世界で最も人気が高い出会い系アプリとその効果

世界で最も人気が高い出会い系アプリとその効果


 アメリカにおいても「異性や同性の恋愛パートナーを見つけるためのサービス」は、大きなビジネスに発展している。言うまでもなく主流はオンライン・デーティングであり、ユーザーにとって最も手っ取り早いのは、アプリを使って相手を探す方法だ。

 人気の高い恋愛系アプリは多数あるが、なかでも人気が高いのが「Tinder」だ。累計200億のマッチを生み出したという同アプリの使い方は非常に簡単。自分の近くにいる登録者の顔写真と、記載されているプロフィールが気に入ればスワイプするだけ。もし、自分がスワイプしたユーザーが、同じように自分のプロフィールをスワイプすればマッチが成立し、お互いにメッセージが送れるようになる仕組みだ。気に入れば右へスワイプし、パスするときは左にスワイプするだけという手軽さが人気を博している。友達を探すためのツールがTinder Socialで、Tinderはデーティング・ツールという位置付けだ。
 なお、恋愛系アプリはTinderが飛びぬけて有名だが、その他では、以下のアプリがしのぎを削って二番手を狙っている。

Happn
Hinge
OK Cupid
How About We
Plenty of Fish
Inner Circle
Bumble

 この出会いアプリがあまりにも日常的に普及したため、有名なテレビ番組のネタにも使われている。アメリカの動画ストリーミング会社NETFLIXが制作するオリジナル・ドラマ「Master of None」でも、先日、主役のインド系アメリカ人コメディアン、アジズ・アンサリ(Aziz Ansari)が、ニューヨークでこのアプリを使って、お付き合いする相手を探すエピソード「First Date」(シーズン2第4話)を放映したばかり。アプリを使えば、簡単に多数の人と出会うことはできるものの、本当に心が通い合うような相手には、なかなか出会えないという、実際に起こりそうなエピソードの内容が好評を博した。

 テレビドラマが物語るように、相手の写真と、ちょっとしたプロフィールを見るだけで分かることは少ない。特に多民族国家であるアメリカでは、気に入った相手の文化的背景とそれに伴う価値観もかかわってくる。あるいはユーモアのセンスなども、短いプロフィールだけでは伝えることは不可能だろう。つまりアプリを使っても、その恋愛がうまくいく保証はないわけだ。

 出会いはアプリ。でも、アプリは出会った後のことは助けてくれない。だから出会った後のコミュニケーション・スキルは、自分で磨くしかない。この一見当たり前な常識こそが、ネットでの出会いにおける2017年の常識だ。そして、出会いの「きっかけ」をアプリが運んでくることが増えている現状は、私生活の電子化がどんどん進んでいる証だとも言えるだろう。

恋愛に関する記事 >

この記事の寄稿者

カリフォルニア大学バークレー校、大阪外国語大学大学院を卒業。2009年任天堂DSゲーム「ガールズ・モード」の編訳チームに参加、アプリ「DoggyDoc」の英語版ローカライゼーションを担当。2014年、現代日本詩集『トカゲのテレパシー、キツネのテレパシー』をChin Music Press社から出版。2016年には『京都・有次の包丁案内』(小学館) の翻訳チームにも加わった。現在アメリカ大手保険会社のリクルーターとして、目標達成術とモチベーション術を指導している。芸術、自己啓発系の文学を愛読し、日本文化にも造詣が深い。米国ワシントン州シアトル市に在住。

関連する投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙:保守派がSNSによる“選挙介入”を恐れる理由

米中間選挙:保守派がSNSによる“選挙介入”を恐れる理由

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、保守派たちはグーグルなどのリベラル派IT企業やソーシャル・メディアによる“選挙介入”を恐れている、という現地からの声をレポートする。


「アロハ」商標獲得で炎上! シカゴのポケ店、ボイコット運動に発展

「アロハ」商標獲得で炎上! シカゴのポケ店、ボイコット運動に発展

「アロハ」(Aloha)は、ハワイの挨拶語。ハワイ語で愛、平和、同情心という意味を持ち、ハワイアン文化を象徴する言葉だ。しかし、「アロハ」をハワイ名物料理の「ポケ」(Poke)と抱き合わせてシカゴの企業が商標化したため、ハワイアンたちが立腹。ソーシャルメディアで人種文化問題だとして炎上し、同店のボイコット運動へ……


アメリカで支持される出会い系アプリ 〜新しい恋愛の形〜

アメリカで支持される出会い系アプリ 〜新しい恋愛の形〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは、周囲の大学生やシングルスたちから支持されている数々の出会い系アプリだ






最新の投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング