世界で最も人気が高い出会い系アプリとその効果

世界で最も人気が高い出会い系アプリとその効果


 アメリカにおいても「異性や同性の恋愛パートナーを見つけるためのサービス」は、大きなビジネスに発展している。言うまでもなく主流はオンライン・デーティングであり、ユーザーにとって最も手っ取り早いのは、アプリを使って相手を探す方法だ。

 人気の高い恋愛系アプリは多数あるが、なかでも人気が高いのが「Tinder」だ。累計200億のマッチを生み出したという同アプリの使い方は非常に簡単。自分の近くにいる登録者の顔写真と、記載されているプロフィールが気に入ればスワイプするだけ。もし、自分がスワイプしたユーザーが、同じように自分のプロフィールをスワイプすればマッチが成立し、お互いにメッセージが送れるようになる仕組みだ。気に入れば右へスワイプし、パスするときは左にスワイプするだけという手軽さが人気を博している。友達を探すためのツールがTinder Socialで、Tinderはデーティング・ツールという位置付けだ。
 なお、恋愛系アプリはTinderが飛びぬけて有名だが、その他では、以下のアプリがしのぎを削って二番手を狙っている。

Happn
Hinge
OK Cupid
How About We
Plenty of Fish
Inner Circle
Bumble

 この出会いアプリがあまりにも日常的に普及したため、有名なテレビ番組のネタにも使われている。アメリカの動画ストリーミング会社NETFLIXが制作するオリジナル・ドラマ「Master of None」でも、先日、主役のインド系アメリカ人コメディアン、アジズ・アンサリ(Aziz Ansari)が、ニューヨークでこのアプリを使って、お付き合いする相手を探すエピソード「First Date」(シーズン2第4話)を放映したばかり。アプリを使えば、簡単に多数の人と出会うことはできるものの、本当に心が通い合うような相手には、なかなか出会えないという、実際に起こりそうなエピソードの内容が好評を博した。

 テレビドラマが物語るように、相手の写真と、ちょっとしたプロフィールを見るだけで分かることは少ない。特に多民族国家であるアメリカでは、気に入った相手の文化的背景とそれに伴う価値観もかかわってくる。あるいはユーモアのセンスなども、短いプロフィールだけでは伝えることは不可能だろう。つまりアプリを使っても、その恋愛がうまくいく保証はないわけだ。

 出会いはアプリ。でも、アプリは出会った後のことは助けてくれない。だから出会った後のコミュニケーション・スキルは、自分で磨くしかない。この一見当たり前な常識こそが、ネットでの出会いにおける2017年の常識だ。そして、出会いの「きっかけ」をアプリが運んでくることが増えている現状は、私生活の電子化がどんどん進んでいる証だとも言えるだろう。

恋愛に関する記事 >

この記事の寄稿者

カリフォルニア大学バークレー校、大阪外国語大学大学院を卒業。2009年任天堂DSゲーム「ガールズ・モード」の編訳チームに参加、アプリ「DoggyDoc」の英語版ローカライゼーションを担当。2014年、現代日本詩集『トカゲのテレパシー、キツネのテレパシー』をChin Music Press社から出版。2016年には『京都・有次の包丁案内』(小学館) の翻訳チームにも加わった。現在アメリカ大手保険会社のリクルーターとして、目標達成術とモチベーション術を指導している。芸術、自己啓発系の文学を愛読し、日本文化にも造詣が深い。米国ワシントン州シアトル市に在住。

関連する投稿


ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙:保守派がSNSによる“選挙介入”を恐れる理由

米中間選挙:保守派がSNSによる“選挙介入”を恐れる理由

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、保守派たちはグーグルなどのリベラル派IT企業やソーシャル・メディアによる“選挙介入”を恐れている、という現地からの声をレポートする。


「アロハ」商標獲得で炎上! シカゴのポケ店、ボイコット運動に発展

「アロハ」商標獲得で炎上! シカゴのポケ店、ボイコット運動に発展

「アロハ」(Aloha)は、ハワイの挨拶語。ハワイ語で愛、平和、同情心という意味を持ち、ハワイアン文化を象徴する言葉だ。しかし、「アロハ」をハワイ名物料理の「ポケ」(Poke)と抱き合わせてシカゴの企業が商標化したため、ハワイアンたちが立腹。ソーシャルメディアで人種文化問題だとして炎上し、同店のボイコット運動へ……






最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング