世界で最も人気が高い出会い系アプリとその効果

世界で最も人気が高い出会い系アプリとその効果


 アメリカにおいても「異性や同性の恋愛パートナーを見つけるためのサービス」は、大きなビジネスに発展している。言うまでもなく主流はオンライン・デーティングであり、ユーザーにとって最も手っ取り早いのは、アプリを使って相手を探す方法だ。

 人気の高い恋愛系アプリは多数あるが、なかでも人気が高いのが「Tinder」だ。累計200億のマッチを生み出したという同アプリの使い方は非常に簡単。自分の近くにいる登録者の顔写真と、記載されているプロフィールが気に入ればスワイプするだけ。もし、自分がスワイプしたユーザーが、同じように自分のプロフィールをスワイプすればマッチが成立し、お互いにメッセージが送れるようになる仕組みだ。気に入れば右へスワイプし、パスするときは左にスワイプするだけという手軽さが人気を博している。友達を探すためのツールがTinder Socialで、Tinderはデーティング・ツールという位置付けだ。
 なお、恋愛系アプリはTinderが飛びぬけて有名だが、その他では、以下のアプリがしのぎを削って二番手を狙っている。

Happn
Hinge
OK Cupid
How About We
Plenty of Fish
Inner Circle
Bumble

 この出会いアプリがあまりにも日常的に普及したため、有名なテレビ番組のネタにも使われている。アメリカの動画ストリーミング会社NETFLIXが制作するオリジナル・ドラマ「Master of None」でも、先日、主役のインド系アメリカ人コメディアン、アジズ・アンサリ(Aziz Ansari)が、ニューヨークでこのアプリを使って、お付き合いする相手を探すエピソード「First Date」(シーズン2第4話)を放映したばかり。アプリを使えば、簡単に多数の人と出会うことはできるものの、本当に心が通い合うような相手には、なかなか出会えないという、実際に起こりそうなエピソードの内容が好評を博した。

 テレビドラマが物語るように、相手の写真と、ちょっとしたプロフィールを見るだけで分かることは少ない。特に多民族国家であるアメリカでは、気に入った相手の文化的背景とそれに伴う価値観もかかわってくる。あるいはユーモアのセンスなども、短いプロフィールだけでは伝えることは不可能だろう。つまりアプリを使っても、その恋愛がうまくいく保証はないわけだ。

 出会いはアプリ。でも、アプリは出会った後のことは助けてくれない。だから出会った後のコミュニケーション・スキルは、自分で磨くしかない。この一見当たり前な常識こそが、ネットでの出会いにおける2017年の常識だ。そして、出会いの「きっかけ」をアプリが運んでくることが増えている現状は、私生活の電子化がどんどん進んでいる証だとも言えるだろう。

恋愛に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

  アメリカでも結婚相手やパートナーとの出会いに繋がるオンライン・デーティング・サービスの需要は高く、各社は年齢層や地域を限定したり、人種や宗教で括ったり、真剣度の差などを売りにして競っている。そんな中、「会員になれるのは、男女ともエリートのみ」と厳しく限定したデーティング・アプリが注目されている。


魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

食に対する意識が高いニューヨークには、肉や魚を食べない人たちも多く、健康的な料理を出すレストランの人気が高い。そんなニューヨークで、野菜と果物と穀物だけで作る「100%ヴィーガンの寿司」が、着々とファンを増やしている。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


【Red vs. Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

【Red vs. Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、先月半ばに現政権が米CDCに対して「多様性」などの用語の使用禁止を通達したことについて、両者が意見を戦わせる。






最新の投稿


俳優ウィル・スミスと本田圭祐が投資ファンドを設立

俳優ウィル・スミスと本田圭祐が投資ファンドを設立

 プロサッカー選手の本田圭祐氏が、ハリウッド俳優のウィル・スミス氏とベンチャー起業への投資を目的とした投資会社「ドリーマーズ・ファンド」を、米ロサンゼルスで4月に設立したことが明らかになった。アメリカで彼らが具体的にどのベンチャー起業に投資するのか、今後の動き方が注目されている。


成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はトランプの支持者が多い、オートバイのハーレーダビッドソン社が海外へ移転せざるをえない結果を作ったトランプ大統領が、同社を攻撃している矛盾について。


プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング