日本文化で高める自己の啓発

日本文化で高める自己の啓発


 日本もそうかもしれないが、アメリカにはあらゆる自己啓発のセミナープログラムや書籍などが溢れている。多くの人々がこぞって自己啓発を生活に取り入れ、自分磨きを続けているが、「自己啓発」とは一体、何だろう。

 簡単に説明すると、それは「自己というものをよりよく理解するためのノウハウ」であろう。文字通り、「自己」というものに対する「啓発」を起こすためにあるものだ。仏教風にこれを見るならば、「如実知自心」を実践するという“営み“とでもなるだろうか。

 アメリカにおける自己啓発市場は巨大だ。そのニーズは年々拡大の一途を辿っており、2008年に80億ドルを上回った時には大きな話題にもなった。30年にわたる自己啓発の実践者、David Essel(デーヴィッド・エッセル)によると、その市場が2016年にはさらに20億ドル成長し、100億ドルにまで伸びたそうだ。

 さて、この市場が大きいか小さいかは別として、昨今のアメリカ自己啓発市場では、不思議な現象が起こっている。それは、日本発の自己啓発のノウハウ需要がかつてないほどに高くなっている点だ。もともとアメリカの自己啓発には、日本文化に根付いた英知を自己啓発として活用する傾向が非常に高い。古くは武士道、最近では禅や、それに関連して瞑想などが注目されてきたが、その傾向が最近さらに高まっている。

 その一因ともなる人物が、「こんまり」こと近藤麻理恵である。「ミニマリスト」、「片付けマスター」として出版した彼女の書籍は、ここアメリカでも空前のベストセラーとなった。どこの書店でも、彼女の本は未だに目立つ場所に並べられている。

 そんな彼女が先日、アメリカで大人気のポッドキャストのゲストとして登場した。日本ではそうでもないという話を聞いて驚いたのだが、アメリカにおけるポッドキャストのメディアとしての地位はかなり手堅いものがある。「こんまり」が出演したのは、1億5千万のダウンロードを記録したアメリカのポッドキャスト番組「Tim Ferris Show」(ティム・フェリス・ショー)だ。この番組は、大手メディアネットワークのテレビ番組に匹敵すると言えるほどの人気がある。ちなみにこの番組に日本人が登場したのは初めてのことだった。

 同番組では毎回のように様々な自己啓発商材を取り上げるが、「こんまり」はそのゲストとして登場した。司会者フェリスのリードで引き出される「こんまり」の人生経験やミニマリストとしての美学、片付けのノウハウは、アメリカのみならず世界中の視聴者を魅了したに違いない。私自身も思わず聞き入ってしまったのだが、さすがアメリカで最先端の自己啓発を紹介する番組のゲストだけあり、彼女の語る言葉のひとつひとつは非常に説得力があり、まさに文字通り、自己を啓発させるもので溢れていた。

 片付けやミニマムの美学という発想自体、アメリカには今までなかった。生活の中における「片付け」は、間違いなく非常に地味なエリアに位置づけられる。そのように地味でありながら、誰でもすぐに実行や実践が可能な方法を用いて自分を見つめなおし、自らを知っていくというのはアメリカ人にとって新鮮であり、その驚きはアメリカ人の心をとらえて離さなかった。

 シンプルな中にある深い気づき。日本とアメリカを深くつなぐ文化の交流のルートに、こうした自己啓発が役立っているのだ。特に現代のような様々な緊張が存在する世の中においては、今後ますますこうした日本発の自己啓発の需要が増えていくのかもしれない。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


自己啓発 日本文化

関連する投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回はアメリカでも人気のダイソーで買い出し。1つ5ドルの「イージーシーラー」、値段が安いと大喜びのアメリカ人だったが……


英語が母国語の人にとって最も難解な言語は日本語!

英語が母国語の人にとって最も難解な言語は日本語!

アメリカの外交官などを対象にした外国語教育機関、Foreign Service Institute(FSI)の調べによると、英語が母国語の人にとって、日本語は最も難解な言語であるということが判明した。その理由とは?


アメリカ、今年のベスト&ワースト・フード・トレンド発表!

アメリカ、今年のベスト&ワースト・フード・トレンド発表!

次々と「新しい食べ物」が現れるアメリカのフード業界。2017年のアメリカで最も話題になった新フードやドリンクの「2017ベスト・トレンド20」に、日本食をベースにした「新フード」が選ばれた。


今年も大人のためのキティが帰ってきた!

今年も大人のためのキティが帰ってきた!

日本生まれのキャラクターとして「全世界を制覇した」といえる認知度を誇る「ハローキティ」。今年も「あの」大人のための商品が発売され、全米のキティ・ファンが熱狂している。


もう手放せない! ありそうでなかった「ヨガマット」

もう手放せない! ありそうでなかった「ヨガマット」

米ロサンゼルス在住のヨガ愛好家が開発したヨガマットが、全米のヨガ愛好家たちを夢中にさせている。一体、どんなマットなのだろう?






最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング