自分の心は女だから髪を伸ばしたいと言ったとしたら、軍は規則を無視してよいのか? 答えはノーだ。まったくばかげている。

 人は男か女かのどちらかに生まれる。それが気に入らない人もいるかも知れないことは理解できる。しかし、それをどうやって修正するか、あるいはその人が自分の性別を受け入れられるようにするにはどうするかを考えることは、軍隊の仕事ではない。


BLUE:カルチャー戦争ではなく、健全な政権への絶え間ない挑戦だ
“There Is No Culture War, Only a Constant Battle for Sanity in Government”

 カルチャー戦争? ナンセンスだ。この新聞記事の見出しは必要以上に扇動的である。民主党は「カルチャー戦争」など仕掛けていない。彼らはただ共和党に、特定のアメリカ人の集団に対して、彼らが大多数とは異なるからといって、その権利を制限するのを止めてもらいたいだけだ。

 トランプは、軍に所属するトランスジェンダーの人々に対して勤務の禁止を通達する必要などない。なぜなら、米軍にはすでに何千人というトランスジェンダーの人々が任務に就いており、彼らはオバマ政権の下でアメリカを守ってきた。そして、トランプ政権の下でも彼らは継続してアメリカを守っている。トランプは禁止の理由を、トランスジェンダーの隊員の医療費が途方もない額だからだと言っているが、実際、彼らの医療費は年間840万ドルでしかない。軍隊が隊員のために購入する男性機能障害薬(バイアグラ)の費用は年間8400万ドルにも上る。さらに言えば、トランプがフロリダにある自分の別荘地に行くための旅費に、国は現時点ですでに2200万ドルから2900万ドルを投じている。

 この記事が掲載されて以来、民主党と共和党は共に、トランスジェンダーの軍隊勤務禁止という考えを批判している。米国湾岸警備隊のトップは、いかなる禁止にも反対すると表明しており、50人を超える元高級将校(将軍および海軍大将)が、この禁止令に反対するという共同声明を発表している。これはカルチャーの戦争ではない。これはトランプによる単なる雑音であり、自分が何も達成できずに減少し続ける支持者の目を反らすため、仮想の敵を作ってアピールしているだけなのだ。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

LGBT(LGBTQ)に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


米軍 差別 LGBT(LGBTQ)

関連する投稿


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


【Red vs Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

【Red vs Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。先日、人気司会者のオプラ・ウィンフリーがゴールデン・グローブ賞で披露した感動的なスピーチが全米の話題をさらったが……?


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。






最新の投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

シカゴを拠点に30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南する、岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。トランプ政権も2年目に突入し、アメリカの好景気が続く中、どのようなビジネスがアメリカに進出しやすいのだろうか?


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング