アマゾン株が2,000ドルになる日も近いと資産アナリストが予測

アマゾン株が2,000ドルになる日も近いと資産アナリストが予測


 アマゾン・ドット・コム社(以下、アマゾン)が、全米に数百店舗を展開する高級スーパーチェーン「ホールフーズ・マーケット」を137億ドルで買収すると発表したニュースは全米を驚かせた。米政府は、この買収が独占禁止法に抵触しないか、連邦取引委員会に調査を依頼中だが、トップ資産アナリストは、同委員会が「(買収に)ノー」という可能性は低いとみており、買収が成立すればアマゾンの株は現在の1,065ドルから、倍近い2,000ドルになるのは止めようがないと分析。もし、そうなれば歴史始まって以来の一兆ドル企業が生まれることになる。
 ガレージからスタートした会社が今や世界をまたにかけるメガ企業になった。RedとBlueはアマゾンの成功をどう見るか?

出典『CNBC』
元記事:Amazon 'could be the first trillion-dollar company' with stock doubling to $2,000, leading analyst says
RED:アメリカに本社を置くアマゾン社が世界初のメガ企業に
“U.S. based Amazon set to become the world’s first Mega Corporation”

 企業が大きくなりすぎるのは危険だ。その企業の成長が部分的に政府の出資によって促進されている場合は、特に。例えばアマゾンの場合、2000年からこれまでに7億ドルの直接的および間接的な助成金(優遇税制を含む)を受け取っている。

 このインターネット小売業の巨人は急速に成長し、ニュースメディア、出版業、エンターテイメントにまで手を広げ、最近ではホールフーズ・マーケットの買収を提示した。アマゾンのようなサービスは、消費者にとっては便利さや取引上のコスト減など一定のベネフィットをもたらす。しかし同時に、同社のように強い競争相手が進出して市場で成功すると、それ以前からいた同業者は一気に経営難に苦しめられることになる。さらに付け加えると、アマゾン、グーグル、アップル、マイクロソフト、ボーイングといった「1兆ドル企業」に達する可能性のある企業は、まぎれもないパワーを持っており、これらの企業だけでアメリカ経済の国内総生産のざっと1/20に相当する。
 もちろん私はアマゾンの商売の成功に拍手を送る。アマゾンは営利企業として驚くべき域に達した。しかし、私見を言えば、アマゾンは巨大すぎて、アメリカの政府と経済のどちらにも不健康な影響を投げかけているように思う。


BLUE:アマゾンはアメリカ人にビジネスのやり方を見せている
“Amazon Is showing America How to Do Business”

 雇用創生のために減税をすると言いながら、企業が成功していると、「システムを利用している」と言って責めるのは、政府の偽善の最たるもので、まったく笑止千万だ。
トランプは、雇用につながるから大幅減税をすると言っている。だが、アマゾンは『ワシントンポスト』紙を所有していて、同紙はトランプにずっと批判的だ(現時点では、すべてのアメリカの新聞がそうだが)。 2015年と今年の6月に、トランプはツイッターで同紙をフェイクニュースだと非難し、親会社のアマゾンを、税金を払っていないと言って非難していた(ちなみに、アマゾンは納税している)。

 トランプは、元エクソンのCEOを国務長官という強力なポストに入れ、ウォールストリートの投資金融家アンソニー・スカラムーチをホワイトハウスの広報部長に就任させて10日間の暴言活動に専念させたことも問題なしとしている。右翼ウエブサイト「ブライトバート」の重役兼大富豪の男のために、政権の特別なポジションを設けていることも問題にしていない。ところが、シアトルのガレージでのつつましい創業からスタートして、市場最高の取引株企業になるかもしれないという、究極のアメリカン・サクセス・ストーリーを達成したアマゾン社は彼にとっては問題なようだ。トランプはアマゾンが所有する新聞が彼について何を報道したかを今も気にしている。

 もしかすると、トランプは自身の政権が上下両院で主導権を握っているにもかかわらず政策がまったく進まないともがいている間に、ほかのアメリカ人ビジネスマンが成功したことが羨ましいだけなのかもしれない。トランプは、実はアマゾンのような会社を自分が取り仕切りたかったのではないだろうか。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

Amazonに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


IT業界 Amazon 金融業界

関連する投稿


2月第1週ニュース・ピックス! テスラ異例の商品からアマゾンの新規事業まで

2月第1週ニュース・ピックス! テスラ異例の商品からアマゾンの新規事業まで

 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ。先週はアマゾンの新規医療健康ビジネスや、テスラCEOによる冗談のようなビジネスに注目が!


それでも、やっぱり「仮想通貨投資」はやめられない

それでも、やっぱり「仮想通貨投資」はやめられない

1月26日、仮想通貨取引所大手のコインチェックが利用者から預かった約580億円相当の仮想通貨「NEM」を不正アクセスによって失った事件は、アメリカでも話題になったが……。


 1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。






最新の投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

シカゴを拠点に30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南する、岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。トランプ政権も2年目に突入し、アメリカの好景気が続く中、どのようなビジネスがアメリカに進出しやすいのだろうか?


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング