世界で最も人気が高い出会い系アプリとその効果

世界で最も人気が高い出会い系アプリとその効果


 アメリカにおいても「異性や同性の恋愛パートナーを見つけるためのサービス」は、大きなビジネスに発展している。言うまでもなく主流はオンライン・デーティングであり、ユーザーにとって最も手っ取り早いのは、アプリを使って相手を探す方法だ。

 人気の高い恋愛系アプリは多数あるが、なかでも人気が高いのが「Tinder」だ。累計200億のマッチを生み出したという同アプリの使い方は非常に簡単。自分の近くにいる登録者の顔写真と、記載されているプロフィールが気に入ればスワイプするだけ。もし、自分がスワイプしたユーザーが、同じように自分のプロフィールをスワイプすればマッチが成立し、お互いにメッセージが送れるようになる仕組みだ。気に入れば右へスワイプし、パスするときは左にスワイプするだけという手軽さが人気を博している。友達を探すためのツールがTinder Socialで、Tinderはデーティング・ツールという位置付けだ。
 なお、恋愛系アプリはTinderが飛びぬけて有名だが、その他では、以下のアプリがしのぎを削って二番手を狙っている。

Happn
Hinge
OK Cupid
How About We
Plenty of Fish
Inner Circle
Bumble

 この出会いアプリがあまりにも日常的に普及したため、有名なテレビ番組のネタにも使われている。アメリカの動画ストリーミング会社NETFLIXが制作するオリジナル・ドラマ「Master of None」でも、先日、主役のインド系アメリカ人コメディアン、アジズ・アンサリ(Aziz Ansari)が、ニューヨークでこのアプリを使って、お付き合いする相手を探すエピソード「First Date」(シーズン2第4話)を放映したばかり。アプリを使えば、簡単に多数の人と出会うことはできるものの、本当に心が通い合うような相手には、なかなか出会えないという、実際に起こりそうなエピソードの内容が好評を博した。

 テレビドラマが物語るように、相手の写真と、ちょっとしたプロフィールを見るだけで分かることは少ない。特に多民族国家であるアメリカでは、気に入った相手の文化的背景とそれに伴う価値観もかかわってくる。あるいはユーモアのセンスなども、短いプロフィールだけでは伝えることは不可能だろう。つまりアプリを使っても、その恋愛がうまくいく保証はないわけだ。

 出会いはアプリ。でも、アプリは出会った後のことは助けてくれない。だから出会った後のコミュニケーション・スキルは、自分で磨くしかない。この一見当たり前な常識こそが、ネットでの出会いにおける2017年の常識だ。そして、出会いの「きっかけ」をアプリが運んでくることが増えている現状は、私生活の電子化がどんどん進んでいる証だとも言えるだろう。

恋愛に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、先月半ばに現政権が米CDCに対して「多様性」などの用語の使用禁止を通達したことについて、両者が意見を戦わせる。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング